不快感ゼロ。履けば履くほど気持ちいい「草鞋(わらじ)サンダル」

「不快感ゼロ。履けば履くほど気持ちいい。」

そんなキャッチコピーと共に“ただのサンダルではないサンダル”が、9月11日(金)に発売された。

「buntaro Waraji Sandals」は、草鞋(わらじ)に着想を得て作られた一足だ。

かつて日本人は鼻緒で支え、足指をしっかり動かし、地面を足裏全体でとらえて歩いていた。しかし、西洋の靴文化の伝来と共に、日本人本来の歩き方は失われてしまった——。

5本の足指をしっかりと使う歩き方こそが、身体を正しく整える。そんな考え方のもとに生まれた「buntaro Waraji Sandals」は、歩けば歩くほど得られる、足と一体になったようなホールド感が特徴。履いた瞬間には、足裏を包み込む心地よさを感じられるという。

日本で開発されたラバー素材「marshmallow」は、正しく、気持ちよく歩くために生まれた世界初の新素材。足が地面に着地したときには衝撃を吸収する低反発、地面から足を蹴り出すときには足裏を押し出してくれる高反発という、通常ではありえない相反するふたつの特性を持つラバーだ。

全10色9サイズ展開。価格は1万4800円(税込)で、購入はこちらから。

「低反発×高反発」だけが可能とするサポートで、あなたの歩き方が変わるかもしれない。

© 株式会社NO U TURN
© 株式会社NO U TURN
© 株式会社NO U TURN
Top image: © 株式会社NO U TURN
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

日本の伝統文化と融合したサンダル「神奈備ごこち」は、老舗看護師サンダルメーカーが「疲れにくく履きやすい」をテーマに独自の製法で作り上げた逸品。長時間にわた...
秋冬のシューズの新しい選択肢としてサンダルを提案をしているのが、〈SUBU〉です。昨冬に履いてみたところヤミツキになりました。ダウンみたいなアッパーで暖か...
「SHITOI」は、畳表をインソールに用いたサンダル。こだわりはその素材で、シェア率の高い「い草」ではなく高級素材の「七島イ(しちとうい)」を使用。履き心...
意外と高品質かつ、誰とも被らないサンダルをお届け。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
「職場ではビジネスシューズからリラックスシューズに履き替えて、足の疲れを癒しつつ、仕事のパフォーマンスをアップさせたい!」という方に、足元のリカバリー(回...
〈TRIOP(トリオプ)〉の「API」はアッパーに柔らかいシンセティックレザー(人工スウェード)を使用。ストレッチ構造になっているので、最初からストレスな...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
テレワークスペースのシェアサービス「テレスペ」が先月26日に開業した「デニーズ幡ヶ谷店」の店内でのワークスペース提供の実証実験を開始した。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
自分の睡眠の質を上げるだけでなく、一緒に眠る人たちも幸せにできる“いびきエチケット”アイテムが、応援購入サービス「Makuake」にて予約販売中だ。