大人のためのベトナムコーヒーは、ロックグラスがよく似合う。

この間、はじめてベトナムに行ってきました。ずうっと行ってみたかったんです、ベトナム。

ナンプラーが効いてるフォー、ペーストやらパクチーやら具沢山なバインミー、それに甘くてとろとろのチェー。

食べたいグルメは山ほどあったのだけれど、絶対に外せなかったのがベトナムコーヒー。ご存知の方も多いかとは思いますが、ベトナムはコーヒー大国。フランス植民地時代の影響によるところが大きいそうで、町のいたる所にカフェがあり、コーヒー文化がしっかり根づいているのを感じました。

風味の強いベトナムコーヒーとたっぷりのコンデンスミルク。暑さや街の喧騒からしばし逃れて、あま〜い幸せを噛みしめる。ああ、ベトナムコーヒーが飲みたい!

ベトナムコーヒーと焼酎。
なんて素敵なコンビネーション!

そんなことを思っていた矢先、「ベトナムコーヒー焼酎」なるものを見つけて。名前はCAFEKO(カフェコ)。なんだか可愛らしい響き。

私たちがよく口にするアラビカ種に比べて、ベトナムコーヒーに使われるロブスタ種の豆は苦みが強いそう。けれどコーヒー焼酎の場合、焼酎に豆を漬ける過程で、アラビカ種の風味は薄まってしまうみたいなんです。それに対してロブスタ種の独特なクセは焼酎とよく調和し、風味が損なわれないんだとか。

 

バニラアイスにとろ〜、っと。

6019372170608640

CAFEKOはストレートで飲んでも絶対おいしい!そのほか、炭酸+ライムで爽やかさを演出したり、オレンジピールを加えてコーヒーの深みを引き出したり…なんていうテクニックも。

でも、私が一番トライしてみたいのは、バニラアイスにCAFEKOをかけてアフォガードっぽくいただくアレンジ方法。舌の上でやわらかくほどけるバニラアイス、そしてそれに絡まるコーヒーの芳醇なコク。ベトナムコーヒーとコンデンスミルクの黄金コンビを想起させるような気がして…たまりません。

5063982465417216

こちら、Makuakeですでに資金調達を達成しているため、CAFEKO片手におうちで手軽にベトナムの風を感じられるようになる日も近いかも。

Licensed material used with permission by Makuake
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
いつものコーヒーにたった2つの材料をプラスするだけで、その味がティラミスに大変身してしまう。こんなことってある!?ウソだと思うなら、試しに練乳と卵を入れて...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
いろんな国の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画です。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
ベトナムに行くとアボカドシントー(スムージー)にベトナムコーヒーを注いだ「アボカドコーヒー」なるものに出会う。気絶しそうな組み合わせなんだけど、飲んでみる...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
これは約1,650kmにおよぶ、ベトナム横断の旅の記録。クリエイターOliver Astrologo氏が、ハノイやホイアン、ダナン、フエ、ハロン湾、チャン...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
レバーペーストをたっぷり塗ったフランスパンにソーセージやハムを乗せ、紅白のなますを入れて、どっさりパクチーをはさんだベトナム庶民の味「バインミー」。あのエ...