人気キャラクター「ナウガモンスター」の誕生秘話がおもしろい!

アメリカ雑貨のコレクターやビンテージマニアの間で人気のキャラクター「ナウガモンスター」

このキャラクターは「ユニロイヤル」というアメリカ企業の合成皮革ブランド「ナウガハイド」のキャンペーンキャラクターなのですが、誕生の理由がじつにおもしろいんです。

1900年代の前半に発明された合成皮革は、動物の皮革に比べて安く、丈夫で、加工しやすかったことから、ソファーや椅子といった家具、自動車やバイクのシートなどに使用されて一気に市場を広げますが、メーカーにはこんな問い合わせが殺到します。

「この皮革は、どんな動物のもの?」

当時の最先端技術を用いて開発した合成皮革について理解してもらうことを難しいと判断したメーカーは、ユーモアを交えてこう答えました。

「これはナウガという動物で皮です。ナウガは脱皮する動物で、その脱ぎ捨てられた皮を使っているので、動物を殺すことなく手に入れることができます」──。

そんな経緯で誕生した架空の動物・ナウガですが、その後、端切れ(余った生地)で作られたノベルティの人形が話題となり、現在もアメリカを代表する人気キャラクターとして愛され続けているんです。

ちなみに、このナウガの皮(ナウガハイド)は、デザイン界の巨人、チャールズ・イームズのチェアなどにも使われるほどの高い信頼性を誇ります。

一流デザイナーも認めた素材が、こんなブサカワな動物の皮だなんて、なんともユニークな逸話ですよね。

おすすめ記事

Top image: © 2019 TABI LABO
他の記事を見る
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
東京生まれの東京育ち。1998年生まれの20歳。
「ROSTER SOX」の靴下です。色で遊べ!#8
アメカジの定番アイテムである「スウェット」の「リブ」に隠された秘密をご紹介します。
アメカジの定番アイテムであるオーバーオールのフォルムには、こんな秘密が隠されていました!
美術館にあるアートは触らないのが原則です。ほとんどの場合、ちゃんと「触らないでください」というサインも用意されています。そんなダメだと言われていることをや...
先日、米テキサス州オースティンのダウンタウンで「空からタコスが降ってきた」と話題に。同都市発祥のタコスレストランのプロモーションだったのですが、動画を見る...
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
バレンタインのギフト候補に、「BP.」のミラーやチューブホルダーをリストイン!
2019年までにオフィスや社員食堂から使い捨てプラスチックを廃止すると明言し、環境対策に力を入れているVolvo。少しでも水質汚染を良くしようと、彼らはシ...
Simone Crestaniさんが創る「ガラス盆栽」は、吹きガラスという製法を用いられ、優美な雰囲気を醸しています。ピンクに色づけされたものは、今の時期...
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
いつかは泊まりたい世界の宿 #9
ひとりの男性が警察署に足を運び、「とあるオンナに心を奪われてしまった。オレの心を取り戻してほしい」と報告したそう。
「Iria Ashimine」のアクセサリーには、つねに変化しつづける自然界のみずみずしい姿が、繊細に表現されています。
パリの主要ターミナル駅のひとつ、リヨン駅。ここから少し歩いたところにあるクレミュー通りに暮らす住民が苦情を申し立てています。
大手ファストフードチェーン店「ジャック・イン・ザ・ボックス」のキャラクター変更には、世間を揺るがした大事件が関係してた!
くちびるの動きに合わせて、キャラクターを動かすメイクアップアーティストのSandra Changさん。くちびるの動きとキャラクターがぴったりと当てはまり、...
ディズニーのキャラクターっていえば、誰が頭に浮かんでくるでしょうか?アラジン、ピノキオ、それともニモ…。じつにたくさんのキャラが存在するわけですが、そこに...
地獄の底から這い上がってきたようなバケモノの姿をしたウォーリーやドナルドたち。これは、デジタルアーティストのWil Hughesによる作品で、彼がもともと...
いま、タイで超人気のキャラスイーツ名人、songsweetsongさん。彼女の手にかかれば、誰もが知っているあのキャラクターたちが美味しく“変身”してしま...
2010年に生誕60周年を迎えた、大ヒット漫画『ピーナッツ』。同年、それを記念して、「ラコステ」との初のコラボレーションが実現しました。そして、迎えた20...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
「いやいや、どこに顔を描いてるの!」と突っ込みたくなるアート(?)をご紹介。アーティスト・Ana Hell氏の手にかかれば、なんと「人の背中」だってキャン...
『ドラえもん』で知られる藤子・F・不二雄氏の作品で1番僕が好きなのは『21エモン』かもしれない。宇宙へ旅に出たくて旅をする少年21エモン。そのキャラクター...
「BatBnB」はコウモリのために作られた宿泊施設。なんだか洒落た名前がついてはいますが、シンプルに言ってしまえばただの巣箱です(笑)。
誰もが知るキャラクターたち。映画やアニメの世界だと大活躍するものの、現実世界に登場させたら話がおかしくなってしまった…。そんな笑える7枚のイラスト。疲れた...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
もじゃもじゃのカーリーヘアの悩み多きな女子がキャラクター。一見派手なヘアスタイルにには様々な問題が…。そんな彼女の心のつぶやきを描いたイラストが、Inst...
手作りらしく、よく見ると凸凹部分もあるし、色ムラもある。蓋だってサクッと開閉できるわけじゃない。
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
右の画像、一見イラストのように見えますが、じつはボディペインティングでコスプレした女性の姿。彼女のInstagramにアップされたアメコミらしさ満点の“動...
画像検索をしたキャラクターと風景や人を組み合わせるLes Photos De Francoisの写真。キッカケは、ジョークのつもりで友人の子どもと画像を合...