サンフランシスコ・ジャイアンツではない!――色で遊べ!#4

全身モノトーンのコーディネートは、それなりにサマにはなるけど、物足りなさも感じる。本当は色を取り入れたりしてみたいのに、結局いつも無難なチョイスをしてしまう自分。

たしかに派手なカラーのトップスやボトムスには、なかなか手が出しづらい。でも、小物ならそこまでハードルは高くないはず。せっかくなら、とびきり明るいアイテムで遊びたい!

たとえば、こんなスリッパで。

©2019 TABI LABO

スニーカーだと、ブルーはなかなか選びづらい。でも、自宅や職場で履くスリッパであればハナシは別。ここで攻めなきゃいつ攻める!?

そんな自分の背中を押してくれたのが「SEE SEE(シー シー)」。この佇まいで、伝統工芸「静岡挽物」を継承するブランドというのだから、そのギャップがおもしろい。

形状自体はドがつくほどノーマル。病院でよく見かける昔ながらのアレです。でも、発色の良さとロゴのおかげで、驚くほどモダンな印象に!

足元にビビッドな色を取り入れる。ただそれだけで、気分まで明るくなるから不思議です。

3240円(税込)。SO NAKAMEGURO SHOP&HOSTELで取り扱ってます。

ところでこのロゴ、サンフランシスコ・ジャイアンツみたいでカッコいい!

©2019 TABI LABO
Top image: © 2019 TABI LABO
andmore
他の記事を見る
ワイヤレススピーカーを比較する際に検討しやすい価格帯になった印象がありました。ただ、ほかのスピーカーとはやっぱり比べられませんでした。
この石をお湯で温めて、肩コリにぐぅっと押し当てると、じんわりと体の奥まで染み入るような熱伝導を感……
これ、転がすタイプのお灸なんです。
集中力ゼロ。もうダメだ。そんな緊急事態にはアロマパワーです。嗅覚から得るエネルギーは絶大なのです。
「THE CONVENI」の傘です。色で遊べ!#7
サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地AT&Tパークで食べるべきグルメです。
「Lagimusim」のバッグです。色で遊べ!#11
「亀の子束子×BEAMS JAPAN」のノートです。色で遊べ!#13
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
「COMESANDGOES」のキャップです。色で遊べ!#6
物価の高いサンフランシスコで、駆け出しのフリーランサーには垂涎のコワーキングスペースが誕生しました。その名も「WePark」。
「DIGAWEL」のORIGINAL FIT BELTです。色で遊べ!#2
「UNIVERSAL PRODUCTS」のビーニーです。色で遊べ!#5
「Lagimusim」の巾着です。色で遊べ!#12
あの有名ブランドのバックパックです。色で遊べ!#14
「O -」のJOY CASEです。色で遊べ!#1
このスリッパ、一見なんでもないように見えますが、かなりのスグレモノです。まず、履き口が広い。ぺったんこのスリッパで履く時にモタモタしたことが誰でもあると思...
「ROSTER SOX」の靴下です。色で遊べ!#8
「POSTALCO」のKETTLE ZIPPER WALLET SMALLです。色で遊べ!#3
「zattu」のウエストポーチ です。色で遊べ!#10
「坪田パール」のハードエッジです。色で遊べ!#9
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
Tacroは、サンフランシスコのベイエリア「Ferry Building Marketplace」にあるカフェ「Vive la Tarte」で販売。これ、...
ロンドンのデザインスタジオで製作された、とってもオシャレなスリッパを見つけました。洗練されたデザインも然ることながら、本当に、このまま外履きとしてお出かけ...