喜びも悲しみもかき混ぜて分かち合う。沖縄の「カチャーシー」が教えてくれる大切なこと

「カチャーシー」。
三線の音色に合わせて独特なスタイルで手をひねる、あの沖縄特有の踊りをそう呼びます。あなたも一度は目にしたことがあるかもしれません。

ウチナーンチュにとって、「カチャーシー」はもはや生活の一部。祭り事や祝い事といった特別な日に限らず、場がにぎわえばいつだって自然と踊りはじめます。そして、旅で沖縄を訪れた人間も、その魂を感じ、等身大の自分のまま踊りの輪に加わるチャンスは常にあるのです。一度体験すると忘れられない、「カチャーシー」の魅力とは?

喜びも悲しみもかき混ぜて、
みんなで分かち合いましょう。

「カチャーシー」は、「かき混ぜる」を意味する沖縄の言葉「かちゃーす」に由来しています。冒頭でも述べたように、この踊りの大きな特徴は手のひねりです。しかし、ウチナーンチュが踊っている姿をちゃんと見れば、体すべてを使う踊りであると分かります。つまり、体をかちゃーす踊りが「カチャーシー」なのです。

喜びや悲しみをすべてかき混ぜてみんなで分かち合いましょう、という「カチャーシー」に込められた思いからは、ウチナーンチュの、人を大切に想うあたたかい気持ちが感じ取れます。

何か嬉しいことがあったら、自然と体が動いてしまうんです。

そう話してくれたのは、都内で数少ない、カチャーシーを体験できる居酒屋『沖縄料理 かりゆし』のオーナー山城さん。自ら三線を手に民謡ライブを行う生粋のウチナーンチュです。

「カチャーシー」を人から教わった記憶はないんです。みんなそうだと思います。あまりに日常的に踊るものだから、子どもは周りの大人を見て、勝手に「楽しい時の踊り=カチャーシー」と結びつけ、覚えるんですよ。それが体に染み付いているから、何か嬉しいことがあったら、家にひとりでいても、さらには音楽がなくても、つい体が動いてしまうんです。

たとえば、最高に気分がいい時、私達が鼻歌を歌いたくなるように、ウチナーンチュは、何か嬉しいことがあったら「カチャーシー」を踊りたくなるのでしょう。

幸せが逃げないよう、指はとじて。

本来、「カチャーシー」は男女で踊り方が異なります。といっても、手をグーにするかパーにするかという簡単な違いです。男性は手を握って拳を作り、女性は手を開いたまま踊ります。ひとつポイントを挙げるとすれば、女性は指と指の間をしっかり閉じるように。そうしないと幸せが逃げてしまう、と言い伝えられています。

でも、実はちゃんとした決まりはないんです。掛け声とか、指笛も、自分の感覚でやりたければやる、で良いんです。

分からなくてもいい。
自分らしく、好きに踊ればいい

そう、これが「カチャーシー」の醍醐味です。好きなように踊って、自分が楽しければそれでいい。だから、旅人でも気軽に、踊りの輪に入ることが出来ます。

沖縄特有の温暖な気候のなかでウチナーンチュに囲まれて踊る「カチャーシー」には、別格の味わいがあります。

ウチナーンチュは観光客を特別扱いしません。変に飾った態度は見せず、私達を現地の人と同じように扱ってくれるのです。きっと、「カチャーシー」にも彼らの方から誘ってくれるはず。

玄人の輪に入るのは気が引けると思います。しかし、踊り方は本当に人それぞれです。「これでいいのかな?」などと気にせず、自分なりに、三線の音色に身を委ねましょう。ウチナーンチュと一緒になって「カチャーシー」に酔いしれれば、いつの間にか抱えていた悩みも忘れて、本来の自分を取り戻しているはずです。
その証拠に、踊っている人達の表情を見てください。皆、楽しそうでしょう?「カチャーシー」には、人を笑顔にする不思議な力があるのです。

関連する記事

沖縄・那覇市の平和通りにある民謡ライブの店「まさかやぁ〜」のマスター、ケン坊さん。本名は安里賢次。波乱万丈な人生経験から語られる説法と、家族で演奏されるラ...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
今月30日(日)まで応援購入サービス「Makuake」にて、世にも珍しい“紅茶の抹茶”を商品化した「紅抹茶 あかまっちゃ」が限定販売中。
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
「星のや沖縄」は、サンゴに囲まれた浅く穏やかな海「イノー」が目の前に広がる絶好のロケーション。グスクを彷彿とさせる塀に囲まれ、沖縄らしい植物や館内デザイン...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
「Camp Ride」は、日本全国でのキャンピングカー予約ができるほか、初めてキャンピングカーをレンタル(または購入)を考えている人に向けた関連情報を取り扱う。
沖縄県国頭郡今帰仁村今泊のキャンプ場「TAMARUキャンピング今帰仁」では、全長11mのキャンピングトレーラーでグランピング体験ができる。
11月23日(土)〜24日(日)の2日間、沖縄・那覇で「波の上フェスティバル2019」が開催される。
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第五弾は、琉球ガラスで沖縄の海をイメージして作られた「海風風鈴」。鳴らしの部分にサンゴを使用...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
沖縄・南城市の小高い山の上にあるレストラン「BE NATURAL」。佐敷城跡近くにひっそりと佇んでいます。とはいえランチもディナーも、地元の人やウワサを聞...
発売後即完売となったアイランドジン。沖縄の恵みが詰まっています。
見た目は真っ白ながら甘さはマンゴーを越える沖縄生まれのとうもろこし「汐風パール」が、今月から全国販売をスタートした。
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
琉球の女神アマミキヨが降り立ったと伝わる、沖縄県南城市の百名ビーチのほど近く。森の奥に少し入っていくと、隠れ家のような「カフェビーンズ」が見えてきます。敷...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
沖縄の南城市にある、野草を知り尽くした会社「長生薬草(ちょうせいやくそう)」直営のビュッフェに行ってきました。沖縄の「野草」は、栄養素となる太陽やサンゴ礁...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
不動産やホテル事業などを手がける「森トラスト株式会社」と世界117ヵ国にホテル事業を展開している「ヒルトン」は「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」の開業予定日を2...