絶対に、買って後悔しない「ダウンコート」

そろそろ押さえておきたい、冬を楽しむためのアウター。決して安くはない買い物のため、どうせなら長く愛用できるものを選びたいところ。

そこでぜひ参考にしてほしいのが、この「2020AW ダウンジャケット」特集。数あるアイテムの中から「これだ!」と思う一着を厳選してお届けしていく。

今回は「Goldwin(ゴールドウイン)」の「GORE-TEX Hooded Down Coat」。

冬を乗り切るための
「風にも雨にも雪にも負けないダウン」

©2020 NEW STANDARD

一見すると、よくあるベーシックなダウンコート。しかし、そこにスキーやアウトドアとともに歩んだ経験が導き出した“機能美”が存分に投入されている。これこそがGoldwinの一着を選ぶべき理由。

順番に説明していこう。

©2020 NEW STANDARD

封入された「光電子ダウン」は遠赤外線効果で自然な暖かさが持続する優れもの。ダウンが背中の中心部分に集まる独特の形状になっており、保温の効率化をさらに高めている。

これに組み合わせたのは、防水透湿機能を持つ「GORE-TEX PRODUCTS」の2層構造シェル。新雪に描かれる「シュプール」をイメージしたという曲線の切り替えは、スキーウエアからスタートした同ブランドのアイデンティティを示したものだ。

©2020 NEW STANDARD

ダウンが背中の中心部分に集まる形状は、すっきりとしたシルエットの実現にも寄与する。“いかにも”なダウンではなく、こうしたスマートな印象のものを求める声は決して少なくない。

よく見るとハンドウォーマーポケットやフードの裏にはマグネットボタンを搭載。これらにより、もしジップポケットを閉め忘れたとしても二重でロックされる仕組みに。くしゃくしゃとなりがちなフードが美しいままキープされるのも、地味ながら気が利いた機能といえる。

©2020 NEW STANDARD

止水ファスナーのダブルフラップ仕様のフロント、襟部分のダウン封入で防寒性をダメ押し

一段と寒さが厳しいといわれているこの冬を、「風にも雨にも雪にも負けないダウン」で軽やかに乗り切ろう。

©2020 NEW STANDARD

写真のブラックのほか、ダークネイビー、ベージュ、サイプレスグリーンの4色展開。

流行り廃りのない普遍的なデザインで長年にわたって相棒となり得ることを考えれば、12万1000円(税込)という価格も決して高くはない。購入は公式オンラインストアにて。

Top image: © 2020 NEW STANDARD