ジャケットの「一番下のボタン」を留めてはいけない理由

フォーマルスタイルの代名詞ともいえるアイテム、ジャケットベスト。現在はカジュアルコーデや様々な着こなしが楽しまれていますが、長い歴史をもつアイテムだけに、その着方には多くのマナーが存在します。

そのひとつが「一番下のボタンは外して着る」というもの。

でも、なぜ留めるために付けられているボタンを、わざわざ外して着なければならないのでしょうか?

一説によると、一番下のボタンを外すのがマナーになったのは、1901年から1910年頃のフォーマルスタイル発祥の地・イギリスといわれています。

当時、イギリスは国王・エドワード7世の治世下にありました。エドワード7世は生涯で100人以上の女性と関係をもったといわれる名うてプレイボーイにして、皇太子時代からイギリス国内のみならず世界のセレブ界に影響力をもつファッションリーダーとして知られていました。

ちなみに、黒いジャケットとストライプのパンツ(コールズボン)のセット=ディレクターズスーツが格式高い礼服として広まったのもエドワード7世が着用したのがきっかけなのだとか。

そんなエドワード7世ですが、不摂生と放蕩がたたって太り気味

スーツを着るとお腹が苦しいため、いつの頃からかジャケットの一番下のボタンを外して着るようになったそうです。

絶対的な権力をもち、ファッションへのこだわりも人一倍強かったエドワード7世に対して、それを注意できる人などいるはずもありません。それどころか、国王に恥をかかせまいと、周囲の人たちも国王にならってジャケットの一番下のボタンを外して着るようになるのですが……意外や意外、スーツのシルエットが美しく現れ、さばき(裾の動き)にもエレガントさが漂ったのでした。

その結果、「国王に敬意を払いつつ、見た目もよくなる着こなし」として、スーツやベストの一番下のボタンを外して着るのがマナーになったのだとか。

ちなみに、イギリス王室の周辺には「晩餐会の席で間違って手洗い用の水を飲んでしまった来賓に恥をかかせまいと、ヴィクトリア女王自らもフィンガーボールの水を飲んでみせた」など、紳士・淑女の国ならではの“相手への配慮や心遣い”を感じさせる逸話がたくさんあるので、興味のある人は調べてみるとおもしろいかもしれません。

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO
ビジネスウエアの代表格「スーツ」の「ラペル(襟)の穴」に隠されたロマンチックなストーリーとは?
TIME誌の「ベストイノベーション賞」などの受賞歴をもつ「Vollebak」から新たなジャケット「Black Squid Jacket(黒イカジャケット)...
ミリタリーアイテムに採用されている「パラシュートボタン」が誕生した理由とは?
ファッション好きなら知っておきたい「ニューポートジャケット」の呼び名にまつわるおもしろエピソード!
世界最小のルービックキューブ「極小ルービックキューブ-0.99cm超精密金属製-」がお目見え!
「Timone(ティモーネ)」のパッカブルジャケット。カテゴリーはあくまでカジュアルですが、高めに設定されたゴージライン、本切羽、焼き水牛ボタン、センター...
応援購入サービス「Makuake」に、ホタルの光のように発光するジャケット「発光ホタルジャケット」が登場。どんな光源でも蓄光し、光のないところで発光。ペン...
話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 
アメリカでは、クラウドファンディングでアパレル史上最高額となる23億円の支援を集めたという〈BAUBAX(バウバックス)〉のトラベルジャケットが、満を持し...
アウトドアブランド「Vollebak」が抗菌作用を持つ“銅”を65%使用したフルメタルジャケットを製作。特殊な素材を用いて高機能なアイテムを開発してきた次...
アプリと連携して、自宅で心地よいスパ体験ができる入浴剤「薬用入浴剤 デイリーミネラル」が「Makuake」で販売中。五感で感じる最高のととのい体験をぜひ。
アウトドアブランド「DOD」から、11月下旬、防寒着&焚き火ジャケットとして“着る”ことができ、寝具(シュラフ)にもなるスグレモノ「ジャケシュラ2」が発売。
いまクラウドファンディングサイトで資金を集めている「Tent Jacket」は、約37,000円と少し割高だけど、多くの人を救うポテンシャルを持っている。
「ダンゴムシ」より着想を得て作られたこのジャケット「Deep Sleep Cocoon」は、外部からの刺激をすべて遮断することで、快適な眠りを提供する。
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
1889年にアメリカ・カンザス州にて誕生した「Lee」から、ブランド設立130年を記念したコレクションが登場。
近年再びブームになりつつあるナイキの人気スニーカー「ダンク」が、あの国民的漫画と驚きのコラボレーションを発表。今年で連載が始まってから50周年を迎えるとい...
9月25日にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて、資金調達に成功した「NOTA Mole Tracker」は、あなたのホクロが悪性か...
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?
わたしは日本へ行くことを決めたらまず、下の毛をボーボーに生やさなくてはいけない。
意外と知られていない、「シャツのボタン」のアレコレ。シルエットや縫製だけではない、新たなシャツ選びの基準。
スーパーマテリアル「グラフェン」を使ったオールシーズン着られる万能ジャケット「Graphene-X」が好評。応援購入サービス「Makuake」では、スター...
「動きにくいし繊細だし、スーツは嫌い」という人にオススメしたい“スーツに見える作業着”、その名も「ワークウェアスーツ」をご紹介。3月17日まで「伊勢丹 立...
スウェーデンのアウトドアブランド〈Haglöfs(ホグロフス)〉。高機能は言うに及ばず、北欧発らしいスマートなウェアが魅力です。そんな〈Haglöfs〉の...