【焼肉バカ一代】バカになりたい、そんな気分の夜は…

なにもかも忘れて、バカ騒ぎしたい夜もある。

シークヮーサービールを飲んで、泡盛を飲んで、ハブ酒も飲んで、肉をガツガツ喰らう。昼間の海で遊びまくったぶん、チャージしないといけません。

別に何かイヤなことがあったわけではなく、むしろ心地いい。ただただバカになりたいんです。

高級焼肉? 有名店? いえいえ、そういう気分じゃありません。

いざ、
「焼肉バカ一代」へ

9e231726dab975ac25752e9e44d388727900d457

こちとら、バカになりたい気分なんです。であれば、期待にこたえてくれそうな店に向かうしかありません。

「焼肉バカ一代」

もう、そのまんまです。
国際通りから少し入ったところにあります。

6e51c254a554317e39f8a6c7d5f66addfd0dc40a

お通しから早速バカっぽくて、いい。こういうのです!

その名も「キャベレスト」。自家製のドレッシングがおいしいので、思わずバクバク食べちゃいます。

6ffea3449ab6b0f5b03ecf3062f79f16ed498db7

キムチやナムルもいただきつつ、オリオンビールをぐびぐび。

ここでひとつ、前もって謝っておきます。

バカになりたいというのを言い訳に、ちょっとくらい味がビミョーでもいいや、と思っていたんですが、最初に出てきた「シャブタン」と「満月ミスジ」が予想を軽く超えたので、なんだか今日はいい夜になりそうです。

292c8be74dc98be5cc48d38d97e59587bc9a91412e8991af708c0c60ce704b49d205f278a44d9272

「バカになる」とは
ハミ出すことである

5f6d1767928ed3880d8488b39c3c73837ae3dd81

期待通りのものが出てきました。焼肉台にのり切らないサイズの「巻ものカルビ」。1日限定5食だそうです。サンチュで包んで食べてもよし。

5dc615b351d91c30e44c50a8e8cb8a20440d1ae4

バカになりたい気分だった僕にとって、“ハミ出してる”なんて、まさにうってつけ。

店内には「タレの遊園地」なるものも用意されているので、自分好みのタレを作りながら一心不乱に食べ尽くします。

Fcccac319bba3734ee0b855af593dce42f0af72d

今度は、“長さ” でもバカやってる! 「50cmマルチョウ」です。

2m分の無料券もあるので、ボトルキープみたいに来店するたびに50cmずつ食べていく、なんてのもありです。

「ハブ酒」で
ゴングが鳴りました

C120a2002fb51604bc789c1dc0cb893ba620e68f

ビールとお肉でゴキゲンになったので、最後は「ハブ酒」でしめる。独特のハーブの香りに乗って、カーっとくる。頰にビンタをされたような気分です。

—— ここでゴングが鳴りました。カンカンカーン!

4ab009af38b364457348b27a1abf635894c90de3

味わい深い郷土料理に触れたい夜もあれば、気心の知れた人とまったり飲みたい夜もある。

それと同じように「バカになりたい夜」もあると思うんです。ハメを外すのとは、ちょっとちがいます。たぶんそれは、元気になりたい夜なんです。

バカ…元気…。

琉球の風に乗って、どこからともなく猪木の声が聞こえてきたような気がした、そんな夜でした。

しめて、ひとり4,000円。

「焼肉バカ一代」

住所:沖縄県那覇市久茂地3-9-9 9番地ビル 1F
(県庁前駅から徒歩2本)
TEL:050-5592-9957
営業日:年中無休
営業時間:
月〜土 18:00~翌3:00(L.O 2:30)
日 18:00〜0:00(L.O 23:00)

Photo by JAPAN LOCAL
上から目線の物言いで他人を不快にさせる人。いつも他人を小馬鹿にした態度を取っている人…。人をバカにする人はいったいどんな心理で他人を見ているのでしょうか。...
忙しない一週間を終えて、ホッとひと息つきたい週末。一旦アタマをからっぽにして、イギリスのラジオ局「Radio X」が選んだ“おバカ”なミュージックビデオで...
「女の子」から「大人の女性」への階段をのぼりはじめる20代前半。そんな時期だからこその、あんなコトやこんなコト。彼氏や男友達には決して見せられない、家族や...
バカな事もたくさんやったり、悲しい経験もしたり、いろんな思い出が詰まっている10代。多感な時期に経験したことは、誰でも忘れがたいものです。「Elite D...
「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの、実際は大繁盛店の...
沖縄県那覇市のパラソル通りにある、「みんなのほんだな」を知っていますか?本棚と聞いたら、自分のお気に入りを揃えていくイメージかもしれませんが、コレはひと味...
一年の最後の日「大晦日」。あなたは今、誰とどう過ごしていますか?年を重ねるごと人生に求めるものって少しずつ変化していきますが、この大晦日の過ごし方だって、...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という伝統的なスイーツです。絶妙な甘さと...
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
30代は人生において活力に満ち、転機を迎える時期。フォトグラファーのStephaneさんとライターのAnneさんは、世界中の30代にフォーカスしてポートレ...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
年を重ねるにつれ、変わっていく両親との関係性。若い頃は無鉄砲なことばかりで心配をかけていても、ある日、親の存在のありがたさに気づかされるもの。「Elite...
長く生きていると、昔の色んな失敗を思い出してはチクッとすることもいっぱいあります。今回紹介するのは、「Elite Daily」に掲載されていた30代女性ブ...
「ゆうなんぎい」のお母さん、辻野愛子さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味噌味...
成人式を終えて今どのような気持ちですか?いろいろ思う事はあるにせよ、「最高の20代にしたい!」という気持ちは多くの人が持っているはず。だからこそ、あなたに...
遊び呆けた20代前半はいつしか過去に。20代後半へ突入したと思ったら、目まぐるしく時間は過ぎ、いつの間にか30歳目前。自身もアラサーであるライター・Jen...
沖縄県、那覇市にある「泡盛倉庫」は、その店名からも分かるように、泡盛を専門にしている会員制のBAR。なかなかお目にかかれないヴィンテージの古酒も含め、75...