「AM3:00」になると、ニューヨークは様々な表情を見せてくれる。

誰もが憧れる場所で暮らすMarcela Nowakさんの楽しみは、深夜に家の近くを歩き回りながら撮影をすること。

昼は多くの人で賑わう「華やかな街」、夜はネオンが輝く「眠らない街」。今までは、その2つのイメージしかありませんでした。でも彼女の写真には、ミステリアスで不思議な魅力があったり、一つのアートのような美しさがあったり、まだまだ知らない多様な姿が写し出されているんです。

01.

302ea61f4aa8ebf27be66423861afbaeb97aaaee

街と夜空を走り回る稲妻。まるで未来都市のような光景。

02.

7884609379241a758d44587dd7118fdbf008fbed

夜明け前に訪れると、朝へと続く特別な架け橋に。

03.

0e3e36cbb68b84ce03671ccbc2d96923b64fcecd

明かりが少なく、人がまばらなこの時間帯。どこへ行ってもひっそりと秘密の時間を過ごせる。

04.

95d34c25d04cc5584ba99bc5ea7224ead7558992

黒い水面に浮かび上がる光の街がロマンティック。

05.

Df953710dfc8bd5c97b3009f3a0427b6b9943236

不気味なストリートアートが、ファンタジーの世界を作り出す。

06.

B4daf18fb12ba60d50bd55497bf92ed1c55022e3

看板がライトに照らされると、街がギャラリーに変わる。

07.

E4d9f6d2fc802b334ee7efac34fc23b413d6c644

日中とは違うガランとした通り。その中で、赤く怪しく光るRADIO CITYの文字に惹きつけられる。

08.

40ae7aa828daa07e617584fb72863d12e0d72dcb

夜が明けきる前に見るメリーゴーランドは、夢と現実の狭間にいるみたいな不思議な存在感を放つ。

09.

439c84a4721adf70424d09b8a29866658c3f677b

ふと見上げると、星一つない真っ暗な空とビルのコントラストが楽しめる。

10.

7e0a63e9d456c3e7d8eb3cede8bb63e2be8e3710

駅の階段を登ってしまったら、どこか違う世界へ行ってしまいそう。

11.

E3ece5161d32eacd455b33d749849604fafb63de

車のライトさえも、真夜中になると街を輝かせるネオンの一部になる。

12.

C437297b08747a0cdfde990496803badb7fb986c

夜が終わり、朝日を浴びるニューヨークは絵画のような美しさ。

Licensed material used with permission by Marcela Nowak Photography
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?一体どん...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
夢を追いかけてニューヨークへ移り住んだTadhg Ennisさんは、昼間は学校へ通い夜は街中を歩き回り写真を撮っている。彼が捉えた真夜中すぎの光景は、昼に...
あこがれの街。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
私がNYに行ったのは、もうずっと前の9歳位のとき。田舎町で育った私にとって、はじめての大都会は「未来都市」のように思えてならなかった。背の高いビルに囲まれ...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
イギリスやアメリカで活躍するフォトグラファーのSam Golanskiさんは、一風変わった写真を撮っている。それは、ニューヨークのドアマン。昔ながらの変わ...
12年以上ニューヨークの街中を歩き回り「偶然が重なる錯覚的な瞬間」を写真にしてきたというJonathan Higbee。誰も意識していない瞬間だけど、だか...
日常と違った目線で世界を見せてくれるフォトグラファー、Guido Gutierrez Ruizさん。彼は、雨が止んだ後の水たまりに写る景色を撮っている。そ...
答えは、都会のカラスの巣。新進気鋭のネイチャーフォトグラファーである柏倉陽介氏が撮影したものだ。
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。