ニューヨークの「いま」を撮り続けるフォトグラファーの生々しい言葉

大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?

一体どんな景色が広がる、どんな街なのか。「この目でひと目見てみたい」と憧れを抱いている人も多いかもしれません。

A3cc05293dc2bfbc472e817173dc142668d3a56c

Vincent Pfliegerは、そんなニューヨークの「いま」を取り続ける写真家のひとり。カメラを手にしたときからずっと、街の写真を撮り続けているという筋金入りのストリートカメラマン。彼が写すのは、人々のリアル暮らしの重み。

「だいぶ、安全な街になったよ」

40ec7ce90fa53615465b35254130f1a01e219812

「80年代から90年代、ニューヨークはいわゆる犯罪都市だった。映画や音楽に登場するような、きっとあのイメージのままじゃないかなと思うよ。僕がこの街に住み始めたのはそのあとだから当時のことはあまり知らないけど、今ではそんな面影はほとんどない。市長がジュリアーニ氏になってから、NYは以前より安全な街になった。もちろん、危険や犯罪がまったくないとは言わないけど、少なくとも表に出てくることは少なくなったんじゃないかな」

「とんだ皮肉だね」

B93bec0ff98163b8f30baf652f21f68bb3ade0e4F0b7126dbb84554787ffebf7dd21bb4a4dd46554

「この街には、あらゆるところから来た人が一緒に暮らしている。僕にもフランス人や、イタリア人、ハンガリー人、クロアチア人、ポーランド人、その他いろいろな国から来た友人がいる。

世界中を探しても、これほど多文化が共生できている場所はないだろうね。それなのにトランプ大統領がこのNY出身だというのは、ちょっとした皮肉だよね」

街で出くわす、生のNY

1d1f7f1041976287ad00bfcf40cdac55d068caa98ecae21ffe86f4f1aac20e974da535771e03337eE3b0fe143d90d0dc14e44b7201971f31dcb2d894

「街で写真を撮っていると、いろいろなことに出くわすんだ。数週間前は、この冬初めての吹雪に見舞われたんだけど、ホームレスの人たちの写真を撮ったよ。暖かいコーヒーを一緒に飲んで、話をした。そういうとき、写真を撮ることはそれほど重要じゃないんだよね」

B405142d90a7efd68ee3bc9ec54bc43ed76b7133Ac3b989c6697120ace254ab7f7737a60b7b1653e082c01644935e14d7fbbc837e3c1c816efbaa89f

「そこで、あるひとりの女性を見かけたんだ。彼女は妊娠4ヶ月で、凍えないようにたくさんの毛布に包まっていた。周りには人通りもほとんどなかったし、絶望的な状況に思えたよ。彼女は僕と少し話したあと、あと10ドルあればブルックリンのホテルに泊まれる、と言ったんだ。僕は所持金はちょうど10ドル。彼女にあげたよ」

90dd957f6dfe45285719d7db4b80f83baee630ab87556ad752dc9d3be151d62ab8fa263a72dde106Ec2334d501ecab03f46100921613007064f2e841

「吹雪のなか去っていく彼女の後ろ姿を見ながら、僕は祈ったんだ。

“きっともう二度と会うことはないだろう。でも、彼女とお腹のなかの子どもだけは、無事でいてほしい”

って」

Licensed material used with permission by Vincent PFLIEGER, (Facebook), (Instagram)
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
家族のみんなの肌の色が違うという理由から、人と違うことを個性だと考えていたフォトグラファーChesterfield Hectorさんは、母親の死を原動力と...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
誰もが憧れる場所で暮らすMarcela Nowakさんの楽しみは、深夜に家の近くを歩き回りながら撮影をすること。昼は多くの人で賑わう「華やかな街」、夜はネ...
夢を追いかけてニューヨークへ移り住んだTadhg Ennisさんは、昼間は学校へ通い夜は街中を歩き回り写真を撮っている。彼が捉えた真夜中すぎの光景は、昼に...
あこがれの街。
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
イギリスやアメリカで活躍するフォトグラファーのSam Golanskiさんは、一風変わった写真を撮っている。それは、ニューヨークのドアマン。昔ながらの変わ...
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
12年以上ニューヨークの街中を歩き回り「偶然が重なる錯覚的な瞬間」を写真にしてきたというJonathan Higbee。誰も意識していない瞬間だけど、だか...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
日常と違った目線で世界を見せてくれるフォトグラファー、Guido Gutierrez Ruizさん。彼は、雨が止んだ後の水たまりに写る景色を撮っている。そ...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
写真を撮ることにした。