パンク知らずの「クロスバイク」!タイヤに空気を自動充填!

応援購入サービス「Makuke」にて、走行すると自動でタイヤに空気を補充してくれるシステム「エアハブホイール」を搭載した革命的なクロスバイクが販売中。

「エアハブホイール」は、車輪1回転ごとにおよそ0.5ccの圧縮空気をタイヤチューブに送り込むテクノロジー。空気圧が設定値を上回れば、余分な空気を開放弁から放出し、常に一定の空気圧を保ってくれるため、乗り心地が変わることもなく、面倒な空気入れ作業も一切必要ナシ。

クロスバイク 空気入れ 自動 エアハブホイール
©Makuake
クロスバイク 空気入れ 自動 エアハブホイール
©Makuake

一定の空気圧が保たれるので、空気不足による「リム打ちパンク」「内部摩耗パンク」など7割以上のパンク原因が消滅。走行中の外的要因(ガラス片や釘など)にさえ注意していれば、外出先でのパンクの心配もなくなるということだ。

現在「Makuake」では、クロスバイクという比較的高額なプロダクトでありながら、応援購入額が目標金額の2倍も集めるほどの注目ぷり。気になる方はコチラ

クロスバイク 空気入れ 自動 エアハブホイール
©Makuake
クロスバイク 空気入れ 自動 エアハブホイール
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
緊急事態宣言は解除されたものの、まだまだ安心できないこのご時世。この機会にクロスバイクでの通勤を取り入れてみては?初心者にぴったりな製品もご紹介します。
レイングッズを扱う「ワールドパーティー」が、安全面や機能面に配慮した、自転車に乗る人のためのポンチョ「レインバイシクルポンチョ」を自社ブランド「Wpc.」...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
ドイツの職人による手作りのミニマル財布が応援購入サービス「Makuake」にて予約を受け付けている。
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
仕事をサボりたいと考えていた、Papa Boardslide(Twitterのアカウント名)さんはフォトショップを使って、自分のクルマのタイヤを“パンク”...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
「Makuake」で販売中のフィットネスバイク「BIKEBOX」は、静音式で移動もカンタン、収納幅は11センチとコンパクトで家庭的だ。
誰もが「欲しい!」と思うかというと、きっとそうじゃない。でも、これまでになかったタイヤの開発に、相当な熱意を持って取り組んでいることは確かです。
タイヤメーカー「ミシュラン」と自動車メーカー「ゼネラルモーターズ」がタッグを組み、エアレスタイヤ「UPTIS」を開発しました。
「Makuake」で販売中のフィットネスバイク「BIKEBOX」は、静音式で移動もカンタン、収納幅は11センチとコンパクトで家庭的だ。
「FlexiSpotデスクバイクV9」は、堅牢なデスクやモニターアーム、テレビスタンドなどを造り続けてきた企業「Loctek」が生み出したもの。重力センサ...
イギリスのバイクショップ「Death Machines of London」が、武士の甲冑をモチーフとした「KENZO」という名のカスタムバイクをリリース。
1938年の創業以来、オリジナリティに長けたイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続ける「コロンビア」より、秋冬のキャンプ向けアパレルコレクションが発売。
昨年約110万人が来場した大人気映画祭「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2020」が、10月16日〜11月8日、...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
コンパクトに折りたたんでバッグに収納できる、世界でもっとも効率的でパワフルな電動バイク「smacircle S1」。
「glafitバイク GFR-01」は、重さが約18kgで、持ち運ぶのもラクラク。加えて、コンパクトに折りたたむこともできるそうです。
しかもこれ、“自転車に乗って走る”ことを動力源として機能するものなので、電気も要らないのです。もちろん空気圧も設定可能。つまり…、ゴムでできたタイヤチュー...
首を捻ることなく360度の視界をライダーにもたらす「クロスヘルメットX1」はバイクの近未来的な乗車体験を提供するヘルメット。「Makuake」で先行予約受付中。
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...