障害者も思い切り楽しめるテーマパーク。細やかすぎる気配りに脱帽

障害者に対して入場料の割引を実施しているテーマパークはたくさんある。けれど、入場してから本当に楽しめるかどうか、は別の話ではないだろうか。きっと、パーク内には健常者には見えない障壁が少なからずあるだろう。じゃあ、全ての人が楽しめる、真のバリアフリーって?

それを追求したテーマパークがテキサス州に登場。あらゆる工夫がなされた、本気の取り組みを紹介しよう。

開発から取り組んだ車椅子で
アトラクションを楽しめる

「全ての人に素晴らしい思い出を」がコンセプトの「Morgan's inspiration waterpark」は、車椅子の人も何不自由なく楽しめるよう、パーク内専用の車椅子を開発。これは、空気の力で動くもので、手動のように疲れることもなければ、電動のようにバッテリーや水濡れに気をつける必要もナシという優れもの。

また、車椅子に乗ったまま楽しめるアトラクションもたくさん取り揃えてある。乗り降りを気にして思いっきりはしゃげない、なんてこともない。

人混み対策もばっちり
パニックや迷子も防止

身体障害だけでなく、パニック障害や認知障害の人、その付き添いの家族にも安心して遊んでもらうため、人混みにも気を配った対策がなされている。

まず入場制限で「混みすぎ」を防止。さらにクワイエット・エリアを設けることでストレスを感じた人が休むことができるように配慮した。

もしも迷子になっても大丈夫なように、ウォータープルーフのGPS内臓のリストバンドも配布。はぐれたらこれを使って、相手の現在位置を確かめることができるのだ。

オープン時には
障害者団体も協力

パーク開設にあたっては、パークコンサルタント、医者、療法士、身体障害者などを対象とした特別教育の先生、介護士、さらには障害者の権利団体とも提携。

オープン前には実際に障害者の人々に一足早く遊んでもらい、フィードバックをもらうことで試行錯誤を重ねた。他の追随を許さない、行き届いたサービスはたくさんの人の協力によってできているのだ。

すべての人の
「できること」を広げたい

この他にも、パーク内で撒かれている水の温度の自由調節や、敏感な人に向けた水質管理、アトラクションでの支援スタッフの配置など、細かなサービスを挙げるとキリがない。

今まで障害を理由に諦めていたことが体験できる、あらゆる可能性の広がる空間。健常者も障害者も、本人も付き添いの家族も、すべての人のための場所。その実現のために力を尽くしたこのパークは、今までにない存在として注目を集めている。

Licensed material used with permission by Morgan's Wonderland
完璧にというには程遠いが、ジェンダー不平等は解消されつつある。カリフォルニア州バークレー市は、単語に含まれるジェンダー差までもなくすつもりだ。
『アベンジャーズ』初のテーマパーク「Avengers campus(アベンジャーズキャンパス)」がアメリカの「ディズニー・カリフォルニア」に登場!
今年、ロサンゼルスのショッピングセンター「サンタ・モニカ・プレイス」に、スーパーモデルのTyra Banksが手がけるテーマパークがオープン予定。その名も...
耳の聴こえない人はどうやって気になる人をデートに誘ったり、誘われたりするの?耳が聞こえる、手話ができない人との恋愛は?など、普段は聞けない聴覚障害者の恋愛...
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
視覚障害を抱えるスケーターJustin Bishopさんがトリックを決められるように、イノベーションラボ「Not Impossible Labs」とオンラ...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
「VANTERTAINMENT FES vol.0」は、滞在場所もエンタメブースも、車中泊仕様のバンで完結する完全移動式テーマパーク。
ヘッドセットに高速高解像度カメラが埋め込まれていて、ユーザーはディスプレイに映し出された画像を見ることができます。手持ちのコントローラーで、コントラストや...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
あらためて話題となっているのがゲーム障害だ。この問題は中国だけでなく、世界中で危惧されている。今年の5月には世界保険機関(WHO)がゲーム障害を“国際疾病...
「長田工業所」が自社の工場を開放して作った、溶接や金属加工で遊べて学べる溶接のテーマパーク「アイアンプラネット」が、2、3号店をそれぞれ栃木と神奈川にオー...
JessicaとLiannaの姉妹は、電動の車イスで暮らす、身体障害者。デザイナー兼イラストレーターであるふたりは、自分たちの日常をイラストで紹介していま...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
飼育費や犬アレルギーのため飼いたくても飼えない人のために生まれた「Theia」。片手で持てるデバイスで、ユーザーの手を行き先の方向に動かし道案内をしてくれ...
光をエネルギーとして活用し、触媒に酸化チタンを用いた「MUON~無音~Lampscape」。
「ファンケル」から発売された「抗菌やさしい潤いマスク」は、抗菌、保湿、苦しくない設計、繰り返し使用の4つの機能性と、肌への優しさを追求したマスク。
スペインの自治州エストレマドゥーラ州に2023年、スマートシティ「Elysium City」が誕生予定。1200ヘクタール(東京ドーム256個分)という広...
回収用に設置された自動販売機に空のペットボトルを入れるだけ。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
今、Spotifyでほぼ無音のアルバムが公開されている。7曲あるとはいえ、再生して聞こえてくるのは風のような音だけだ。
リハビリ機能を名目にした施設ではなく、障害を抱えていても健常者と同じように肉体を鍛えるためのトレーニングジム。言われてみればこうしたジムは確かに少ない。こ...
東京・有明に2020年4月25日オープンする世界最大の屋内型ミニチュア・テーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO」。注目はミニチュアで復元される...