聴覚障害者が教えてくれる、リアルな「ぶっちゃけ」恋愛事情。

障害者の恋愛というと、物語の中では悲恋とか、とにかく切なく純粋な、美しいもののように描かれがち。でも誰でもそうであるように、恋愛にはもっとリアルなぶっちゃけ話もあるものなのだ。

「この誘い方は無いわ〜」「あの人、絶対メロメロにしてやる!」「こうやって相手を落とすんだよ」などなど、ここでしか聞けない聴覚障害者なりの「恋愛テク」を集めた「Cut」の動画をみてみよう。

そもそも相手はどんな人?

今は、同じように耳の聴こえないガールフレンドがいるよ。

実は逆に、聴覚障害者とデートしたことがないんだよね。デートもセックスも耳の聴こえない人とはしたことないな

どんな風に声をかけたり
かけられたりするの?

「こんにちは~」とか「ハーイ!」って挨拶をしたら、即、とびっきり可愛いチャーミングな手話でメロメロにするのよ。

アプローチしたいなら、まずは肩をたたくことね。聴覚障害者にとっては話しかける時に肩をポンポンとたたくのはとても礼儀正しいことなの。いきなり顔を覗き込んだりしないで!

マッチングアプリで出会った人と関係を持つこともあるよ。アプリにしろそうじゃないにしろ、会う前には僕が聴覚障害者だってことを伝えておくんだ。まぁ一夜限りの関係ならあんまり話す必要もないしね!

そうね、とりあえず飲むとか。とってもいい手だわ。私は普段から紙とペンを持ち歩いているから、そこから筆談を始めるの。いろんな人と遊ぶのは大好きで、毎日アプローチしまくってるわ。

手話を知らない人との恋は?

スタッフ:一番ひどかったデートはどんな感じ?

デートだから抱き合うんだけど、それってとっても大変なのよね。だって抱きしめられてたらハンドサインをしたくてもきないんだもん。近すぎるとジェスチャーも見えないからちょっと下がらないとだし。

っていうか、相手が手話をしない人だとそのことすら気づいてもらえなくて、手を繋ぐにもなんだかぎこちなくなっちゃったりもするのよ。で、逆になぜか相手が気を使っておどおどして、私が「大丈夫よ」ってクールに安心させたりとか。

耳の聞こえる人と付き合う時には、相手にもちょっと手話を学んでもらわないととは思ってるよ。話が通じなくなっちゃうこともあるからね。

「えっ!?なんだって!?」って何回も聞き返すのはお互いによくないしさ。

スタッフ:相手が手話を身に付けようとしてくれたら、魅力的に見えたりする?

う〜ん、そりゃ、身に付けてくれたら望ましいけど、簡単じゃないし時間もかかるから絶対とは言わないわね。ホントよ。別に筆談って手もあるし。

最後に…
とっておきの決め台詞、教えて!

痛くなかった?天国から落ちてきて。…とか?(笑)

もしかして、君のお父さんはパン屋さんなの?いや、お尻があんまりにもふっくらしてるからさ!

あなたってマクドナルドみたいね。「I'm lovin'it」〜

…なんてね。実はこういう口説き文句みたいなの、しないほうがいいのよ。

相手が誰だろうとデートでは自分らしくいればいいってこと。自由におしゃべりして…そうすればなるようになるわ。

どう?彼らのホンネのトークを聞くことで、今まで思いもよらなかった新たな発見もあったのでは?

障害を抱えてたって、それぞれ自由に生き生きと恋を楽しむ姿が眩しいこの動画。身振りと表情を豊かに使って話す姿は、確かにチャーミングで惹かれてしまう。

日本のテレビなんかでは「障害者は純真無垢でひたすら健気」とだけ描かれがちな気もするけど、こういう人間的な魅力ももっと広まっていくといいな、と個人的には思う。

Licensed material used with permission by Cut(HP), YouTube, facebook, Twitter
メイク方法を紹介しているビューティーブロガーCatherine Martinezさん。聴覚障害者の人たちとの壁をなくすために、手話を使って動画を配信しています。
聴覚に障害のある人たちに、ある質問をした「Cut」のインタビュー動画がいま注目を集めています。彼らにとって、それはとてもデリケートな問いかけ。「今までされ...
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
山に登るという行為の理由は、それを経験したことがない人に説明するのは難しい。ただし、どこか詩的な余韻を残したジョージ・マロリーのことば「そこに山があるから...
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
バルセロナのショッピングモール「L'illa Diagonal」の25周年を記念して、同施設の屋上に設置されたアート。ワイヤーメッシュで創られたそれは、角...
ヘッドセットに高速高解像度カメラが埋め込まれていて、ユーザーはディスプレイに映し出された画像を見ることができます。手持ちのコントローラーで、コントラストや...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
JessicaとLiannaの姉妹は、電動の車イスで暮らす、身体障害者。デザイナー兼イラストレーターであるふたりは、自分たちの日常をイラストで紹介していま...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
以前、テイラー・スウィフトのコンサート会場内に、顔認証システムが搭載されたカメラが仕込まれていました。セキュリティ対策の一貫だったということですが……。プ...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
不安を感じやすいって悩んでいる人がいるのなら、「Asap Science」の動画を見て欲しい。見たからって決して解消されるワケじゃないのだけど、なぜ不安に...
リハビリ機能を名目にした施設ではなく、障害を抱えていても健常者と同じように肉体を鍛えるためのトレーニングジム。言われてみればこうしたジムは確かに少ない。こ...
22歳のSonaksha Iyengarさんは、インドのバンガロールを拠点に活動するアーティスト。彼女が描くイラストシリーズ「#AtoZofMentalH...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
障害者に対して入場料の割引を実施しているテーマパークはたくさんある。けれど、入場してから本当に楽しめるかどうか、は別の話ではないだろうか。きっと、パーク内...
時々セレブが患っているとしてその名があがる、強迫性障害(OCD)。あなたはどれほど説明ができるだろうか?身近でこの疾患にかかっている人がいなければ、詳しい...
子どもの頃、障害物コースが好きだった。普通の公園に物足りなさを感じていた僕たちにとって、丸太やタイヤやロープなどで作られた空間は、新鮮で、胸が高鳴る興奮を...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
日頃の彼の行動、改めて思い出してみてください。