素足をつっこむのが最高に気持ちいい「秋冬のサンダル」。

ちょっと近所に買い物へ。

そんな時、春夏なら迷わずサンダルだけど、秋冬となるとそうもいきません。いちいち靴を履いて……っていうほど面倒ではないものの、寒さのせいもあって少しだけ億劫になることは事実。

秋冬のシューズの新しい選択肢としてサンダルを提案をしているのが、この〈SUBU〉です。昨冬に履いてみたところヤミツキになりました。

ダウンみたいなアッパーで暖かさはしっかり確保。サンダルのそれとは違う、スニーカーライクなソールで歩行性も抜群です。

なんといっても素足で履くのがいいです。内側の起毛した生地がフワフワしてて。寒い時に素足をこのサンダルにつっこむのが最高に気持ちいい。

あと、適度なボリューム感でファッションアイテムとしても重宝します。

オンラインショップで購入可能です。カラーによっては売り切れるのも早そうなので、寒くなる前に!

B39c76e71ea39c39147ccce7b3e8eade1aa9ee4a19b67c465db3dd5944d69b518fb397a68641741822447f10090e85cc314a0d4d9112e544ac6de572Aca5b2aa98004b35037fc25ed221e804b8f34e8938045e0f7ce0352970a2056b0ba853a2837f647bC51299ec89399754fd7150c6766e55fd5dc436775b9cb1b918ca7d52206f8f1eae7836250fb5719a76fc1855dddc1b9a1629b216097eee552139fb4d

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

〈is-ness(イズネス)〉のサンダルは、ハイブランドのスラックスにもマッチするデザイン。さり気なくイタリア製というのもポイントです。
意外と高品質かつ、誰とも被らないサンダルをお届け。
ストラップ付きスポーツサンダルの〈Teva(テバ)〉が20年ぶりに名作「ALP(アルプ)」を復活。足首までホールドしてくれるストラップは、脱げにくく歩きや...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
〈TRIOP(トリオプ)〉の「API」はアッパーに柔らかいシンセティックレザー(人工スウェード)を使用。ストレッチ構造になっているので、最初からストレスな...
オーガニックな佇まいの〈Chubasco(チュバスコ)〉の「AZTEC」。ワラチと呼ばれるメキシコのサンダルに影響を受けたモデルです。スウェードを編み込ん...
アメリカブランド〈OOFOS(ウーファス)〉の「OOriginal」はパッと見はビーサンのようですが、登山やトレランのリカバリーシューズとして開発されたモデル。
歩行性に優れたサンダルのひとつの答えが、〈KEEN(キーン)〉の「クリアウォーターCNX」。全方向にグリップが効くアウトソールや土踏まずの形状に合わせたイ...
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
オールラウンドで使えるサンダルとして大人気の〈BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)〉のEVAシリーズ。POPで、元気いっぱいの発色は開放的な夏にピ...
カナダの〈PEOPLE Footwear(ピープルフットウェア)〉がレギュラーで展開している「AQUA LENNON」。いわゆるマリンシューズですが、PO...
〈Chaco(チャコ)〉の「Z/VOLV(Z ヴォルブ)」は、クッション性、アッパーのフィット感を高いレベルで実現しています。
「UNEEK」の秋冬モデル「UNEEK HT」。見た目としては、“UNEEKがちょっとだけスニーカーよりになった”といったところ。ちゃんとインナーが付いて...
足裏への負担を軽減するために生まれたリカバリーシューズというカテゴリー。そのなかでも〈OOFOS®〉オリジナルの特殊素材OOfoamは、衝撃の反発を37%...
〈mont-bell(モンベル)〉の「ソックオンサンダル」は履きやすさが魅力。〈B:MING by BEAMS(ビーミング by ビームス)〉の別注モデル...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
「おしゃれは足元から」なんて言葉があるように、靴はファッションの大きなポイントを占めるアイテム。薄着の季節はカラフルな色の服を着ることも多く、何を履いたら...
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
気温が上がり、出番が増えてくるサンダル。ペディキュアの色にもこだわっておしゃれにファッションを楽しみたいものですが、足って頻繁に色を変えたりしませんよね。...
コンセプトは「Walk on air」。病みつきになる履き心地と話題のサンダル「Airmatrixx」の日本上陸が、どうやら目の前に迫っている模様。コレ、...
とにかく未体験の人は一度履いてみることをオススメする。クッション性がどうとか、どのシューズでも語られることだけど、コイツはちょっとモノが違う。
〈ISLAND SLIPPER〉×〈BRIEFING(ブリーフィング)〉とのコラボモデルのスリッパは、履き心地抜群。機内で、リゾートで、リッチな気分を味わ...