聴覚障がいを持つ映画監督、耳が聞こえないのは障害ではない。

私は耳が聞こえないことを
障がいだとは思わない。

そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。
学校では友達の輪に入ってお喋りをすることができず、家に帰っても家族が楽しそうに見ているテレビを一緒に楽しむことができない。唯一の楽しみは、父親が毎週借りてくれた字幕付きの洋画だった。

movie about communication

しだいに今村さんは映画監督になりたいという夢を抱くようになり、19歳の時にアメリカ留学。映画制作を学んだ。1年後に帰国し、ドキュメンタリー映画の制作をスタート。
聞こえる人と聞こえない人の間に立ちはだかる「障がい」という壁を取り払おうと、ろう・難聴者を取り上げた作品を30本近く制作してきた。

これまでの作品を通して彼女が学んだ事は「聞こえる人との会話が難しい」のは ”聞こえないから” ではないということ。海外旅行で言葉の通じない国へ行き、「現地の人との会話が難しい」のと同じ。現地の人と手ぶり身ぶりで一生懸命コミュニケーションをするのと同じように、聞こえない人も聞こえる人との会話をあきらめず、どうしたらお互いにスムーズにコミュニケーションができるのかを考えながら、筆談、ジェスチャーなどの方法を実践していくことが大切なのだという。

自転車で日本縦断をして、
出会った人たちとの
ふれあいを映画にしたい!

movie2

そして、今回撮るのは、自転車で日本を横断し、訪れた地域で出会った人たちとの交流を記録した映画。

去年、今村さんは初めてクロスバイク(スポーツ自転車)を購入。自転車では行けないと思っていたところでも、自分の力で行けてしまうことに驚き、感動したという。
母と祖父が亡くなって、生きる気力を失い、映画製作に対する意欲も湧かなかったときですら、自転車に乗ると元気が出てきたそう。

movie3

その「コミュニケーション」と再度、向き合う元気をくれた自転車で日本を縦断し、訪れた地域で出会った人たちとの交流を通して感じたこと、考えたことを映画にしようと思ったという。

悩んでいる人たち、
自分を変えようとしている
人たちのためにも

movie4

コミュニケーションに悩んでいるのは、耳が聞こえない人たちだけではない。彼女の作品を観た健聴者からも「コミュニケーションについて考えさせられた」という意見も多く寄せられた。この映画が、そんな悩みを持つ全ての人へのエールなれば…と彼女は言う。

現在、今村さんはこの映画を製作するための費用をREADYFORで募っている。彼女の新たな挑戦にぜひ、協力をお願いしたい。

btn_readyfor_150423

関連する記事

耳の聴こえない人はどうやって気になる人をデートに誘ったり、誘われたりするの?耳が聞こえる、手話ができない人との恋愛は?など、普段は聞けない聴覚障害者の恋愛...
世界初のセレクトショップ「コレット」。その閉店までの日々を追ったドキュメンタリー映画『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』」...
日本の高校野球を追ったドキュメンタリー映画『KOSHIEN: JAPAN’S FIELD OF DREAMS』がニューヨークでワールドプレミア決定。
アメリカの世界的バンド、ビースティ・ボーイズ。彼らの軌跡を辿ったドキュメンタリー映画『ビースティ・ボーイズ・ストーリー』が、Apple TV+にて独占配信...
明治大学で微生物学を研究する村上周一郎教授が、熟成肉を製造するレストラン経営者と協力し開発した「エイジングシート」
聴覚に障害のある人たちに、ある質問をした「Cut」のインタビュー動画がいま注目を集めています。彼らにとって、それはとてもデリケートな問いかけ。「今までされ...
映画『CASSHERN』『GOEMON』『ラスト・ナイツ』の紀里谷和明監督が挑む新作『新世界』の制作に先駆け、パイロット映像の制作応援サポーターの募集が「...
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
2019年度アカデミー賞®長編ドキュメンタリー部門受賞作品『フリーソロ』が、9月6日に公開される。
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
高級ホテルチェーン「ローズウッドホテルズ&リゾーツ」が日本初進出となる「ローズウッド 宮古島」を2024年に開業すると発表した。
今、Spotifyでほぼ無音のアルバムが公開されている。7曲あるとはいえ、再生して聞こえてくるのは風のような音だけだ。
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
マレーシアのクアラルンプールにある、スターバックス。コーヒーの豊かな香り、一杯ずつバリスタが淹れる光景、一見普通の店舗と同じように見えるかもしれませんが、...
『ラ・ラ・ランド』を手掛けたダミアン・シャゼル監督が、iPhoneでショートフィルムを撮影。迫力のあるアクションシーンを含む全編がYouTubeで観られる!
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
台湾を代表する映画監督、ツァイ・ミンリャンが手がけ、ヴェネチア国際映画祭で発表&絶賛された『蘭若寺の住人』が、東京・六本木の「ANB Tokyo」にて期間...
パッシブ、アクティブ両者のノイズキャンセリング機能が搭載されている耳栓「QuietOn」の紹介です。
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
「大阪芸術大学」のアートサイエンス学科新校舎の完成までを追ったドキュメンタリー映画『建築と時間と妹島和世』が今秋公開予定。監督はホンマタカシが担当。
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
今年の「SXSW」は新型コロナウイルスの影響で中止に。主催者は映画祭受賞作品をオンライン審査で発表し、現在、同賞に集まった50本以上もの短編映画作品が無料...
「世界でいちばん貧しい大統領」と呼ばれた、南米の小国・ウルグアイの第40代大統領「ホセ・ムヒカ」を、若手日本人監督が追ったドキュメンタリー映画『ムヒカ 世...
映画『アイリッシュマン』を日本国内のスクリーンで観ることは諦めるしかない。日本では11月5日に「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」で3回上映されるのみ。チケ...
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
『黒帯KURO-OBI』『ハイキック・ガール!』など、凄いアクション映画を日本から世界に送り出すことを可能にした映画監督西冬彦。海外の映画を買い付けるバイ...