南城市は、もう一度「ありがとう」を想うのに最適な場所なのかもしれない

なんだか優しい気持ちになれる、というのは、とても大事なことだと思うんです。

ドラマの『深夜食堂』が好きで、よく帰りの電車でボーッと見ているんですが、1話終わったあとはポカポカした優しい気持ちになって、たとえ仕事がパツパツでも、イライラするようなことがあったとしても、「まぁ今日も1日がんばったよな〜」なんて思わせてくれるから好きなんです。ストーリーはとてもシンプルで、小林薫演じるマスターが営む、深夜0時に開店する小さな食堂を中心にした人間模様を、1話完結でまとめているもの。

何か特別なメニューが出てくるわけでもないのに、赤ウインナーやポテトサラダ、親子丼などが無性に食欲をそそり、そこにある色々なストーリーに感情移入しちゃうんですよね。

つまり何が言いたいかっていうと、日本のLOCALを旅するときに求めることもこの感覚にとても近くて、特別な何かがなくても、それが自分にとっては特別だったり、優しい気持ちになれるような「体験」が必要なんじゃないかな、ということです。

那覇から車で30分
「南城市」で元気をもらう

5710794071212032

実は那覇から近いということがあまり知られてないんですが、南城市は沖縄県の南東に位置していて、世界遺産の「斎場御嶽(せーふぁうたき)」や「久高島」など、琉球の起源となる神話や遺跡がたくさんある街です。

そんな聖地南城を、琉球セラピストであり「Vitamin-N」などを手がける相澤和人さんに案内してもらいました。

「まず、ありがとうを伝えたい人を10人、思い浮かべてください」

おぉ?

正直、少し戸惑いつつも、両親や今の家族、仕事でお世話になった人などを思い浮かべながら、百名ビーチへと続く緑のトンネルをくぐり抜けていきます。

何も考えないって
むずかしい

これまではビーチを目の前にしても、ただただゆったり身を預けるなんてことは実はほとんどできてなくて、つい写真を撮ったり、誰かに送ったり、余計なこと考えたり、「あ、仕事大丈夫かな?」なんて思ったり。

そんな僕に相澤さんがくれたアドバイスは「呼吸に集中するといいですよ」というもの。なるほど。確かに呼吸に集中すると、そのこと自体がメインになり、意外にも「何も考えない」ことができました。実際は呼吸のことを考えているんだけど、イヤな感じは一切しないし、むしろ心地がいい。

ガラにもなく、アマミキヨという女神が降り立ったと言われる岩「ヤハラヅカサ」が見えるところで、目をつぶって瞑想もしてみました。波の音を聞きながら、過去のこと、人生のこと、仕事のこと、家族のこと、いろいろ頭の中を巡ってしまったけど、それまで曇天だった雲の隙間からサーっと太陽が出てきて、気温と体温がグーッと上がるのを感じると、ちょっとだけ、いろいろなことがどうでもよくなってきました。

ただただ「あったかいなー、気持ちいいなー」と。

そこからは
いつもと少し違う「沖縄旅」

5952565699149824

最初に百名ビーチでそんな風に感じたものだから、そのあとに行った全国名水百選の「垣花樋川(かきのはなひーじゃー)」や、聖地「斎場御嶽」はもちろん、「ニライ橋カナイ橋」や「知念岬公園」も、ただただ絶景を観光するというよりは、いつもより少し自分と向き合いながら、相澤さんの最初の言葉を思い出していました。

「まず、ありがとうを伝えたい人を10人、思い浮かべてください」

615920932644454466984719983575046333884304195584

今回巡った先は、沖縄らしい絶景と、琉球のルーツをかけ算したようなところばかりで、原点回帰するにはピッタリでした。

それが、環境や自然、さらには自分自身への「ありがとう」に繋がっていたのかと思うと、してやられた感はありつつも、そういえばこういう気持ちで旅をしたことはなかったな〜と思い、とても新鮮でした。

南城は、もう一度「ありがとう」を想いながら優しい気持ちになれる、最適な場所なのかもしれませんね。

6708195804315648
Photo by JAPAN LOCAL
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
お茶は精神世界とつながっている。よくこんな表現がされますが、お茶を飲むことが私たちの創造力に磨きをかけてくれるという研究結果が出たようです。Valerio...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
琉球の女神アマミキヨが降り立ったと伝わる、沖縄県南城市の百名ビーチのほど近く。森の奥に少し入っていくと、隠れ家のような「カフェビーンズ」が見えてきます。敷...
沖縄・南城市の小高い山の上にあるレストラン「BE NATURAL」。佐敷城跡近くにひっそりと佇んでいます。とはいえランチもディナーも、地元の人やウワサを聞...
沖縄県 > 南城市沖縄の南城市にある、野草を知り尽くした会社「長生薬草(ちょうせいやくそう)」直営のビュッフェに行ってきました。沖縄の「野草」は、栄養素と...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
沖縄・那覇市の平和通りにある民謡ライブの店「まさかやぁ〜」のマスター、ケン坊さん。本名は安里賢次。波乱万丈な人生経験から語られる説法と、家族で演奏されるラ...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
沖縄県・那覇市の国際通りから少し入ったところ。県庁前駅の近くにある「焼肉バカ一代」。どんな気分のときに行くべきか? もちろん、バカになりたいときだと思うん...
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...