ベトナムでめっちゃ流行ってる「ヨーグルトコーヒー」


風味へのこだわり、クリームやシロップを使ったカスタマイズ。コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……正直、コーヒーでもっと遊んでみたい!

なんて思っていた矢先、ベトナムではコーヒーとヨーグルトをミックスした、「ヨーグルトコーヒー」が大流行してるっていう情報をキャッチ。

これは黙っていられません。味を想像するだけなんてナンセンス。百聞は一口にしかずってことで、さっそく作ってみることにしました!

コーヒー×「ヨーグルト」

©2018 TABI LABO

つくりかた

〈用意するもの〉

・氷:ブロックアイス5、6個
・水:大さじ3
・インスタントコーヒー:大さじ1
・無加糖プレーンヨーグルト:100g
・練乳:大さじ2
・砂糖:大さじ1と½

まずは棒状のもので氷を砕いてぶっかき氷を作り、ヨーグルトには練乳と砂糖を入れてダマが無くなるまでよくかき混ぜておきます。次にインスタントコーヒーに水(またはお湯)を入れ溶かします。最後はコップにヨーグルト→インスタントコーヒー→氷の順に入れて、できあがり。

 

©2018 TABI LABO

結果:もはやスイーツ!


ぶっかき氷をザクザクと混ぜながら飲んで(食べて)みると、ほんのりコーヒー風味漂うフローズンヨーグルトに! さっぱりとした酸味と、練乳の甘さとコーヒーのコク。こう言ってしまうとなんだか賑やかそうですが、お互いが主張しすぎず、想像以上の飲みやすさ。

ポイントはコーヒーをできるだけ「濃く」すること。薄すぎるとヨーグルトに負けてせっかくの風味が消えてしまいます。甘党な人は、練乳や砂糖を増やしても◎。口当たりがまろやかになります。

ちなみに編集部内での評価は、賛否両論(笑)。とはいえ、中にはこの味にドはまりする人も。おっかなびっくりなこのコラボレーション、あなたは賛成派?反対派?一度は試してみる価値ありです。

Top image: © 2018 TABI LABO
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
花粉症の季節のヨーグルト図鑑。60秒で読めるヨーグル・レコメンド付き!
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のLoop-top Shirt Flap Pocketです。