「クロスバイク」おすすめ7選!通勤や休日のサイクリングにも!

緊急事態宣言が解除され、オフィスへの通勤が再開。あのぎゅうぎゅうの満員電車に乗ると思うと気が進まない......という方も多いのでは?

そこでご提案したいのが、クロスバイクを使っての通勤です。クロスバイクは安定感に優れ、スピードもしっかりと出るため、街中での通勤にぴったりな自転車なんです。

また、1〜2mのソーシャルディスタンスを自然と保つことができるというのもおすすめ理由のひとつ。もちろん通勤だけでなく、休日のサイクリングも楽しむことができ、オンオフで活躍してくれます。

今回はそんなクロスバイクの基礎知識や初心者におすすめのクロスバイクをご紹介!初めてのクロスバイク選びの参考になればと思います。

クロスバイクって?ロードバイク、マウンテンバイクとの違いは?

クロスバイクで街を走る男性
©iStock.com/Halfpoint

クロスバイク、マウンテンバイク、ロードバイク、どれも自転車ですが、どのような違いがあるかご存知ですか?

千葉県でスポーツバイクを中心に販売する自転車専門店CSO Byscleによると、「マウンテンバイクとロードバイクを足して2で割ったようなスタイルの自転車をクロスバイク」というのだそう。

つまり、スピードの出やすい「ロードバイク」と、悪路でも走りやすい「マウンテンバイク」の良いとこどりの自転車が「クロスバイク」ということ。以下では、それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。

【ロードバイク】
・スピードの速さ:◎
・安定性:▲
・価格の安さ▲

 

【マウンテンバイク】
・スピードの速さ:▲
・安定性:◎
・価格の安さ:▲

 

【クロスバイク】
・スピードの速さ:◯
・安定性:◎
・価格の安さ◎

自転車を買うならクロスバイクが絶対おすすめな理由

理由01. リーズナブル

「自転車は欲しいけど、高いものは買えない……」という方にクロスバイクはぴったりです。ロードバイクやマウンテンバイクの場合、初心者から始めるのに20万以上はかかると言われています。

一方、クロスバイクは、ものにもよりますが5万円程度から購入することができます。ママチャリと比べたら高いと思うかもしれませんが、5万円であのカッコイイ自転車が手に入る、しかも通勤や休日のアクティビティにも使える、と思ったらなんだかお得な気がしてきませんか?

理由02. 初心者でも運転しやすい

クロスバイクはママチャリと同じように上体を起こした姿勢で乗ることができるため、初心者でも比較的運転しやすいといわれています。また、ハンドルがストレートタイプのものが多いため、違和感なく乗り換えできるという特徴があります。

理由03. カスタマイズできる

もし自転車の魅力にハマって「もっとこだわりの一台に乗りたい!」と思ったら、タイヤやサドル、ペダルなど豊富なパーツを自由に組み合わせて、好みの乗り心地にカスタマイズできます。

クロスバイク選びのポイント

クロスバイクを持つ男性
©solominviktor/Shutterstock.com

クロスバイク選びに大切なのは、自分の体や用途にピッタリあったものを選ぶことです。ここでは、クロスバイクを購入するときに必ず確認しておきたいポイントをまとめています。なんのためにクロスバイクを買いたいのか、用途をイメージしながら、選ぶときの参考にしてみてくださいね。

ポイント01. 正しいサイズを選ぼう

一般的にクロスバイクのサイズはシートチューブの長さ(13インチ、15インチやS、M、Lなど)で表示されることが多いです。そして、そのシートチューブの長さと自分の身長を照らし合わせることで、自分にぴったりなサイズのクロスバイクを見つけることができます。

例えば、自転車メーカーのSPECIALIZEDの公式オンラインストアのサイズチャートをみてみましょう。

【男性の場合】
・身長155〜165cm→S
・身長165〜175cm→M
・身長175〜183cm→L
・身長183〜193cm→XL

 

【女性の場合】
・身長145〜152cm→XS
・身長152〜160cm→S
・身長160〜170cm→M
・身長170〜180cm→L

サイズ表はメーカーや製品によって異なることもあるので、購入前にしっかり確認してください。

サイズがわかったらあとは試乗して、乗り心地を確かめてみると良いでしょう。オンライン購入も増えてますが、安い買い物ではないので、初心者の方は可能であれば専門店などで店員さんに相談しながら選ぶのが安心です。

ポイント02. フレームの素材で選ぼう

クロスバイクのフレームに使われる素材は主に3種類。アルミ、クロモリ、カーボンのいずれかが使われているものが多いです。それぞれの素材に特徴があり、重さや耐久性が異なるので、以下を参考にご自身にあった素材のクロスバイクを見つけてみてくださいね。

