喜び

NY在住25年のアーティストMADSAKIさん監修、英語表現研究会による著書『正しいFUCKの使い方』(トランスワールドジャパン株式会社)は、もう一歩向こ...
マッシュポテトをつくって、卵黄とバターを混ぜてオーブンで焼く。これだけのレシピでもフランス人の手にかかれば、見た目もかわいい一品料理に早変わり。メレンゲの...
出産の痛みって、男性には経験できないものですよね。でも、筋肉を電気で刺激することで擬似体験はできるようです。動画には、「母になる痛み」を味わう実験に参加し...
人は総じてより楽しい感情を持ちたいと考えているけれど、実際の感情が「希望していた感情」であるほど、人生の満足度が高い。それが怒りであるか、喜びであるかは関...
「カチャーシー」。三線の音色に合わせて独特なスタイルで手をひねる、あの沖縄特有の踊りをそう呼びます。あなたも一度は目にしたことがあるかもしれません。ウチナ...
4歳の男の子が欲しいのは、生まれた時からなかった自分の右手。そんな息子の願いを叶えるために、パパが3Dプリンターで作った義手をプレゼントする。新たな右手を...
『君の名前で僕を呼んで』、2018年4月27日(金)より全国ロードショーです。
現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。投稿内容をいくつか見てみよう。「ロンドンが燃える姿を眺め...
現在マサチューセッツ州在住のジェフリーさんは、ビザや経済的な理由からアフリカ・ガボンに住む家族に会えず、弟とは4年、母親とは10年、顔を合わせていませんで...
ついこの前2017年になったばかりかと思ったのに、もう4月。新年に立てた目標も、いつのまにか春がきて…と、時間が過ぎるのは本当に早いですよね。時間は刻一刻...
「KNIT MITT NET」で、大切な人に思いを伝えてみるのはどう?。本気でプレゼントとするのもいいけれど、少しギャグっぽく渡すのもアリかもしれない。国...
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...
32歳にして小学校教師から料理人へと転職を果たし、わずか6年でトップシェフとなった鳥羽周作さん。東京・代々木上原の「Gris」は、人生を豊かにかえる味と時...
以前のぼくは「欲しいモノを持っていない」自分を不幸に感じていた。しかし本当は僕の願いはすべて叶っていたし、欲しかったものはすべて持っていた。家も仕事も服も...
人間の内面に焦点をあてる「Power of Positivity」。どの記事も“やればできる感”を与える内容が印象的です。ここでは、「自信をなくした時に思...
子どもにとって、ぬいぐるみとは大切な親友のような存在です。米フロリダ州に住む6歳の少年、オーウェン・レーク君はヒューストンへ旅行に行く途中、大親友のトラの...
ありふれた日常生活から、困難に陥った時まで。支えてくれる家族がいたからこそ、あなたは優しく、強くなれるーー。「Thought Catalog」でそう語るの...
少しでも今ある自分、現状を変えたいと思っていても、どうしたらいいのかと頭を捻る人は多いはず。「I Heart Intelligence」の記事は、そんな人...
ここで紹介するのは、54億円が当たった瞬間をおさめた貴重な動画。わずか26秒ですが、人が歓喜する様子を鮮明に捉えています。「ギャー」「オーマイガー」宝くじ...
バレンタインデーの日。NYの地下鉄でちょっと嬉しいサプライズがありました。女性が意中の相手にチョコを渡すのとは、また一味違ったドキドキ感と幸せがここに。ご...