最初は全然好きになれなかった「ニューヨーク」が、私に教えてくれたこと。

4月からの新生活で、慣れ親しんだ街を離れることになってしまった人も多いはず。

Elite Daily」のライターSarah Coleさんは、26歳のときに故郷のロサンゼルスからニューヨークへ引っ越したそうです。気候もまったく違い、土地勘もなく、知り合いもいない…そんなニューヨークを長く好きになれなかったと語る、Sarahさん。

眠らない街で
生活をはじめたころ。

26歳のとき、私は故郷のLAからNYに引っ越してきたの。今から3年前になるわ。

理由は、好きな人がNYに住んでいたから。それだけ。彼は別に私のことが好きなわけじゃなかったんだけどね。彼のことを追いかけて「眠らない街」にやってきたの。

NYで暮らし始めたころ、本当に憂鬱だった。だって自分の家がどこにあるのかわからなくて2時間も泣きながら街をさまよったこともあったし、NYとLAじゃ気候も全然違う。友だちがいなかったから、ホームシックにもなった。

そして、好きだった人との関係もあっという間に終わってしまったわ。

彼は私のことを愛してはくれなかったけど、それでも唯一の支えだったの。それがなくなってしまって、本当に心細くて悲しかったのをよく覚えてる。

NYでの生活にも
慣れてきたけれど…

しばらくしたら、NYの生活にも慣れてきた。ひとりで街を歩けるようになったし、帰り道で迷子になることもなくなったわ。

私のことを大切にしてくれる、新しい恋人にもめぐり会えた。私の話を聞いてくれたり、ひと晩中バーで一緒に踊ってくれたり。彼のおかげで失恋から立ち直って、仕事も毎日こなせるようになったの。

それでも、NYを好きになることは、どうしてもできなかったのよね。去年の冬までは。

ひとつの転機が訪れた。

去年の冬に、私は転職したの。

それまで働いていた職場は週に6日出勤で60時間働かなくてはいけなくて、心も体もすり減っていた。

私は自分の成長のために新しい仕事を選び、それがきっかけで恋人との関係は終わってしまった。NYで初めて私を大切にしてくれた人だったから、本当に寂しくて悲しくて…。それでも新しい仕事は楽しかったわ。

出会う人はみんな優しくて大好きだったし、職場の同僚ともとても仲良くなれた。

生活に余裕が生まれて、やっと私は自分の心と向き合うことができたの。自分の考えや感情を丸ごと受け入れようと決めたら、無理に周りに自分を会わせる必要はないんだって気付いたの。

どこにいても、私は私。

住む街の色に自分を染めようとしてずっと苦しんでいたから、私はいつまでもNYが好きになれなかった。でも、どこで生活していても自分は自分に変わりないんだって思ったら、とても楽になったわ。

住む場所に関係なく、好きなように生きていいの。

それを教えてくれたのが、NYだと思ってる。

この美しくも混沌とした街は、今の私にとってかけがえのない大切な場所。

Licensed material used with permission by Elite Daily
andmore
他の記事を見る
あこがれの街。
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
世界のどの街とも違っていて、ニューヨークは「新しい自分」をつくる感覚になると言います。現在NY在住のAlexandra Wilsonさんも、そのパワーを感...
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
ニューヨークを好きになったきっかけは『Sex and the City』だった。キラキラした大都会で、主人公のキャリーが気取らないリアルな毎日を送っている...
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
ハドソン川沿いで今、ニューヨーク最大規模と言われる再開発が話題となっています。それが「ハドソンヤード」。注目を集める一方で、地元住民は複雑な思いを抱えてい...
12年以上ニューヨークの街中を歩き回り「偶然が重なる錯覚的な瞬間」を写真にしてきたというJonathan Higbee。誰も意識していない瞬間だけど、だか...
2019年1月1日から、アメリカ・ニューヨーク州にて、男女のトイレにオムツ交換台を設置することが義務化されました。これから新しく建てられたり改築されたりす...
振り向いてくれないことをわかってて、それでも片思いをはじめる。そんなこと、大人には難しい。
インド出身で、現在はニューヨークに住むというライター、Nikita Mahtaniさん。彼女が自身の経験を綴った手記が、「Elite Daily」に寄稿さ...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾はニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気が...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾に続き、今回もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらない...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第九弾もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気がす...
私がNYに行ったのは、もうずっと前の9歳位のとき。田舎町で育った私にとって、はじめての大都会は「未来都市」のように思えてならなかった。背の高いビルに囲まれ...
どこを旅行するにも、ガイドブックではなかなか触れられないローカルの視点があると嬉しいもの。過大評価されているレストランも、じつは評判ほどのものではないのか...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...