【アルミ】
・耐久性◎
・スピード◯
・振動吸収性▲
・重さ◯
・価格の安さ◯

 

【クロモリ】
・耐久性▲
・スピード▲
・振動吸収性▲
・重さ▲
・価格の安さ◎

 

【カーボン】
・耐久性◎
・スピード◎
・振動吸収性◎
・重さ◎
・価格の安さ▲

ポイント03. タイヤの太さで選ぼう

タイヤの太さはクロスバイクで走る時の安定感を左右します。クロスバイクに使われるタイヤの太さは25〜35Cが一般的。数字が小さい方が細く、数字が大きいほうが太いことを示しています。

タイヤが細いほうが地面との接触面積が小さくなるため、スーーーッと軽い走りになります。一方、タイヤが太い方が、タイヤの空気量が多いため振動が体に伝わりにくく、安定感のある乗り心地が体験できます。

次では、数あるクロスバイクのなかでも、初めてのクロスバイクとして検討しやすい5万〜10万の商品を特徴別に紹介していきます。

定番ブランドで選ぶ!
国内メーカーのクロスバイク2選

おすすめ01. BRIDGESTONEの「TBI」

TBI/BRIDGESTONE
©ブリヂストンサイクル株式会社

最初に紹介するのは、世界に誇る日本の自転車メーカー「BRIDGESTONE(ブリヂストン)」のクロスバイク「TBI」"通学・通勤”をテーマにしたクロスバイクは、傷害保険やスポーツタイプのライトも付いており安心。フレーム素材はアルミ、5万円以下で購入できます。カラーバリエーションも全7色と豊富!スターターモデルとして文句なしのクロスバイクです。

【メーカー名】BRIDGESTONE
【商品名】TBI
【販売価格】¥46800(税抜)※公式サイト参照
【サイトURL】https://www.bscycle.co.jp/items/bicycle/tb1/

おすすめ02. NESTOの 「VACANZE 1」

©NESTO

NESTO(ネスト)は一般ユーザー向けにも競技ユーザー向けにも偏りなく力を入れる国内自転車ブランドです。今回紹介する「VACANZE 1」は初心者の方にぴったりなクロスバイク。同価格帯のクロスバイクでは、トップクラスの軽さを誇っており、安定した乗り心地から、高い人気を集めています。

【メーカー名】NESTO
【商品名】VACANZE 1
【販売価格】¥55800(税抜)※公式サイト参照
【サイトURL】https://nestobikes.com/products/vacanze_1-k/

女性にもおすすめ!
おしゃれなクロスバイク2選

おすすめ01. BRIDGESTONEの「CHERO 650F」

CEHERO 650F/BRIDGESTONE
©ブリヂストンサイクル株式会社

こちらも01と同じく、「BRIDGESTONE」から出ているクロスバイク「CHERO 650F」。女性でも乗りやすい「ホリゾンタルフレーム」が使用されており、自転車を跨ぎやすい設計が特徴です。このレトロな質感、デザイン、色使い......見た目がとにかくかわいい!オシャレなクロスバイクが欲しいという人におすすめです。

【メーカー名】BRIDGESTONE
【商品名】CHERO 650F
【販売価格】¥55800(税抜)※公式サイト参照
【サイトURL】https://www.bscycle.co.jp/items/bicycle/greenlabel/chero/

おすすめ02. LOUIS GARNEAUの「SETTER8.0」

© louisgarneau.japan/Instagram

幅広いサイズが揃うこちらのクロスバイクは、カナダで生まれた「LOUIS GARNEAU(ルイガノ)」「SETTER8.0」。32Cという太めのタイヤを採用しているため、デコボコした街中でも安定した走りが期待でき、初心者の女性でも乗りやすいクロスバイクです。見た目もスタイリッシュ!

【メーカー名】LOUIS GARNEAU
【商品名】SETTER8.0
【販売価格】 ¥54000(税抜)※公式サイト参照
【サイトURL】https://www.louisgarneausports.com/setter8.0.html

アクティブな人へ!
長距離利用におすすめのクロスバイク3選

おすすめ01. Giosの「MISTRAL」

© GIOS-JOB international/Facebook

初めてのクロスバイクで海外ブランドを選ぶなら、イタリアの「GIOS(ジオス)」から出ているスターターモデル「MISTRAL」がおすすめです。GIOSといえばアイコニックなカラー「GIOS BLUE」が人気。また、快適性を求めたサドルを採用しており、長距離利用でもお尻が痛くならないのも嬉しいポイントです。

