お値段、約200万円の「宝石のような自転車」

ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまのニューヨークのサイクルシーンを牽引しているのは、ファッション業界の関係者たちだ。

ピストムーブメントの頃のようなスピードへの信仰とストリート性は鳴りを潜め、ツィードジャケットを身につけてクラシックな自転車に乗る「ツィードラン」のように、よりファッショナブルでスタイリッシュ、イベント性を秘めたものへと変わっていった。

ファッション業界を経て
自転車製作へ

th_AscariBW-13
ヘリオ・アスカリ氏が率いる自転車工房「アスカリ・バイシクルズ」は、そういったファッション業界関係者たちにとって垂涎の的とも言えるものだ。フラッグシップモデルにあたるThe Ascari Kingの値段は2万ドル。

もはや自転車というよりも、贅を尽くした美術工芸品といったほうが適当だろう。「宝石のような」と記述したが、実際にジュエリーを盛り込んだモデルもあるというから驚きだ。

ディレクターのアスカリ氏はもともとブラジルからの移民としてNYを訪れ、ファッションモデルとしてキャリアを積んできた異色の経歴を持つ。

幼少期にブラジルの鉄工所で育ち、クラシックなハンドメイドのモノ作りを学んできた経験、そして最先端のNYファッションシーンの現場に立ち続けた経験がアスカリ・バイシクルズの自転車には込められている。

そのモノ作りはラルフ・ローレンも魅了し、実際にコラボレーションモデルも製作している。

Hand made in USAという
走るための芸術作品

th_ascari king white 09112015-4903

アスカリ・バイシクルの製品はネジひとつに至るまですべて手作業で作られる。クライアントの使用目的や一日に乗る距離などをヒアリングしながら1台ごとに設計図面が引かれ、数ヶ月を掛けて製作される。

ハンドルひとつとってもスチールにカーヴィングが施された真鍮、黒檀製のハンドルエンド、バーテープとして巻かれた丸革紐など、目を見張るばかりのこだわりぶりだ。

そのディテールワークの精緻さは遥か昔、貴族たちが財を投じて作り上げたアールヌーヴォーの邸宅や宝飾品を思わせる。

自転車という道具にとって
“価値”とはいったい何か

th_ascari king -white 09112015-4895

一般的に自転車の価格は性能に比例する。使用者の体格に合わせてデザインし、カーボンやチタンなど最新の素材を使ったモデルはアスカリ・バイシクルと同じぐらいの値段で、もっとずっと軽量で速く走らせることができる。

しかし、最新の素材を使い、カーボンが割れたら捨てる以外に方法のない高額な自転車が、果たして本当に価値あるものと言えるのだろうか。エコな乗り物として自転車が注目を浴びているが、壊れたら捨てる以外に方法の無いものを選ぶことは、果たして本当にエコなのだろうか。

アスカリ・バイシクルズの自転車は19世紀に自転車が誕生した頃のものと基本構造や素材は変わらない。そして作り方も19世紀の頃と同じく、ひとつずつ職人の手作業によって作られる。だからこそ、たとえ壊れても直すことができ、乗り続けることができる。

価値あるものとは。エコとは。その答えはアスカリ・バイシクルズが掲げる“Looking back to move forward(前に進むために過去を振り返る)”というスローガンのなかに隠されているのかも知れない。


Licensed material used with permission by Ascari Bicycle Inc.

「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
いま、神戸市在住の“とあるサラリーマン”が大きな注目を集めています。大島義史さん、31歳。実は彼、2015年12月末から2016年1月中旬にかけて、かねて...
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
ここに紹介する自転車は、どれも斬新なフォルムが目を引くものばかり。街乗り、フィールド仕様のコンセプトモデルかと思いきや、よく見ればどこかヘン。サドルがフレ...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
自転車を構成するたくさんのパーツの中の1つにもかかわらず、クラウドファンディングサイトで2,000人以上が開発支援をしたシートポスト「ShockStop ...
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...