「究極の座り心地」を実現して、4700万円を調達

自転車を構成するたくさんのパーツの中の1つにもかかわらず、クラウドファンディングサイトで2,000人以上が開発支援をした「シートポスト」がある。金額にして約4700万円を調達していることになる。

この「ShockStop Seatpost」は、2つのサスペンションを搭載し、究極の座り心地を実現したのだが、これはもう見てもらったほうがわかりやすいかもしれない。

衝撃をしっかりと吸収できる

ShockStop Seatpost」はサドルを取り付ける部分が上下する仕組みになっている。メンテナンスが追いついていないアスファルトの道路でも、しっかりと衝撃を和らげてくれるのでスムーズに走り続けられるということだ。

開発を手がけた「Redshift Sports」によれば、これを使えばお尻や腰、背中への負担を軽減できるという。ちなみに、もう1つのサスペンションはシートポストの内部に埋め込まれている。

ハイエンドなパーツではあるけれど、一度使ったらその乗り心地にハマってしまいそうだ。

Licensed material used with permission by Redshift Sports
他の記事を見る
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
「Keego」の素材は、“強い”金属としても知られているチタン。だけど、従来のスクイズボトルの特徴を受け継いで、つぶしながら飲めるようにもなっている。
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
『アリババ』は、11月11日の独身の日に、約2135億元相当の購入があったと公式サイトで発表しています。日本円にすると約3兆4700億円です。
「Make」の社員は、自転車通勤をすれば特別ボーナスがもらえる仕組みになっている。1日あたり5ドル。もしも1年の勤務日の半分以上に、自転車を使って出勤すれ...
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
クラウドファンディングでニュージランド出身のAndrew Lambieが出資を募るのはビーサン。すでに世に広まっているモノにも関わらず、約50万円を調達し...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
クラウドファンディングサイト「Indiegogo」から、2018年のイノベーティブプロダクト賞を勝ち取った月球儀「LUNAR」。約2300万円の資金調達に...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
クラウドファンディングで資金を募っているアイテムは、これまでにも様々紹介してきました。が、こんなにも支持を集めている商品には、書き手としてもなかなか出会え...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
アウトドアでもリビングでもいい。とにかく、ゆらゆらと週末の時間を楽しむのにピッタリな椅子だと思う。
2018年12月に、日本でも有名な飲料ブランド「glacéau vitaminwater」の公式Twitterアカウントが、1年間スマホを使わなかった人に...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...