ニューヨークやロンドンの道路脇に置かれた白い自転車「ゴーストバイク」が、教えてくれること

ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?

いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見するとただ捨てられているようにもみえる。しかし、不法投棄されたわけではない。

このタイヤからグリップまで真っ白な自転車は、ゴーストバイクと呼ばれている。これらの自転車には、そのすべてに持ち主がいた。そして、この場所で命を落としている。

白塗りされ、街角に佇む自転車は実際に彼らが交通事故に遭遇した際に乗っていた自転車であり、壊れた車体はそこで起きた事故の大きさを物語っている。

このゲリラ・プロジェクトは2003年にミズーリ州で最初に設置されて以来、全米に広がり、やがて世界中へと広まっていった。

警察官が事故現場に残す白チョークでなぞった遺体の輪郭を真似て自転車を白塗りし、犠牲者の名前と亡くなった日を事故現場に記して弔うのだ。

追悼だけではない
ゴーストバイクがそこにある「意味」

image5

事故現場に自転車が置かれる理由は故人を偲ぶためだけではない。ゴーストバイクは、そこを通るサイクリストたちに公道が危険な場所だと思い起こさせる。

自転車や車、歩行者など、公道を行き交うすべてに、不注意によって失われた命があると主張している。そして、車道と歩道の間に追いやられているサイクリストの立場向上を願っている。

自転車レーンがより整備され、拡張されることだけを望んでいるわけではない。もっと漠然とした、公道を行き交う全てに対する、文化そのものが変わることを期待しているのだ。

日常に潜む違和感として
ひそかに主張するアート

image2

これらの写真はいずれも2011年にロンドンを訪れた際にこの不思議な自転車を見つけた際に、友人からその意味を教えられ、感銘を受けた写真家の今井竜也氏が撮り溜めたものだ。

白い自転車は静かな主張であり、注意喚起であり、慰霊碑であり、同時に、ひとつのアートとも言える。どこにでもあるストリートという日常に、そっと死を孕んでゴーストバイクは溶け込んでいる。

日本でもノーブレーキピストやロードバイクの流行によって自転車の交通マナーについて議論が交わされるようになった。日本ではヨーロッパのように自転車専用レーンの整備がされておらず、ひやりとすることも多い。

海外のサイクリストたちがゴーストバイクのプロジェクトを通じて訴えかけている声に、我々も耳を傾ける必要があるのかもしれない。


All photo by 今井竜也

関連する記事

足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つのモードで乗ることが可能な幼児用自転車「Kiccle」が、先週4月5日(月)から発売!
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
レイングッズを扱う「ワールドパーティー」が、安全面や機能面に配慮した、自転車に乗る人のためのポンチョ「レインバイシクルポンチョ」を自社ブランド「Wpc.」...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
「スノーピーク」が体験型グランピング施設「snow peak glamping ​TOKUSHIMA KOMATSUSHIMA」を今週4月16日(金)にオ...
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
「Kent Fire and Rescue Service」というイギリスの救助隊が公開した事故現場が、インスタレーションみたい!
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
緊急事態宣言は解除されたものの、まだまだ安心できないこのご時世。この機会にクロスバイクでの通勤を取り入れてみては?初心者にぴったりな製品もご紹介します。
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達に成功した「CORKY URBAN」は、100m後ろまで交通状況を確認できる自転車用ミラーだ。
イギリスのバイクショップ「Death Machines of London」が、武士の甲冑をモチーフとした「KENZO」という名のカスタムバイクをリリース。
自動車同士の衝突から運転手を守る設備を着実に進化させたなかで、対歩行者、対自転車では深刻な被害を与えてきた自動車業界。その対策として「ボルボ」があるユニー...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
「Google マップ」の経路検索で「自転車ルート」の選択が可能に。状況に応じて、坂道やトンネル、悪路を避けてくれて、自転車にとって最短&最適なルートを提...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
全米最大のベスパディーラー元経営者が電動アシスト自転車にシフト。完成したのは、ベスパ愛が詰まったeバイクでした。
ニューヨーク市ブルックリンに拠点を置く「CLIP.BIKE Inc」が開発した「CLIP」は、どんな自転車にも電動アシスト機能を加えられるガジェット。20...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「警視庁警備部災害対策課」が2018年10月に公開した「マスクでメガネが曇らない方法」が、今、海外で話題となっている。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
先日「スタジオジブリ」の公式Twitterに投稿された、「ピクサー」から宮崎駿監督宛てに贈られたという、愛の込もったメッセージボードが話題を集めている。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
住所非公開、完全会員制。アイソレーションタンク、メディテーションルーム、クリエイティブラウンジを併設した新時代のリトリートラウンジ「UNBORN」がオンラ...