ベトナムにある日常風景

 

いろんな国の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画。中国、シンガポール、ニューヨーク(←これだけなんとなくシティ)に続きまして、今日はベトナムです。

では、さっそくどーぞ。

 

© Phuong Tran
© Phuong Tran
© Phuong Tran
© Phuong Tran
© Phuong Tran
© Phuong Tran
© Phuong Tran
© Phuong Tran
© Phuong Tran
© Phuong Tran
Top photo: © Phuong Tran
Licensed material used with permission by Phuong Tran
他の記事を見る
なんかちょっと、変なんだけど。
あこがれの街。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
 加工とか演出がほどこされていない、あらゆるものごとの「生」の状態って、とてもすてきだと思います。中国の若者たちの日常を紹介した記事の反応をみていると、こ...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
「名前はよく聞くけど、なんだかイメージが湧いてこない国」にフィーチャーして、紹介していきます。
昔ながらの中国が色濃く残る。
こればっかりは、路上で食べてこそ。ベトナム風ぜんざい「チェー」について。
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
それぞれのチャートに紐づく日用品を使い、日常のあるあるをチャート化!なかでもウンと頷けるものを勝手にピックアップしてみました。
これは約1,650kmにおよぶ、ベトナム横断の旅の記録。クリエイターOliver Astrologo氏が、ハノイやホイアン、ダナン、フエ、ハロン湾、チャン...
なんてことのない部屋。ありふれた日常。なのによく見るとどこか違う。見慣れた風景の見慣れたものをもとの文脈から切り離して置くことで、独特な世界観を表現するフ...
ここはベトナムの首都ハノイ。自転車の前後に色とりどりの花やフルーツを乗せた商人たちは、この街ならではの風景のひとつでしょう。以下の写真は、そんな“カラフル...
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
ここに紹介する動画には、ハロン湾の豪華クルージングの様子も、世界遺産ホイアンのランタン祭りも、カイランの水上マーケットも、コロニアル様式の美しいホーチミン...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
フーコック島のホテルの19階にあるバー「INK360」。同島で一番高い場所にあり、もちろん景色は抜群。メニューにはないスペシャルカクテルもあります。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第5弾です。
写真を撮ることにした。
重厚感や軽快感がうまくミックスされたこの建物。実はこれ、ベトナムのハナム省にあるコミュニティセンターです。この地域の工事現場から出された、行き場のない廃棄...
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。