大人のためのベトナムコーヒーは、ロックグラスがよく似合う。

この間、はじめてベトナムに行ってきました。ずうっと行ってみたかったんです、ベトナム。

ナンプラーが効いてるフォー、ペーストやらパクチーやら具沢山なバインミー、それに甘くてとろとろのチェー。

食べたいグルメは山ほどあったのだけれど、絶対に外せなかったのがベトナムコーヒー。ご存知の方も多いかとは思いますが、ベトナムはコーヒー大国。フランス植民地時代の影響によるところが大きいそうで、町のいたる所にカフェがあり、コーヒー文化がしっかり根づいているのを感じました。

風味の強いベトナムコーヒーとたっぷりのコンデンスミルク。暑さや街の喧騒からしばし逃れて、あま〜い幸せを噛みしめる。ああ、ベトナムコーヒーが飲みたい!

ベトナムコーヒーと焼酎。
なんて素敵なコンビネーション!

そんなことを思っていた矢先、「ベトナムコーヒー焼酎」なるものを見つけて。名前はCAFEKO(カフェコ)。なんだか可愛らしい響き。

私たちがよく口にするアラビカ種に比べて、ベトナムコーヒーに使われるロブスタ種の豆は苦みが強いそう。けれどコーヒー焼酎の場合、焼酎に豆を漬ける過程で、アラビカ種の風味は薄まってしまうみたいなんです。それに対してロブスタ種の独特なクセは焼酎とよく調和し、風味が損なわれないんだとか。

 

バニラアイスにとろ〜、っと。

CAFEKOはストレートで飲んでも絶対おいしい!そのほか、炭酸+ライムで爽やかさを演出したり、オレンジピールを加えてコーヒーの深みを引き出したり…なんていうテクニックも。

でも、私が一番トライしてみたいのは、バニラアイスにCAFEKOをかけてアフォガードっぽくいただくアレンジ方法。舌の上でやわらかくほどけるバニラアイス、そしてそれに絡まるコーヒーの芳醇なコク。ベトナムコーヒーとコンデンスミルクの黄金コンビを想起させるような気がして…たまりません。

こちら、Makuakeですでに資金調達を達成しているため、CAFEKO片手におうちで手軽にベトナムの風を感じられるようになる日も近いかも。

Licensed material used with permission by Makuake
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
わたし、まだまだコーヒーの可能性を信じています。
いつものコーヒーにたった2つの材料をプラスするだけで、その味がティラミスに大変身してしまう。こんなことってある!?ウソだと思うなら、試しに練乳と卵を入れて...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
こればっかりは、路上で食べてこそ。ベトナム風ぜんざい「チェー」について。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
いろんな国の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画です。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...