【メーカー名】Gios
【商品名】MISTRAL
【販売価格】 ¥56000 (税抜)※公式サイト参照
【サイトURL】http://www.job-cycles.com/gios/collection/detail/touringandurbanbikeseries/mistraldiscmechanical/index.html

おすすめ02. FUJIの「RAIZ」

©㈱アキボウ

「FUJI」は日本で100年以上前に誕生し、現在はアメリカに拠点を移して活動しているブランドです。そんなFUJIが「テンションが上がる乗り心地」をコンセプトに作った商品がこちらの「RAIZ」バイクとライダーの一体感を追求したデザインがファンの心を掴んでいるポイントです。

【メーカー名】FUJI
【商品名】RAIZ
【販売価格】 ¥59000(税抜)※公式サイト参照
【サイトURL】https://www.fujibikes.jp/2020/products/raiz/index.html

おすすめ03. TREKの 「FX 3 Disc」

FX 3 Disc/TREK
©トレック・ジャパン株式会社

「アウトドアなどアクティブなシーンでも使いたい」というあなたには、「TREK」「FX 3 Disc」がおすすめ振動吸収性が高まるカーボンをフォークに使用することで、アルミだけでは体感できなかった軽さと快適性を実現。長距離利用でも、高いクオリティを発揮してくれる一台です。

【メーカー名】TREK
【商品名】FX 3 Disc
【販売価格】 ¥82000(税抜) ※公式サイト参照
【サイトURL】https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/p/28474/

まとめ

ロードバイクやマウンテンバイクのいいとこ取りのクロスバイク。

ママチャリからの乗り換えや、電車やクルマに代わる街での移動方法を探している人、新しい趣味を見つけたい人は、ぜひクロスバイクも候補に入れてみてはいかがでしょう?

Top image: © iStock.com/Halfpoint
レイングッズを扱う「ワールドパーティー」が、安全面や機能面に配慮した、自転車に乗る人のためのポンチョ「レインバイシクルポンチョ」を自社ブランド「Wpc.」...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
ニュージーランドを拠点にする企業「Manta5」が水上をサイクリングできるバイク「HYDROFOILER XE-1」を開発。まったく新しいマリンスポーツギ...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
手軽に有酸素運動ができるエアロバイクは、おうち時間が増えて運動量が減ったという人にオススメのトレーニング機器。今回は宅トレに最適なオススメの「エアロバイク...
「しまなみ海道サイクリングロード」は今、海外のサイクリストたちからも注目を集めている。瀬戸内海に面した広島・尾道から愛媛・今治間に通じている、全長約70k...
「YuGa」は「ケイエム観光バス」と「ネスレ」が、日々の満員電車による通勤でお疲れの人々の一日の始まりを応援するため企画した通勤バス。豪華な設備の車内では...
最近どんどんと女性解放が進んでいるサウジアラビアでは、ランニングやサイクリングなどで使える運動用アバヤが販売されています。
『TABI LABO』の記事の中から“今すぐ買えるもの”をピックアップして、シチュエーションごとに紹介。2回目は通勤やオフィスで活躍してくれそうなアイテム...
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
8月6日、ブルックリン・ネイビー・ヤードで、スタートアップ企業「Optimus Ride(オプティマス・ライド)」の自動運転車の運行がスタートした。7:0...
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
毎日使う目覚まし時計に、こんな機能があったら便利。「Snorelax」は、数ある交通情報アプリの中でも通勤ルートに特化したもの。こんなサポートをしてくれま...
言うまでもなく、メインの素材はトラックの幌を再利用。すべて1点物。
阿蘇の雄大な自然を満喫できるアクティビティを紹介します。パラグライダー、サイクリング、ボルダリング、熱気球、ホーストレッキング、そのほかロープウェーなど。...
オランダを拠点に活動するデザイナーRoel Van Heurさんが自作したバランスバイクをご紹介。
1921年から「エスキモー・パイ」を販売する企業「Dreyer’s Grand Ice Cream」が、同商品の名称を変更すると発表した。
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
〈POINT6〉は、本格的な登山からトレッキング、さらにはサイクリングなど、アクティブなシーンから支持を集めているブランド。ウールのなかでも最高品質のメリ...
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
京急電鉄初の上り“着席保証列車”が登場し、話題になっています。こと首都圏において、朝の通勤電車は座席に座れないどころか、立っているのもやっと…。そんな中で...
都市空間での最適な移動手段を追求し続け、Folding BikeやCross Bikeを展開する「Tern Bicycles(ターンバイシクルズ)」。ここ...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...