BMXの「ブレーキレバー」が短い理由

スポーツライドのためだけでなく、エクストリーム系のスタイルやファッションを楽しむ人たちの小道具としても人気の自転車・BMX

小さなタイヤと無骨なフォルムが特徴的なBMXですが、その車体をじっくりと観察してみると、街でよく見かけるママチャリなどとは異なる点がたくさんあることに気づきます。

そのひとつが、ブレーキレバーの長さです。

多くのママチャリのブレーキレバーが人差し指、中指、薬指、小指の4本の指がかかる長さであるのに対して、BMXは人差し指と中指の2本がかかる程度の長さ(※1)しかありません。

なぜ、BMXには短いブレーキレバーが採用されているのでしょうか? そこには、こんな理由があったんです──。

BMXという競技と車両は、1970年代のアメリカで誕生しました。オートバイのモトクロスレースが人気を博し、子どもたちが自転車でそれを真似たことが起源なのですが、そもそもは4本の指で握り締める、現在のママチャリと同様のブレーキレバーが使われていました。

しかし、荒れたダート(未舗装)コースをシートから腰を浮かせた“立ち漕ぎ”で全力で漕ぎ続けるには、グリップを握る力をかたときも緩めることはできません。

そこで、薬指と小指でグリップをしっかりと握りつつ、人差し指と中指の2本の指の力で十分な制動性能を得られる短いブレーキレバー、通称「ツーフィンガーレバー」が開発・装備されたのでした。

現在、ダートコースでのゴールまでのタイムを競う「レース」のほか、技の華麗さや難易度の高さを争う「パーク」や「ストリート」など、様々な競技種目をもつBMXでは、それぞれの競技の特性に合ったブレーキスシテムを採用していますが、好みのパーツを使ってオリジナルの一台を組み上げるのもBMXの楽しみ方のひとつ。

乗る喜びだけでなく、作る喜びも味わえるBMXの世界を、どうぞお楽しみください。

※1/指3本分の長さの「スリーフィンガーレバー」なども存在する。

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに採用が決定したBMX。その車両のブレーキがママチャリとは反対の「右が後輪、左が前輪」の理由とは?
タフな車体が自慢の「BMX」がサドルに壊れやすいプラスチック素材を採用している理由とは?
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの追加種目に選ばれた「BMX」の「小さなタイヤ」の謎に迫ります。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催が近づき注目度が高まる「BMX」。その車両に装備された特殊なパーツの正体とは?
鏡が張り巡らされ万華鏡となった入り口を通ると、そこには昔懐かしのテレビゲームのような世界が広がっていた。このステージの攻略に挑戦したBMXライダーはクリス...
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
オフロードレースで選手がかぶっているヘルメットの「ひさし」の役目は「日除け」ではない?!
ミシガン州ポンティアックにあるシルバードームは、2002年までNFLのチーム、デトロイト・ライオンズのホームだった。様々なイベントが開催され、かつては毎週...
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
バランス感覚を養うことで、補助輪なしでもすぐに自転車に乗れてしまうとあって(わが家も一発OK)、いまや子どもたちの三種の神器のひとつとも呼べるのが、ストラ...
レバー好きという人でも、レパートリーに偏りが出てしまうのがこの食材。炒めたり、煮込んだり、揚げたりしてみても、他のお肉ほどにはバリエーションが出にくいもの...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。