このダウンジャケットは「シティユースの最高峰」

そろそろ押さえておきたい、冬を楽しむためのアウター。決して安くはない買い物のため、どうせなら長く愛用できるものを選びたいところ。

そこでぜひ参考にしてほしいのが、この「2020AW ダウンジャケット」特集。数あるアイテムの中から「これだ!」と思う一着を厳選してお届けしていく。

まずは「MINOTAUR INST.(ミノトール インスト)」の「2L ANTARCTIC DOWN」。

都会的なルックスに宿る
「トップクラスの保温性」

©2020 NEW STANDARD

シンプルでいてアーバンなデザイン」と「テクニカルな素材による機能性」を高次元で両立。そんな説明がふさわしい日本発ブランドから定番ともいえる本格ダウンジャケットが今年も登場した。

南極観測隊のアウターを手掛ける老舗国産メーカー「ZANTER」と共同制作した一着は、通常のダックダウンよりも白度が高く、保温性、吸湿発散性、弾力性に優れたイギリス産チェリバリーホワイトダックダウンを使用。その暖かさはトップクラスといって差し支えない。

©2020 NEW STANDARD

内側の生地はシースルーで、さりげなくホワイトダウンが見える仕様。

表地に採用したのは「小松マテーレ」の撥水性、透湿性のある2レイヤー素材。通常のダウンジャケットにはない独特な表情の生地に、切り替えを少なくしステッチを見せないデザインで仕上げている。

©2020 NEW STANDARD

そう、これこそが「MINOTAUR INST.」の真骨頂。アウトドアブランドとは一線を画すミニマルで都会的なルックスでありながら、軽量で機能的、そして申し分のない暖かさまで有する。タウンユースの最高峰と評価される所以だ。

©2020 NEW STANDARD

袖には着脱可能なアームカバーを装備。シーンに応じて使い分けられるほか、コーディネートの変化を楽しめるメリットもアリ。

写真のネイビーとブラックの2色展開。いずれのカラーもベーシックで、あらゆるコーディネートにすんなりと溶け込んでくれるだろう。

価格は13万2000円(税込)で、購入は「RAYARD MIYASHITA PARK」の直営店および公式オンラインストアにて。

Top image: © 2020 NEW STANDARD