お値段、約200万円の「宝石のような自転車」

ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまのニューヨークのサイクルシーンを牽引しているのは、ファッション業界の関係者たちだ。

ピストムーブメントの頃のようなスピードへの信仰とストリート性は鳴りを潜め、ツィードジャケットを身につけてクラシックな自転車に乗る「ツィードラン」のように、よりファッショナブルでスタイリッシュ、イベント性を秘めたものへと変わっていった。

ファッション業界を経て
自転車製作へ

th_AscariBW-13
ヘリオ・アスカリ氏が率いる自転車工房「アスカリ・バイシクルズ」は、そういったファッション業界関係者たちにとって垂涎の的とも言えるものだ。フラッグシップモデルにあたるThe Ascari Kingの値段は2万ドル。

もはや自転車というよりも、贅を尽くした美術工芸品といったほうが適当だろう。「宝石のような」と記述したが、実際にジュエリーを盛り込んだモデルもあるというから驚きだ。

ディレクターのアスカリ氏はもともとブラジルからの移民としてNYを訪れ、ファッションモデルとしてキャリアを積んできた異色の経歴を持つ。

幼少期にブラジルの鉄工所で育ち、クラシックなハンドメイドのモノ作りを学んできた経験、そして最先端のNYファッションシーンの現場に立ち続けた経験がアスカリ・バイシクルズの自転車には込められている。

そのモノ作りはラルフ・ローレンも魅了し、実際にコラボレーションモデルも製作している。

Hand made in USAという
走るための芸術作品

th_ascari king white 09112015-4903

アスカリ・バイシクルの製品はネジひとつに至るまですべて手作業で作られる。クライアントの使用目的や一日に乗る距離などをヒアリングしながら1台ごとに設計図面が引かれ、数ヶ月を掛けて製作される。

ハンドルひとつとってもスチールにカーヴィングが施された真鍮、黒檀製のハンドルエンド、バーテープとして巻かれた丸革紐など、目を見張るばかりのこだわりぶりだ。

そのディテールワークの精緻さは遥か昔、貴族たちが財を投じて作り上げたアールヌーヴォーの邸宅や宝飾品を思わせる。

自転車という道具にとって
“価値”とはいったい何か

th_ascari king -white 09112015-4895

一般的に自転車の価格は性能に比例する。使用者の体格に合わせてデザインし、カーボンやチタンなど最新の素材を使ったモデルはアスカリ・バイシクルと同じぐらいの値段で、もっとずっと軽量で速く走らせることができる。

しかし、最新の素材を使い、カーボンが割れたら捨てる以外に方法のない高額な自転車が、果たして本当に価値あるものと言えるのだろうか。エコな乗り物として自転車が注目を浴びているが、壊れたら捨てる以外に方法の無いものを選ぶことは、果たして本当にエコなのだろうか。

アスカリ・バイシクルズの自転車は19世紀に自転車が誕生した頃のものと基本構造や素材は変わらない。そして作り方も19世紀の頃と同じく、ひとつずつ職人の手作業によって作られる。だからこそ、たとえ壊れても直すことができ、乗り続けることができる。

価値あるものとは。エコとは。その答えはアスカリ・バイシクルズが掲げる“Looking back to move forward(前に進むために過去を振り返る)”というスローガンのなかに隠されているのかも知れない。


Licensed material used with permission by Ascari Bicycle Inc.

関連する記事

アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
自転車の動力を使ってコーヒーを精製する「ドライ・バイシクル・パイピング」を考案し、サステイナブルなコーヒー生産を続ける「GOOD COFFEE FARMS」。
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
ニューヨーク市ブルックリンに拠点を置く「CLIP.BIKE Inc」が開発した「CLIP」は、どんな自転車にも電動アシスト機能を加えられるガジェット。20...
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
アメリカの宝石会社が展開している「プロポーズアンバサダー」なる企画があります。投票で選ばれたカップルが、米国内の6都市をまわって最高のプロポーズ場所を見つ...
足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つのモードで乗ることが可能な幼児用自転車「Kiccle」が、先週4月5日(月)から発売!
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
9月15日まで、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をしている「Superstrata」は、シリコンバレーのベンチャー企業「Ar...
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
レイングッズを扱う「ワールドパーティー」が、安全面や機能面に配慮した、自転車に乗る人のためのポンチョ「レインバイシクルポンチョ」を自社ブランド「Wpc.」...
「Google マップ」の経路検索で「自転車ルート」の選択が可能に。状況に応じて、坂道やトンネル、悪路を避けてくれて、自転車にとって最短&最適なルートを提...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達にチャレンジしている「Green Disc」は、自転車のチェーンにオイルを注すためのアイテム。
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
電動自転車は重たく、持ち運びにくいというイメージを払拭する、折りたたみ式電動アシスト自転車「VELMO Carbon」。新しい3Dプリント技術を活用するこ...
ディスクグラインダーを使った自転車盗難の対策として開発された、史上最強クラスのU字ロック。
ドイツで生まれた自転車用リフレクター「FLECTR 360 WING」が、サイクリストの安全をしっかりと確保してくれそうだ。

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
トランスポーター(移動手段)としての車には、もう多くの人の興味が失われているとおもう。誰もが車をもてる時代をへて、今はカーシェアリングなんてあたりまえ。U...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
英国発のフレッシュハンドメイドコスメを展開するLUSHが、短編ドキュメンタリー映画『We the Bathers』を企画制作。