絶対に、買って後悔しない「ダウンコート」

そろそろ押さえておきたい、冬を楽しむためのアウター。決して安くはない買い物のため、どうせなら長く愛用できるものを選びたいところ。

そこでぜひ参考にしてほしいのが、この「2020AW ダウンジャケット」特集。数あるアイテムの中から「これだ!」と思う一着を厳選してお届けしていく。

今回は「Goldwin(ゴールドウイン)」の「GORE-TEX Hooded Down Coat」。

冬を乗り切るための
「風にも雨にも雪にも負けないダウン」

©2020 NEW STANDARD

一見すると、よくあるベーシックなダウンコート。しかし、そこにスキーやアウトドアとともに歩んだ経験が導き出した“機能美”が存分に投入されている。これこそがGoldwinの一着を選ぶべき理由。

順番に説明していこう。

©2020 NEW STANDARD

封入された「光電子ダウン」は遠赤外線効果で自然な暖かさが持続する優れもの。ダウンが背中の中心部分に集まる独特の形状になっており、保温の効率化をさらに高めている。

これに組み合わせたのは、防水透湿機能を持つ「GORE-TEX PRODUCTS」の2層構造シェル。新雪に描かれる「シュプール」をイメージしたという曲線の切り替えは、スキーウエアからスタートした同ブランドのアイデンティティを示したものだ。

©2020 NEW STANDARD

ダウンが背中の中心部分に集まる形状は、すっきりとしたシルエットの実現にも寄与する。“いかにも”なダウンではなく、こうしたスマートな印象のものを求める声は決して少なくない。

よく見るとハンドウォーマーポケットやフードの裏にはマグネットボタンを搭載。これらにより、もしジップポケットを閉め忘れたとしても二重でロックされる仕組みに。くしゃくしゃとなりがちなフードが美しいままキープされるのも、地味ながら気が利いた機能といえる。

©2020 NEW STANDARD

止水ファスナーのダブルフラップ仕様のフロント、襟部分のダウン封入で防寒性をダメ押し

一段と寒さが厳しいといわれているこの冬を、「風にも雨にも雪にも負けないダウン」で軽やかに乗り切ろう。

©2020 NEW STANDARD

写真のブラックのほか、ダークネイビー、ベージュ、サイプレスグリーンの4色展開。

流行り廃りのない普遍的なデザインで長年にわたって相棒となり得ることを考えれば、12万1000円(税込)という価格も決して高くはない。購入は公式オンラインストアにて。

Top image: © 2020 NEW STANDARD

関連する記事

話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
高品質として世界的に名高いポーランドのダウンブランド「AURA(オーラ)」。その新作モデル「ATAK Jacket」の紹介です。
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?
「Graphpaper(グラフペーパー)」の「Solotex Taffeta Down Jacket」の紹介です。
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
ポーランドを拠点とするダウンガーメンツブランド「AURA」の「ICE Jacket」の紹介。
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
「MINOTAUR INST.(ミノトール インスト)」の「2L ANTARCTIC DOWN」の紹介です。
老舗インポートセレクトショップ「MAINE」の店長・島倉氏による「ボタンダウンシャツを選ぶ際のポイント」とは?
防護服やマスクをテーマにしたファッションブランド「SOUBI BY TAKASHI TESHIMA」。プロダクトやファッションの分野でデザイナーとして活動...
木の実由来のファッションブランド「KAPOK KNOT」が期間限定のショールームを、東京・日本橋の「GROWND - nihonbashi -」2Fにオー...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
イギリスのメディア『Metro』で登場した「Isolation Envy(アイソレーションエンビー)」とほぼ同じ意味の「Lockdown Jealousy...
数あるアイテムのなかから「これだ!」と思う5着を厳選してお届け。
たった500gでダウンの暖かさを実現した、今年の冬にぴったりのジャケット「エアーライトジャケット」が、今月から応援購入サービス「Makuake」にてリリース。
「SkinProud」が2000人の女性を対象に、ロックダウン下の美意識について調査をおこなった。その驚きの結果とは?

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...
「OFF-WHITE」がドイツの小型家電ブランド「Braun」とコラボレーションしたアラームクロックを発売。