【ロンドン発】外出もOK!着せ替えできる「新感覚スリッパ」に注文殺到

ロンドンのデザインスタジオで製作された、とってもオシャレなスリッパを見つけました。洗練されたデザインも然ることながら、本当に、このまま外履きとしてお出かけしてもOKなんだそう。内外兼用のポイントは着脱可能なソールにありました。

ワンタッチでソールを装着
屋外も◎な2WAYスリッパ

F19f4c10ccb18c6b67b5797a1cba6ab7f3c54f77

屋内での使用に制限されているはずのスリッパ。イマドキに表現を変えれば、ルームシューズを言葉の意味だけでなく、内外兼用に再定義し直したのが、この「Mahabis」です。要するに、スリッパの底面に取り外し可能なラバーソールを装着することで、スリッパをそのまま外履きにしてしまおう、というアイデア。

Be5421a36cd8454ac11224c1114d53eaabbae0cc

洗濯物を干しに庭先やバルコニーにスリッパのまま出たり、近くのコンビニに買い物へ出かけたり。あくまで「ちょっとそこまで」の感覚でしょうけど、脱いで履き替える手間を考えたら、ソールを引っ掛けてパチン。悪くないかも。

8c3b1854457d98d1b988f17558b5021e639f23ca

さらに、屋内のスリッパらしからぬ、十分過ぎるスペックが備わったMahabis。たとえばインソールのクッション性。さらには、踏んでも、立ち上げても履くことができるかかとの“すべり”。こうしたイン・アウト両用のデザインは、伝統的な3カ国のスリッパにインスピレーションを得たんだそう。
ふんわりボア入りの北欧のルームシューズ、かかとを折って履くモロッコのバブーシュ、外履きとしての要素が強いインドのチャッパル。それぞれの機能を抽出し、そこからさらにデザインに落とし込んでいきました。シンプル、機能、美しさを追求したMahabisは、ロンドンのデザインスタジオで製作されています。

選べる全8色のソールで
組み合わせ自在♪

7b3934bdadcea5fc754b74b5a2eb55dcac13c641

ラバーソールに、インナースリッパのつま先を引っ掛けるだけ。かかとには着脱防止のスナップボタンが1か所付いているだけ。これをラバーソールのかかと部分に開いた穴に通して、パチっと閉めるだけ。ソールが落下しないか、ちょっと不安になりますが、動画を観るかぎり全くその心配はなさそう。

215c0e7d1e86dc47473a9080b6d12562c0935c023cb3268ae40204ea69ea2825b3377cc9dcb92422

スリッパ本体は暖かいフェルト地(2色)のほか、通気性のいいメッシュ素材(4色)も。季節に合わせて選ぶことができます。ラバーソールは全8色展開で、組み合わせも自由自在!

ロンドン発、史上最高に
スタイリッシュなスリッパ

Eba95cd8a5b43d90b5b47fcb96d954fcdc6fa6168c2ca5c256f4b23168a7b936dcf89bc5ff502b2576c6297fb3e31e756bcb7065c846b1f343629014

ロンドンの町並みに同化した、スタイリッシュなMahabis。言われなければ、これがスリッパだなんて誰も思いませんね。公式サイトを通じて日本からも購入可能。でも、きっとそのうち、おしゃれなセレクトショップに並んでいそう。

Licensed material used with permission by Mahabis
このスリッパ、一見なんでもないように見えますが、かなりのスグレモノです。まず、履き口が広い。ぺったんこのスリッパで履く時にモタモタしたことが誰でもあると思...
スペイン・バレンシア南部の街エルチェは、実に1,000以上の靴工場が軒を連ねる、履物産業がさかんな地域。この街で家族経営を営む「CP Slippers」は...
〈ISLAND SLIPPER〉×〈BRIEFING(ブリーフィング)〉とのコラボモデルのスリッパは、履き心地抜群。機内で、リゾートで、リッチな気分を味わ...
米造形作家による作品です。
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
小学生の男の子が、弟のために新聞紙で作ったドラクエの装備品。これがキッカケとなり、研究に研究を重ねた彼は、災害時でも役立つこと間違いなしの「簡易スリッパ」...
まったくと言っていいほど、揚げものの印象がない大根。でも、そんなイメージを覆す「フライド大根」の美味しさに、多くの人が魅了されている模様。外はサクサク、中...
シカゴ発〈FITKICKS(フィットキックス)〉のシューズは、スリッパ型。手軽さと動きやすさを両立させているのが特徴で、ヨガやエクササイズシーンで愛用して...
冷蔵庫を開けたら、新じゃがしかない……。そんなときにオススメしたい、新じゃがだけでおいしくお腹を満たせる料理。「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、簡単でお...
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
デザートカフェ「MILK TRAIN」の昨年の夏から販売しているスイーツが、ロンドンで爆発的な人気を呼んでいる。綿あめ×ソフトクリームという、「天国」を連...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
「Le dd dream(レディーディードリーム)」という変わった名前のスリッパです。イタリアのスポーツメーカー〈lotto(ロット)〉がオリジナルで開発...
ごぼう=初冬、のイメージが強いかと思いますが、夏に旬を迎えるのが新ごぼう。そんな旬の新ごぼうをあえて「洋風のマリネ」にしてみました。こうすることで、ビック...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
モロッコの革製の履物「バブーシュ」について。さまざまな情報が断片的に載っているけれど、どこよりもまとまってる自信、アリマス!バブーシュとは、カカトが折れて...
野菜が美味しい季節になってきました。この時期「新○○」と呼ばれるような野菜をよく見かけると思います。なんとなく美味しいイメージがありますが、「新○○」と普...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
ノルウェー発の「Sled Dogs」は、スキーブーツのソール部分に、スキー板がつけられた製品です。カンタンに説明をすると、アイススケートのように滑れるのだとか。
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?