【謝花きっぱん店】僕がハマった、たったひとつの沖縄みやげ

僕は、おみやげ選びが苦手です。悩みに悩んだあげく、空港で時間がなくなり、結局無難なお菓子で済ませてしまうことばかり。

そして実は、もらう立場としても沖縄のおみやげがしっくりこないという悩みを感じていました。もちろん頂いたときは嬉しいし、個人的に口に合わなかっただけなのかもしれませんが「またこれか…」と思ってしまうことも。

でも、そんな僕だからこそ、いい「沖縄みやげ」に出会えたことが本当に嬉しかったんです。

大好きです!
冬瓜漬(とうがづけ)

E243d722c039387d90a93d2b170a3623be45d0a6
写真左が「冬瓜漬」、右が「橘餅」

それが「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という伝統的なスイーツです。絶妙な甘さとサクサクした食感にハマりました。

名前のとおり冬瓜を使っていて、アク抜きをして茹でたあとに砂糖だけで数時間煮つめているのだとか。野菜と砂糖だけでこんなに豊かな甘みになるなんて…。

プレーンだけじゃなく、アソートもあります。とくに、ラム酒と合わせた冬瓜漬は「あ、これが芳醇な香りってやつか」と、思わずニンマリしてしまったほど。泡盛にもバツグンに合うので、そのあたりはまた別の記事で紹介したいと思います。

さらに10月には、味の素AGF主催のコーヒーに合う和菓子アワードでも金賞に輝いたそうです。

さわやかな香りを楽しみたい
橘餅(きっぱん)

84c5a997c77c75e6b3cedcc68b5bb6466a2a6812

もうひとつの銘菓(というよりはこちらも主役)の「きっぱん」は、やんばる産のカーブチーなど、香りがいい柑橘類をベースにしたもの。

完成するまでには、丸4日もかかるそうです。

Cb9dde60a0c6aa947726952ce2481724caadc1e4

歴史を振り返ると、約300年前。中国の福州から沖縄に伝えられたと言われています。琉球王朝時代には尚家から九年母(くねんぼ)などの王ともいわれる羽地蜜柑が届けられ、それを原料として献上していたり、中国から冊封使が来島したときのおもてなしとしても出されていました。

砂糖がとても貴重な時代だったので、それくらい身分の高い人しか口にすることができない高級なお菓子だったということですね。一般の人が口にできるようになったのは、明治以降のこと。

「今を生きる私たちが、琉球伝統菓子をモダンにアレンジすることによって新たな価値を生み出し、かつての琉球の誇りを次世代へつなげていけたら、と思って日々お菓子作りに取り組んでいます」

と、代表の謝花久乃さん。

2f7d2bb73a921c42cbf28d9cd41dd225c71b9d71B3a946e9f22af4863e0bcab65a6d91331750708f79adc4f6c230175dfeecd81ad6901a1f6a09354a

ちなみに、とても手間がかかるため、製造も販売もこのお店のみ。空港で急いで買う “間に合わせ” とはひと味ちがう、満足度の高いおみやげとしてメモしておきたいと思います。

ちなみに添加物や保存料をつかっていない分、賞味期限は短いんですが、冷凍庫で冷やすとお菓子の水分が閉じ込められて2ヶ月くらい保存できます。しかも糖度が高いので、解凍不要でスッとスライスして食べられるんです。

なんて理にかなったお菓子!

銘菓継承 謝花きっぱん店

松尾本店
住所:沖縄県那覇市松尾1丁目5-14(松尾消防署通り)
TEL&FAX:098-867-3687
営業時間:9:30〜18:00
定休日:日曜日(祝祭日は通常)

Photo by JAPAN LOCAL
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの、実際は大繁盛店の...
沖縄県、那覇市にある「泡盛倉庫」は、その店名からも分かるように、泡盛を専門にしている会員制のBAR。なかなかお目にかかれないヴィンテージの古酒も含め、75...
沖縄県那覇市のパラソル通りにある、「みんなのほんだな」を知っていますか?本棚と聞いたら、自分のお気に入りを揃えていくイメージかもしれませんが、コレはひと味...
「ゆうなんぎい」のお母さん、辻野愛子さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味噌味...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
国際通りから少し入ったところ。県庁前駅の近くにある「焼肉バカ一代」。どんな気分のときに行くべきか? もちろん、バカになりたいときだと思うんです。シークヮー...
沖縄の平和通りにある民謡ライブの店「まさかやぁ〜」のマスター、ケン坊さん。本名は安里賢次。波乱万丈な人生経験から語られる説法と、家族で演奏されるライブを聞...
7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。今のうちにゴールデン...
カフェであり、雑貨屋さんでもあり、撮影スタジオでもあり——。そんな空間を沖縄で見つけました。外国人住宅をリノベしている「わわcafE」は、立ち寄るだけでも...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
沖縄の郷土料理「イナムドゥチ」は、言うなれば具沢山の味噌汁のこと。お祝い行事やハレの日にふるまわれるお椀として、古くから島の人々に愛されてきた味です。この...
ここは、極東最大のアメリカ空軍基地・嘉手納飛行場を有する本島の中部エリア。大型施設が立ち並ぶ海岸線とは対照的に、58号線を挟んだ陸側は、緑が豊かな落ち着い...
2017年9月にオープンした「AIEN Coffee and Hostel」は、沖縄初のカフェ&ホステルという形態です。お店の名前は、フシギなめぐり合わせ...
沖縄の人口の1割は、何が起きても救助されない沖縄の人口の約1割は、たとえ重体で命の危険に晒されていたとしても救助されない。医師がいないため、助けに行くこと...
やんばるのオアシスとも言われる、大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキングが、こ...
日本列島が猛烈な寒波に見舞われた1月24日、寒さにめっぽう弱いはずの沖縄県民(の一部)は、なぜか喜び勇んで寒風吹きすさぶ浜に繰り出したそうです。彼らが目指...
今年で3年目を迎える「コロナ サンセットフェスティバル」。波音と音楽と極上のサンセット、さらにはおなじみコロナビールで楽しむ大人のビーチフェス(20歳以下...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...