「ママチャリ」になくて「BMX」にある謎のパーツの正体

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの追加種目(※1)に採用され注目を集めているBMX(バイシクルモトクロス)

競技で使われるBMX(車両)は、スポーツライドのためだけでなく、近距離の移動手段や“ファッションアイテム”のひとつとしても人気ですが、その多くに、街でよく目にするママチャリにはない特徴的なパーツが存在しているのをご存知ですか?

それは、ハンドルの窪(くぼ)みを横断するようにわたされた棒「クロスバー」

じつはこの「クロスバー」には、BMXの歴史が深く関係しているんです──。

現在ではストリートスポーツのイメージが強いBMXですが、もともとはダート(未舗装)コースでのタイムを争うスピード競技として誕生しました。

1970年代中盤、アメリカでオートバイのダートレースがブームとなり、まだバイクに乗ることのできない子どもたちが街乗り用の自転車でレースの真似事をしたのがBMXのはじまりとされているのですが、整備されていない荒れ地で全力でこがれる自転車はすぐに壊れてしまいます。

そこで、自転車の強度を高め、さらに“立ち漕ぎ”をした際にもハンドルバーがよじれるのを防ぐために装備されたのが、このクロスバーというパーツなのです。

また、金属製のクロスバーに乗り手の身体が当たった際の怪我を防止するため、バーには柔らかなウレタン製のパッドが巻かれることが多く、そこに企業名やロゴマークなどを配することで広告スペースとして活用されることも多かったのだとか。

ユニークな歴史をもち独自の進化を遂げたBMX......じつに興味深いカルチャーだと思いませんか?

※1/2020年の東京オリンピック・パラリンピックではBMX競技「フリースタイル・パーク」が追加種目に選出された。

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO
2020年の東京オリンピック・パラリンピックが近づき、ますます注目度を上げている「BMX」。そんなBMXのブレーキレバーにまつわる疑問にお答えします。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに採用が決定したBMX。その車両のブレーキがママチャリとは反対の「右が後輪、左が前輪」の理由とは?
タフな車体が自慢の「BMX」がサドルに壊れやすいプラスチック素材を採用している理由とは?
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの追加種目に選ばれた「BMX」の「小さなタイヤ」の謎に迫ります。
ストリートカルチャーの4大要素としても知られるグラフィティアートに特化した美術館「Museum of Graffiti」がフロリダ州マイアミに誕生!
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
鏡が張り巡らされ万華鏡となった入り口を通ると、そこには昔懐かしのテレビゲームのような世界が広がっていた。このステージの攻略に挑戦したBMXライダーはクリス...
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
オフロードレースで選手がかぶっているヘルメットの「ひさし」の役目は「日除け」ではない?!
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
最終章のブルーレイ&DVDリリースを記念して「ゲーム・オブ・スローンズ展」が12月13日~25日の13日間「渋谷ロフト」で開催。
ミシガン州ポンティアックにあるシルバードームは、2002年までNFLのチーム、デトロイト・ライオンズのホームだった。様々なイベントが開催され、かつては毎週...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
本格アウトドアシーズンに向けて準備しておきたい「最高においしいビール」を飲むためのギア&グッズを厳選してご紹介! オシャレと実用性を兼ね備えた一品をぜひ!
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
フルーツではなく野菜をメインにしたベラルーシ産「野菜グミ」
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、CONANの『Volt Thrower』です。
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
バランス感覚を養うことで、補助輪なしでもすぐに自転車に乗れてしまうとあって(わが家も一発OK)、いまや子どもたちの三種の神器のひとつとも呼べるのが、ストラ...
過酷な状況でもユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できるように様々な機能が盛り込まれたアウトドアのギア&グッズは「旅行」でも多くの快適さをもたらしてくれま...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
ディスクグラインダーを使った自転車盗難の対策として開発された、史上最強クラスのU字ロック。