「発光するイカ」みたいなジャケット

アウトドア業界に革新をもたらそうと目論むスタートアップ「Vollebak」。宇宙服に用いられる素材を使用した耐久性が高いパーカや太陽光やスマホのライトなどの光を充電して光るジャケットなど、科学やテクノロジーを駆使したアイテムで知られています。

昨年、TIME誌の「ベストイノベーション賞」や一昨年にはWIREDのUK版「ギア・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど、立ち上げからまだ3年ですが注目度はかなり高い。

で、そんな彼らが新たなアイテムを発表。その名も「Black Squid Jacket(黒イカジャケット)」。

「Vollebak」ジャケット

肉眼では捉えられないほど小さなガラス球が2億個も取り付けられ、さらに樹脂も塗られたことで強調される光沢感。普段は黒色のジャケットですが、光を当てられると発光バクテリアに覆われたイカのように“光る”のです。それでBlack Squid Jacketの名がつけられたというわけ。

防水性や防風性もあり、視認性も高いことからスキーやスノボにゲレンデで活躍!ということですが……日本だとシーズンはまだ先。夏休みは南半球に滑りにいくというガチな人はチェックしてみるといいかも。

Top image: © Vollebak 2019
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
応援購入サービス「Makuake」に、ホタルの光のように発光するジャケット「発光ホタルジャケット」が登場。どんな光源でも蓄光し、光のないところで発光。ペン...
スーパーマテリアル「グラフェン」を使ったオールシーズン着られる万能ジャケット「GRAnaRECジャケット」。
発熱ジャケット「Warm Geek 4.0」が、クラウドファンディングサービス「GREEN FUNDING」で展開中。
知ってるようで知らないフォーマルウエアのマナー。「ジャケットの一番下のボタンを外す理由」って?
食品ベンチャー企業「ウェルナス」が、世界で初めて「ナス」の睡眠改善効果を臨床試験で確認した。これは関与成分である「ナス由来コリンエステル」が、自律神経調に...
いまクラウドファンディングサイトで資金を集めている「Tent Jacket」は、約37,000円と少し割高だけど、多くの人を救うポテンシャルを持っている。
話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 
ヨーロッパ発のサステイナブルブランド「ECOALF(エコアルフ)」より、コーヒーかすを使用したマルチジャケットが登場。廃棄予定のものを再利用し、天然資源の...
ファッション好きなら知っておきたい「ニューポートジャケット」の呼び名にまつわるおもしろエピソード!
海外で話題の次世代ウィンタースポーツ「スノーフィート」がついに日本上陸!
タッチパッドとトラックパッドが一体化された次世代のキーボード「Prestigio Click&Touch」が応援購入サービス「Makuake」で1/30(...
アウトドアブランド「DOD」から、11月下旬、防寒着&焚き火ジャケットとして“着る”ことができ、寝具(シュラフ)にもなるスグレモノ「ジャケシュラ2」が発売。
アウトドアブランド「Vollebak」が抗菌作用を持つ“銅”を65%使用したフルメタルジャケットを製作。特殊な素材を用いて高機能なアイテムを開発してきた次...
アメリカでは、クラウドファンディングでアパレル史上最高額となる23億円の支援を集めたという〈BAUBAX(バウバックス)〉のトラベルジャケットが、満を持し...
たった500gでダウンの暖かさを実現した、今年の冬にぴったりのジャケット「エアーライトジャケット」が、今月から応援購入サービス「Makuake」にてリリース。
アウトドアブランド「パタゴニア」は、3月6日(金)より、上越・東北エリアの6スキー場を訪問し、スキーウェアやアイテムを無料で修理する「Worn Wear ...
「ナイキ」が、ランナーが怪我をせず速くなることをサポートするランニングシューズの新作を今月、来月と続けてリリース。
産直の新鮮野菜をお得に、しかも非接触で買えると人気の「ドライブスルー八百屋」が再開!
「ダンゴムシ」より着想を得て作られたこのジャケット「Deep Sleep Cocoon」は、外部からの刺激をすべて遮断することで、快適な眠りを提供する。
「ディオール」からメゾン初となるプレタポルテ、スキーやスノーボード、アクセサリーが揃う「スキー カプセルコレクション」が発売。
ビジネスウエアの代表格「スーツ」の「ラペル(襟)の穴」に隠されたロマンチックなストーリーとは?
「Timone(ティモーネ)」のパッカブルジャケット。カテゴリーはあくまでカジュアルですが、高めに設定されたゴージライン、本切羽、焼き水牛ボタン、センター...
1889年にアメリカ・カンザス州にて誕生した「Lee」から、ブランド設立130年を記念したコレクションが登場。
2020年〜2021年シーズンより「フッ素スキーワックス」を使用禁止すること発表した「国際スキー連盟」。それがW杯開幕直前だっただけに、現場は大混乱。