「NYってごみごみしてそう」。この思い込みを一瞬で変えた写真

ニューヨークに行ったのは、もうずっと前の9歳位のとき。田舎で育った私にとって、はじめての大都会は「未来都市」のように思えてならなかった。そのとき、興奮しすぎて、鼻血を出したのはジョークでもなんでもなく、まぎれもない事実。背の高いビルに囲まれて、いろんな人がごちゃ混ぜになった街。夜になると、ネオンがキラキラと輝き、ちょっと危ない雰囲気も。

ぼんやりとこんなイメージが頭の中に残っている。でも、Humza Shredsの写真を見て新たなNYの魅力に惹かれてしまったんだ。

空飛ぶ「鳥」の目線から

59275676473098246646045614276608603035212028313651341498158940165267395539107840514644570328268861290443618385926455943785086976

次はいつもの
「人間」の目線から

47907668450344966551185624399872504856890153369650230290127257605916666751877120

うーーーん。空から見るのもいいし、地上から見るNYも。いわずもがな、空撮写真はドローンを使ってのもの。

旅慣れしている人でも上空からたっぷり眺めることなんて、なかなかない。あなたは、どっちの大都会が好き?

Licensed material used with permission by Humza Shreds, (Instagram)

【TABI LABOのsarahahができました◎】

・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと

などなど、匿名でポチっと受付中です。こちらからどうぞ

ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
日本人フォトグラファー・MAR SHIRASUNAの作品『Beauty and NYC』。ニューヨークの高層ビルで、屋上のふちに佇む美女を撮ったもの。NY...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
遥か上空からの数々のショット。季節ごとに色を変えるアメリカの姿を撮影しているのは、L.A.を拠点に活躍するフォトグラファーNiaz Uddin。時には、ヘ...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
イギリスやアメリカで活躍するフォトグラファーのSam Golanskiさんは、一風変わった写真を撮っている。それは、ニューヨークのドアマン。昔ながらの変わ...
アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
テレビやネットを通しては見れない、リアルなアメリカを映す写真がある。被写体は皆、ベッドルームにいるBarbara Peacockさんの写真だ。様々な年代や...
大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?一体どん...
小さな頃は、ずっと一緒にいたのに。
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
今の生活が自分の望んでいたものではないと気が付いたとしても、そして他にやりたいことがあったとしても、現在の生活を惜しげもなく捨てるということは、並大抵のこ...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...