【特集01:サンダル】街で履きたい「マリンシューズ」。

いろんな人がモバイル(携帯)しているモノを紹介するプロジェクト『ビー』によるサンダル特集です。10日間連続で1足ずつサンダルをピックアップしていきます。

10日目。

カナダの〈PEOPLE Footwear(ピープルフットウェア)〉はカジュアルシューズが得意なブランドですが、レギュラーで展開している「AQUA LENNON」は、サンダルとして使ってもおもしろいと思います。

厳密には、いわゆるマリンシューズ。

それだけに、海や川といった水場での外遊びには、スポーツサンダルよりもこちらに分がありそうです。

アウトドア専門メーカーとの違いを感じさせるPOPなデザインは街履きでも活躍するはず。見た目のアクセントにもなっているベルトは、面ファスナー仕様でフィット感にも一役買っています。

チョイスしたブラック&イエローなら、モードなスタイルにもハマります。

987d607b70bea99932f29daec99ff726317b9d83E828cff9958cd320fa333684984ed5a1468e1de02d835c1a289634ae36e3ed4b6b1f609c245a31813f93f2c473ce4b9926a7093f58162154874392761b2cd7f1abbb9c0091aba3c648b39ae472de2ba7

People Footwear

THE AQUA LENNON ¥8,800+Tax

キャンバス
03-5639-9669
canvascoltd.jp/

Styling by平健一

リアルに使えるもの、使っているもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

歩行性に優れたサンダルのひとつの答えが、〈KEEN(キーン)〉の「クリアウォーターCNX」。全方向にグリップが効くアウトソールや土踏まずの形状に合わせたイ...
〈TRIOP(トリオプ)〉の「API」はアッパーに柔らかいシンセティックレザー(人工スウェード)を使用。ストレッチ構造になっているので、最初からストレスな...
〈is-ness(イズネス)〉のサンダルは、ハイブランドのスラックスにもマッチするデザイン。さり気なくイタリア製というのもポイントです。
ストラップ付きスポーツサンダルの〈Teva(テバ)〉が20年ぶりに名作「ALP(アルプ)」を復活。足首までホールドしてくれるストラップは、脱げにくく歩きや...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
秋冬のシューズの新しい選択肢としてサンダルを提案をしているのが、〈SUBU〉です。昨冬に履いてみたところヤミツキになりました。ダウンみたいなアッパーで暖か...
アメリカブランド〈OOFOS(ウーファス)〉の「OOriginal」はパッと見はビーサンのようですが、登山やトレランのリカバリーシューズとして開発されたモデル。
〈Chaco(チャコ)〉の「Z/VOLV(Z ヴォルブ)」は、クッション性、アッパーのフィット感を高いレベルで実現しています。
オーガニックな佇まいの〈Chubasco(チュバスコ)〉の「AZTEC」。ワラチと呼ばれるメキシコのサンダルに影響を受けたモデルです。スウェードを編み込ん...
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
オールラウンドで使えるサンダルとして大人気の〈BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)〉のEVAシリーズ。POPで、元気いっぱいの発色は開放的な夏にピ...
〈mont-bell(モンベル)〉の「ソックオンサンダル」は履きやすさが魅力。〈B:MING by BEAMS(ビーミング by ビームス)〉の別注モデル...
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
〈無印良品〉の「パラグライダークロスたためるシューズケース」はセパレートタイプになっていて、小さいデイバックの中でも整理しやすいです。
欧州一高いビルになる予定。フロアの多くはオフィスとなるようですが、34基のエレベーターが導入して、待ち時間を大幅に削減するそう。
意外と高品質かつ、誰とも被らないサンダルをお届け。
イギリスのシューケアブランド〈Crep Protect(クレッププロテクト)〉の「シューズリフレシャー」は、カプセルを回してシューズに入れておくだけで、乾...
足裏への負担を軽減するために生まれたリカバリーシューズというカテゴリー。そのなかでも〈OOFOS®〉オリジナルの特殊素材OOfoamは、衝撃の反発を37%...
シカゴ発〈FITKICKS(フィットキックス)〉のシューズは、スリッパ型。手軽さと動きやすさを両立させているのが特徴で、ヨガやエクササイズシーンで愛用して...
登山靴でもなければクライミングシューズでもない、今話題の「アプローチシューズ」をご紹介。高い機能性とファッション性が、2018年、フェスや街、アウトドアで...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
とにかく未体験の人は一度履いてみることをオススメする。クッション性がどうとか、どのシューズでも語られることだけど、コイツはちょっとモノが違う。
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...