パリとNYの違いを表した「イラスト19枚」

フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分けている彼が、それぞれの違いをミニマルでカラフルなイラストで表現しました。

01.
“光の都”パリ
“ビッグアップル”NY

parisnewyork2

「花の都」と形容されるパリですが、フランスではヴィル・リュミエール(光の都)と呼ばれています。ご存知「ビッグアップル」こちらの由来は諸説あり、大恐慌時代多くの失業者がNYでリンゴ売りをしていたから説が有力です。

02.
トレンドを引っ張るのは彼ら?

parisnewyork3

最近、日本のファッション誌でも見かけるようになった「ボボ」って何?これは、bourgeois bohemian(ブルジョワーズ・ボヘミアン)の頭文字をとった造語。何不自由なく気ままに暮らす人々の意。NYで言うところの“ヒップスター”だということのよう。

03.
地下鉄の切符からも
規模の違いが明確

parisnewyork1

パリのメトロは、1900年のパリ万博に合わせて開通。現在14号線まであります。それから4年遅れで開通したNY。現在は33路線で運行。規模も違えば、切符のデザインも違います。

04.
デザインで見てみると…

スクリーンショット 2015-12-16 13.41.17

現代アートを代表する二大ミュージアム。

05.
エスプレッソ派?
アメリカーノ派?

スクリーンショット 2015-12-16 13.22.53

このサイズ感の違いって、何なのでしょう?

06.
食べ歩きに向いているのは
NYスタイルかな?

スクリーンショット 2015-12-16 13.23.36

 

文化のある街には、決まって美味しいパン屋がズラリ。知ってました?

07.
NYは手で「止まれ」

スクリーンショット 2015-12-16 14.31.08

パリは、日本と同じ歩行者のマークが歩いているか止まっているか。そういえば、NYの「止まれ」は、手のひらで制されているアレでしたね。

08.
犬のお散歩風景も対照的

スクリーンショット 2015-12-16 13.24.21

NYのワンちゃんたちは、よくしつけられてる!?

09.
冷たい雨がよく似合うパリ
氷点下も珍しくないNY

スクリーンショット 2015-12-16 13.25.16

冬の天候の違いをよく表した一枚。

10.
駐車事情にも違いがくっきり

スクリーンショット 2015-12-16 13.25.35

車道に二列渋滞してでも駐車しちゃうパリ。車社会アメリカでは、駐車場のための高層建築も珍しくありません。

11.
流行の発信地はどっち?

スクリーンショット 2015-12-16 13.25.51

ぱっつん前髪の方が、日本人ウケが良かったようで。

12.
様式美&スケール感

スクリーンショット 2015-12-16 13.26.14

パリの橋はどこか女性的。スケール大で男性的なブルックリン橋。

13.
小説の舞台、パリ
映画の舞台、NY

スクリーンショット 2015-12-16 13.39.01

あえて、それぞれのランドマークを挙げたらですけど。ヴィクトル・ユーゴーの小説『ノートルダムのせむし男』。エンパイア・ステート・ビルによじ登ったのは、キングコングでしたね。

14.
街と女性を彩る輝き

スクリーンショット 2015-12-16 13.39.45

どちらも世界中の女性をとりこにしています。

15.
2都市を象徴する文化的アイコン

スクリーンショット 2015-12-16 13.40.11

 

紫煙が似合うシェルズ・ゲンズブール。白髪が特徴的なアンディ・ウォーホル。

16.
建物の形で比べてみました。

スクリーンショット 2015-12-16 13.41.03

もちろん、一例ですけどね。

17.
アパートで比べてみました

スクリーンショット 2015-12-16 13.24.41

窓の様子を比べてみると、生活スタイルの違いが見えてくるかも。

18.
タクシーの量

parisnewyork5

フランス観光開発機構によると、パリ市内とその周辺には約17,000台のタクシーが走っているそうです。かたやNYには約14,000台。この絵のようにNYの方が圧倒的に多い印象ですが…。

19.
絵になる街の風物詩

45course

他にもまだまだ、違いが見えてきます。全編は以下の動画からチェック!

Licensed material used with permission by Alex Frukta

パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
あこがれの街。
まるでルービックキューブのような形をした新しいキューブ型デバイス「WOWCube」が発表され、ありそうでなかったこの革新的なデバイスに大きな注目が集まって...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
パリ五輪を前にシャンゼリゼ通り活性化させるという計画案が注目されています。理由は、その一環として凱旋門を囲うラウンドアバウトに夏はビーチ、冬はスケートリン...
応援購入サービス「Makuake」に、8in1の多機能シャベル「wild 8」が登場。アウトドアユースや防災用にひとつもっておいて損ナシの一品。
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
去る11月、パリでテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存知ですか?カフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。とにかく可愛...
パリ市は観光バスの中心部の乗り入れを禁止する方向とのこと。代わりに公共交通機関の利用が推奨されている。パリの地下鉄といえば、すでに満員電車になっている印象...
Paris 2024に向け、パリの象徴であるエッフェル塔周辺を「緑の多い生物多様性の豊かなエリアに一新する」という計画が発表された。
LGBT先進国ともいわれるタイから、ジェンダーレスなアパレルブランドが日本に初上陸。その独特なストリートウェアのビジュアルが20〜30代を惹きつけて止まな...
ナイトクラブ向けファッションブランド「Industrial Strange」がオーストリアの広告会社とタッグを組んで手掛けた刺激的なPRが話題。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
パリで人気のフードトラックと言えば、「Le Camion Qui Fume」。肉厚でヘビー級だけれど随所にこだわりが見られ、美味なアメリカンスタイルのバー...
パリの魅力に磨きをかけるプロジェクト「Réinventer Paris 2」。その一翼を担うのが「Le Terminus」。使われなくなった地下鉄の駅がレ...
パリの主要ターミナル駅のひとつ、リヨン駅。ここから少し歩いたところにあるクレミュー通りに暮らす住民が苦情を申し立てています。
12月、パリの地下鉄で起きたイタズラが話題となりました。電車内に藁と干し草が敷き詰められるという“事件”。これ、満員電車に痺れを切らした人々の抗議でした。...