新しい都市の姿!?NY摩天楼に「キャンプ場」ができちゃうかも

地上200メートルのビルでキャンプができるようになるーー。そんなわくわくするコンセプトが発表されました。

今ある建物をまるっと「木と草だらけ」に

環境に応じて中の温度を調節してくれる、セイルボートの帆「ジェネカーセイル」と似た形状の「skin」を取り付けることによって、ビル内を快適な温熱環境に整えるというコンセプト。このskin、風の向きや強さによって、部分的・全体的に開閉できる、いわば風の管理システム。冬は温室のように、夏は涼しく調整してくれるのだそう。

左が冬。閉じて中の温度をあたたかく。右が夏。全体的にオープンになっています。

太陽光発電システムや各フロアに雨水を収集する装置を備えているので、建物内で水の循環が行われるというエコさ。しかも後付けするものなので、今あるビルはもちろん、使われていない建物が1棟まるまる木だらけになるなんて、有効活用にもなっちゃいます。

木々に囲まれた新しい都市の姿かも

このアイディア、ミラノを中心に建築やデザインを行う「FLT-OFFICE」によるもの。彼らはニューヨークの人たちが友達を招き、屋上でパーティなどを行うことを知り、

「人が会って話ができるソーシャルエリアを作り出せることと、誰もが最高の場所から街の光景を楽しむことができる」

と、ビル内部をグリーンで埋め、キャンプ場や公園を作る案を考えたのだそう。

この「skin」を取り付けた建物が増えるとーー。ニューヨークに植物が増え、CO2削減にもつながり、エンパイアステートビルを間近に見ながらキャンプが楽しめるという、都市とグリーンの新しい共存が生まれます。

現在はこのコンセプトを実行すべく、詳細なプログラムを開発している途中。また、ニューヨーク市議会や投資家などにどう提案していくか模索しているそう。摩天楼でのキャンプ、ぜひ体験してみたいですね。

Licensed material used with permission by FLT-OFFICE
旅先の宿の選択肢として、今や欠かせない存在になったAirbnb。個人宅に泊まる体験も魅力ですが、すでにアメリカのミレニアル世代の間では、これのアウトドア版...
所狭しと高層ビルが立ち並ぶ摩天楼「NY」。そんな街で暮らすニューヨーカーたちの憩いの場「セントラルパーク」に、仰天のコンセプトデザインが提案されました。「...
都会を離れて自然の中で料理をしたり、川遊びを楽しむキャンプは夏の楽しみ。でも、いざキャンプをしたいと思った時に、道具を一式持っている人は少ないかもしれない...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
ここで紹介する「AQUA VILLAGE・REN VILLAGE」は、西伊豆にあるプライベートなキャンプ場。どれほどプライベートなのかというと、なんと船で...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
キャンプは大自然の中に自分の存在そのものを溶かし込むことができる特別なアクティビティ。自然の中で呼吸することで、心も身体もそこにある新鮮な空気と一体化する...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
私がNYに行ったのは、もうずっと前の9歳位のとき。田舎町で育った私にとって、はじめての大都会は「未来都市」のように思えてならなかった。背の高いビルに囲まれ...
まずはこちらの写真をご覧ください!いかがでしょう?一見普通のキャンプ風景ですが、何だか妙に豪華にみえませんか?実は「グランピング」とは、アウトドアのスキル...
ニューヨークの摩天楼の特徴を最大限に活かした動画を撮影した、ビデオグラファーJulian Trybaさん。特徴は、タイムラプスの派生系である「レイヤーラプ...
「UNO H2O」は、プラスチックコーティングじゃなくて、プラスチック製です。水に濡れてもOK。何かこぼしちゃっても問題ナシ。使い込んで角がボロボロになる...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
中央アジア・ウズベキスタンやトルクメニスタンを15日間かけてまわるフォトツアーにビックリ。その目玉スポットがスゴいんです。
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
何かを咥える、勇ましいワニの姿―。これは動物園やサファリパークで楽しめる“お馴染みの光景”です。が、その舞台がゴルフ場となると話は別。こんなワニが池から登...
インダストリアルデザインを学んでいるDimitri Nassisiさん。卒業制作を控えていた時に、街の消火栓をリメイクして水飲み場にできたら面白そうと思い...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
キャンプをしてみたいけど、道具がない、きっかけとなるキャンパーが周囲にいない……そんな人にぴったりのイベントです!『クライムオン!!2016』で楽しむ“ほ...
アメリカのメイン州発の〈Paine Products〉のお香は、木をそのまま炊いたような香り。化学物質もオイルも一切なしなので安心して使えます。
大寒波が日本列島を襲った2016年1月下旬、同じく記録的な寒波で大雪に見舞われていたのがアメリカNY。二日間降り続いた雪は、セントラルパークでじつに積雪6...