代々木上原「GMT」の広報担当が、旅に持っていくスリッパ。

僕がまだ学生時代だった頃、スリッパやサンダルはビーチやリゾートで履くのが普通で、お洒落で履くってあんまりなかったんです。

そこに登場したのが〈ISLAND SLIPPER(アイランドスリッパ)〉。第一印象は、とにかく高価だなあ、でした(笑)。

だけど、ハワイ発のハンドメイドブランドであることや贅沢なレザー使いなんかが気になって結局購入したのが、僕と〈ISLAND SLIPPER〉の出会いですね。今から13年ぐらい前。

今、僕はその〈ISLAND SLIPPER〉の日本での広報を担当していますが、昔からのファンとして思い入れもひとしおです。

そんな自分が選ぶのが、今春発売されたばかりの〈ISLAND SLIPPER〉×〈BRIEFING(ブリーフィング)〉とのコラボモデルです。

〈BRIEFING〉のアイコンでもあるバリスティックナイロンに赤いステッチの素材使いのスリッパとセットで、専用のポーチが付いています。

このポーチがスグレモノです。

コンパートメントはふたつ。

ひとつはスリッパを入れるためのもの。

もうひとつは、ポケットが付いていて、歯ブラシや化粧品などが入れられるようになっています。つまり、機内持ち込みを想定した作りになっているんですね。リゾート旅行にぴったりです。

ちなみに、このポーチもアメリカ製です。ハワイで作られているスリッパと合わせて、セットでUSメイドというわけです。

履き心地も抜群。高級感あるブラックのスリッパは、機内で、リゾートで、リッチな気分を味わうのにぴったりです。

三浦由貴/「GMT Inc.」プレス
ISLAND SLIPPERを展開しているGMTの広報担当。同ブランドはコラボも合わせて、膨大なモデルがあり、自分用をどれにするか、迷ってしまうほど。この夏は、ここで紹介したモデルを旅用に、アロハ柄のモデルを日常用にする予定。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

このスリッパ、一見なんでもないように見えますが、かなりのスグレモノです。まず、履き口が広い。ぺったんこのスリッパで履く時にモタモタしたことが誰でもあると思...
いま欲しいルームシューズ。第一回は「urself」です。
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
いま欲しいルームシューズ。第二回は「loomer」です。
東京・豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」に本物の氷を使用した屋外アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク...
おうち時間の増加にあわせて、いま欲しいルームシューズ(スリッパ)を6種類選びました。
いま欲しいルームシューズ。第五回は「TO&FRO」です。
〈is-ness(イズネス)〉のサンダルは、ハイブランドのスラックスにもマッチするデザイン。さり気なくイタリア製というのもポイントです。
〈TRIOP(トリオプ)〉の「API」はアッパーに柔らかいシンセティックレザー(人工スウェード)を使用。ストレッチ構造になっているので、最初からストレスな...
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
実はすぐそこまで来ている、宇宙旅行に行ける未来。現状、いつから行けるのか、いくらで行けるかについて解説していきます。
ストラップ付きスポーツサンダルの〈Teva(テバ)〉が20年ぶりに名作「ALP(アルプ)」を復活。足首までホールドしてくれるストラップは、脱げにくく歩きや...
〈MXP(エムエックスピー)〉と〈BRIEFING(ブリーフィング)〉のコラボ「DAY ONE POUCH SET」。マキシフレッシュプラスと異形断面糸ポ...
シカゴ発〈FITKICKS(フィットキックス)〉のシューズは、スリッパ型。手軽さと動きやすさを両立させているのが特徴で、ヨガやエクササイズシーンで愛用して...
オーガニックな佇まいの〈Chubasco(チュバスコ)〉の「AZTEC」。ワラチと呼ばれるメキシコのサンダルに影響を受けたモデルです。スウェードを編み込ん...
「SEE SEE」のスリッパです。色で遊べ!#4
ハンバーガーチェーン「バーガーキング」と不動産賃貸仲介サービス「エイブル」が、まさかの異色コラボを実現!
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
歩行性に優れたサンダルのひとつの答えが、〈KEEN(キーン)〉の「クリアウォーターCNX」。全方向にグリップが効くアウトソールや土踏まずの形状に合わせたイ...
いま欲しいルームシューズ。第三回は「TEMPUR」です。
オールラウンドで使えるサンダルとして大人気の〈BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)〉のEVAシリーズ。POPで、元気いっぱいの発色は開放的な夏にピ...
カナダの〈PEOPLE Footwear(ピープルフットウェア)〉がレギュラーで展開している「AQUA LENNON」。いわゆるマリンシューズですが、PO...
アメリカブランド〈OOFOS(ウーファス)〉の「OOriginal」はパッと見はビーサンのようですが、登山やトレランのリカバリーシューズとして開発されたモデル。
〈Chaco(チャコ)〉の「Z/VOLV(Z ヴォルブ)」は、クッション性、アッパーのフィット感を高いレベルで実現しています。