「E.T.」の名シーンに「日本製の自転車」が使われた理由って?

「エイリアンの存在を公表した際に世間が混乱しないよう、大衆に“耐性”をつけるため、アメリカ政府がスティーブン・スピルバーグに命じて作らせた」といった都市伝説の題材になるほど話題となった1982年公開のSF映画『E.T.』

少年と宇宙人の心の交流を描いたこの作品の名場面といえば、ポスターのビジュアルにもなっている、少年がこぐBMXのカゴに宇宙人E.T.が乗って満月が輝く夜空を飛んでいるシーンですが、あの自転車が「日本メーカーのもの」だということを知っていましたか?

メーカーの名は「KUWAHARA(クワハラ)」

「KUWAHARA」の自転車がSF映画の金字塔として語り継がれる『E.T.』に起用された理由にはふたつの説があります。

まずひとつ目は、もともと日本製の自転車パーツを海外に輸出する商社だった「KUWAHARA」に、日本のパーツのクオリティーの高さに惚れた製作会社・ユニバーサルが映画のための自転車の製作をオファーしたというもの。

そしてもうひとつが、監督のスティーブン・スピルバーグが撮影スタジオの近所で遊ぶ子どもたちに「欲しい自転車は?」と聞いたところ、なんと8割以上の子どもたちが「KUWAHARA」と答えたというものです。

また、「KUWAHARA」には母音が多すぎて子どもたちは「クワハラ」とうまく発音することができず、「クゥーイー! クゥーイー!」と愛称で呼んでいたなんて話も......。

ともあれ、世界的な監督による名作映画の名シーンで日本の製品が使われていたなんて、なんとも誇らしい気持ちになりますよね。

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO

おすすめ記事

タフな車体が自慢の「BMX」がサドルに壊れやすいプラスチック素材を採用している理由とは?
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの追加種目に選ばれた「BMX」の「小さなタイヤ」の謎に迫ります。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックが近づき、ますます注目度を上げている「BMX」。そんなBMXのブレーキレバーにまつわる疑問にお答えします。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催が近づき注目度が高まる「BMX」。その車両に装備された特殊なパーツの正体とは?
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに採用が決定したBMX。その車両のブレーキがママチャリとは反対の「右が後輪、左が前輪」の理由とは?
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
オフロードレースで選手がかぶっているヘルメットの「ひさし」の役目は「日除け」ではない?!
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
勝機を見出したIKEAは、医療用3Dプリンター技術を有するデザイン事務所「UNYQ」とeスポーツに特化した教育機関「Area Academy」の協力を得て...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
飲んで、食べて、腕を磨く。渋谷にある「卓球タウン」T4 TOKYO〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目12−16 ASIA BUILDINGhttp...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
8月6日、女性のエンパワーメントを推進する目的でデートアプリ「Bumble」が、eスポーツ団体「Gen.G」と共同で、女性だけのeスポーツチーム「Gen....
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
渋谷発の卓球ができるレストラン&バー「T4」が大阪・難波に進出。8月20日に「T4 CAFE NAMBA」がオープン。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...