沖縄の南城に行ったら、ヘルシーな旅ではなく「ウェルネスな旅」をするべき理由

「ヘルシーな旅を!」「旅先で健康的に!」みたいなキャッチコピーを見つけるたびに、なんとも言えない違和感がありました。

もちろん不健康になったら元も子もないんですが、やっぱり旅先では思い切りはしゃぎたいし、おいしいものを食べたいし、ビールだって飲みたい。そう考えると、ヘルシーという言葉は自分が求める旅にはなんだかピンと来ないなぁなんて思っていたら、ちょうどいい言葉がありました。

ウェルネスツーリズム。

訳すとこちらも「健康」なんですが、もう少し意味が広くて、クオリティオブライフだったり、生きがいに紐づいた健康のこと。

そんな、ウェルネスというテーマを街としても打ち出している、沖縄県の南城市に行ってきました。

ウェルネスな旅には
「インパクト」が必要

6566456783273984
琉球王国の聖地「斎場御嶽(せーふぁうたき)」

最近よく思うのは、2〜3日の非日常を味わって、打ち上げ花火的に「はぁ〜癒された」という旅をしてもそんなに楽しくないな、ということ。それだと、日常に戻った瞬間に現実が襲ってきて、むしろギャップの大きさが苦しくなったり……。

でも南城市の「ウェルネスな旅」が目指すのは、ライフスタイルの延長に沖縄があり、いつでもリセットしたり原点回帰できること。

琉球大学の教授でウェルネスツーリズムの第一人者、荒川雅志先生はこんなヒントをくれました。

「僕はインパクトって言ってるんですよ。行って帰っておしまいではなく、旅のあとも行動変容を持続させることが大事。つまり、強烈な感動とか原点回帰ですよね。順番待ちせずに人間ドッグができます、とかそういうヘルスプロモーションではなく、自分のイマジネーションを呼び起こすような旅、それを沖縄で体験してほしいなって思っているんです」

ちなみにこの「インパクト」は、ただの絶景とかラグジュアリーな非日常のことを指しているわけではありません。むしろ逆で、自分のライフスタイルに影響を与えるような強烈なインパクトのこと。

5804587567022080

ヘルスツーリズムとウェルネスツーリズムの違い、そして沖縄県や南城市との取り組みをとても分かりやすく話してくれた荒川雅志教授。

南城市をよく見ると
ハートの形

沖縄の南東にある「南城市」は、2006年の市町村合併によって誕生した街で、よく見るとハートの形をしています。

身体だけじゃなく心も健康的に、というウェルネスの考えにピッタリで、市も全面的にプッシュしていますね。

少し概念的な話になってしまいましたが、斎場御嶽、久高島、垣花樋川(かきのはなひーじゃー)、ヤハラヅカサなど、琉球起源の地でもある南城市は、自然崇拝が脈々と続く宝庫のような場所。たくさんの暖かい「インパクト」に出会うために、ウェルネスという言葉を思い出しながら旅したいものです。

5209805731921920
Photo by JAPAN LOCAL
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
実は那覇からも近い南城市。沖縄県の南東に位置していて、世界遺産の「斎場御嶽(せーふぁうたき)」や「久高島」など、琉球の起源となる神話や遺跡がたくさんある街...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
コーヒービール、炭酸入りエスプレッソ、超クリーミーなマキアート3種の限定ドリンクが楽しめる、東京ミッドタウン店 Starbucks Reserve Bar...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
沖縄県 > 南城市沖縄の南城市にある、野草を知り尽くした会社「長生薬草(ちょうせいやくそう)」直営のビュッフェに行ってきました。沖縄の「野草」は、栄養素と...
琉球の女神アマミキヨが降り立ったと伝わる、沖縄県南城市の百名ビーチのほど近く。森の奥に少し入っていくと、隠れ家のような「カフェビーンズ」が見えてきます。敷...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
沖縄・南城市の小高い山の上にあるレストラン「BE NATURAL」。佐敷城跡近くにひっそりと佇んでいます。とはいえランチもディナーも、地元の人やウワサを聞...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
沖縄県・那覇市の国際通りから少し入ったところ。県庁前駅の近くにある「焼肉バカ一代」。どんな気分のときに行くべきか? もちろん、バカになりたいときだと思うん...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった癒しの場所があります。沖縄県北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たど...