【ロンドン発】外出もOK!着せ替えできる「新感覚スリッパ」に注文殺到

ロンドンのデザインスタジオで製作された、とってもオシャレなスリッパを見つけました。洗練されたデザインも然ることながら、本当に、このまま外履きとしてお出かけしてもOKなんだそう。内外兼用のポイントは着脱可能なソールにありました。

ワンタッチでソールを装着
屋外も◎な2WAYスリッパ

屋内での使用に制限されているはずのスリッパ。イマドキに表現を変えれば、ルームシューズを言葉の意味だけでなく、内外兼用に再定義し直したのが、この「Mahabis」です。要するに、スリッパの底面に取り外し可能なラバーソールを装着することで、スリッパをそのまま外履きにしてしまおう、というアイデア。

洗濯物を干しに庭先やバルコニーにスリッパのまま出たり、近くのコンビニに買い物へ出かけたり。あくまで「ちょっとそこまで」の感覚でしょうけど、脱いで履き替える手間を考えたら、ソールを引っ掛けてパチン。悪くないかも。

さらに、屋内のスリッパらしからぬ、十分過ぎるスペックが備わったMahabis。たとえばインソールのクッション性。さらには、踏んでも、立ち上げても履くことができるかかとの“すべり”。こうしたイン・アウト両用のデザインは、伝統的な3カ国のスリッパにインスピレーションを得たんだそう。
ふんわりボア入りの北欧のルームシューズ、かかとを折って履くモロッコのバブーシュ、外履きとしての要素が強いインドのチャッパル。それぞれの機能を抽出し、そこからさらにデザインに落とし込んでいきました。シンプル、機能、美しさを追求したMahabisは、ロンドンのデザインスタジオで製作されています。

選べる全8色のソールで
組み合わせ自在♪

ラバーソールに、インナースリッパのつま先を引っ掛けるだけ。かかとには着脱防止のスナップボタンが1か所付いているだけ。これをラバーソールのかかと部分に開いた穴に通して、パチっと閉めるだけ。ソールが落下しないか、ちょっと不安になりますが、動画を観るかぎり全くその心配はなさそう。

スリッパ本体は暖かいフェルト地(2色)のほか、通気性のいいメッシュ素材(4色)も。季節に合わせて選ぶことができます。ラバーソールは全8色展開で、組み合わせも自由自在!

ロンドン発、史上最高に
スタイリッシュなスリッパ

ロンドンの町並みに同化した、スタイリッシュなMahabis。言われなければ、これがスリッパだなんて誰も思いませんね。公式サイトを通じて日本からも購入可能。でも、きっとそのうち、おしゃれなセレクトショップに並んでいそう。

Licensed material used with permission by Mahabis
このスリッパ、一見なんでもないように見えますが、かなりのスグレモノです。まず、履き口が広い。ぺったんこのスリッパで履く時にモタモタしたことが誰でもあると思...
スペイン・バレンシア南部の街エルチェは、実に1,000以上の靴工場が軒を連ねる、履物産業がさかんな地域。この街で家族経営を営む「CP Slippers」は...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
〈ISLAND SLIPPER〉×〈BRIEFING(ブリーフィング)〉とのコラボモデルのスリッパは、履き心地抜群。機内で、リゾートで、リッチな気分を味わ...
洋画に出てくる大富豪やギャングになりきってみたい……。そんな願望があるあなたにおすすめしたいのが『Make It Rain Money Gun』!
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
小学生の男の子が、弟のために新聞紙で作ったドラクエの装備品。これがキッカケとなり、研究に研究を重ねた彼は、災害時でも役立つこと間違いなしの「簡易スリッパ」...
シカゴ発〈FITKICKS(フィットキックス)〉のシューズは、スリッパ型。手軽さと動きやすさを両立させているのが特徴で、ヨガやエクササイズシーンで愛用して...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
まったくと言っていいほど、揚げものの印象がない大根。でも、そんなイメージを覆す「フライド大根」の美味しさに、多くの人が魅了されている模様。外はサクサク、中...
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
この4種類をデスクに常備しています。
現在、英プレミアリーグの強豪トッテナム・ホットスパーFCが建設中の新スタジアムについてです。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
冷蔵庫を開けたら、新じゃがしかない……。そんなときにオススメしたい、新じゃがだけでおいしくお腹を満たせる料理。「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、簡単でお...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
これは、指を動かす感覚と同じだろうか? それとも、まったく違う? 本人に聞いた。
「Le dd dream(レディーディードリーム)」という変わった名前のスリッパです。イタリアのスポーツメーカー〈lotto(ロット)〉がオリジナルで開発...