沖縄でバカになりたい。そんな気分の夜は、那覇の「焼肉バカ一代」

なにもかも忘れて、バカ騒ぎしたい夜もある。

シークヮーサービールを飲んで、泡盛を飲んで、ハブ酒も飲んで、肉をガツガツ喰らう。昼間の海で遊びまくったぶん、チャージしないといけません。

別に何かイヤなことがあったわけではなく、むしろ心地いい。ただただバカになりたいんです。

高級焼肉? 有名店? いえいえ、そういう気分じゃありません。

いざ、沖縄の
「焼肉バカ一代」へ

9e231726dab975ac25752e9e44d388727900d457

こちとら、バカになりたい気分なんです。であれば、期待にこたえてくれそうな店に向かうしかありません。

那覇市にある、「焼肉バカ一代」

もう、そのまんまです。
国際通りから少し入ったところにあります。

6e51c254a554317e39f8a6c7d5f66addfd0dc40a

お通しから早速バカっぽくて、いい。こういうのです!

その名も「キャベレスト」。自家製のドレッシングがおいしいので、思わずバクバク食べちゃいます。

6ffea3449ab6b0f5b03ecf3062f79f16ed498db7

キムチやナムルもいただきつつ、オリオンビールをぐびぐび。

ここでひとつ、前もって謝っておきます。

バカになりたいというのを言い訳に、ちょっとくらい味がビミョーでもいいや、と思っていたんですが、最初に出てきた「シャブタン」と「満月ミスジ」が予想を軽く超えたので、なんだか今日はいい夜になりそうです。

292c8be74dc98be5cc48d38d97e59587bc9a91412e8991af708c0c60ce704b49d205f278a44d9272

「バカな焼肉」とは
ハミ出すことである

5f6d1767928ed3880d8488b39c3c73837ae3dd81

期待通りのものが出てきました。焼肉台にのり切らないサイズの「巻ものカルビ」。1日限定5食だそうです。サンチュで包んで食べてもよし。

5dc615b351d91c30e44c50a8e8cb8a20440d1ae4

バカになりたい気分だった僕にとって、“ハミ出してる”なんて、まさにうってつけ。

店内には「タレの遊園地」なるものも用意されているので、自分好みのタレを作りながら一心不乱に食べ尽くします。

Fcccac319bba3734ee0b855af593dce42f0af72d

今度は、“長さ” でもバカやってる! 「50cmマルチョウ」です。

2m分の無料券もあるので、ボトルキープみたいに来店するたびに50cmずつ食べていく、なんてのもありです。

沖縄の旅らしく
「ハブ酒」でゴング

C120a2002fb51604bc789c1dc0cb893ba620e68f

ビールとお肉でゴキゲンになったので、最後は「ハブ酒」でしめる。独特のハーブの香りに乗って、カーっとくる。頰にビンタをされたような気分です。

—— ここでゴングが鳴りました。カンカンカーン!

4ab009af38b364457348b27a1abf635894c90de3

味わい深い郷土料理に触れたい夜もあれば、気心の知れた人とまったり飲みたい夜もある。

それと同じように「バカになりたい夜」もあると思うんです。ハメを外すのとは、ちょっとちがいます。たぶんそれは、元気になりたい夜なんです。

バカ…元気…。

琉球の風に乗って、どこからともなく猪木の声が聞こえてきたような気がした、そんな夜でした。

しめて、ひとり4,000円。

「焼肉バカ一代」

住所:沖縄県那覇市久茂地3-9-9 9番地ビル 1F
(県庁前駅から徒歩2本)
TEL:050-5592-9957
営業日:年中無休
営業時間:
月〜土 18:00~翌3:00(L.O 2:30)
日 18:00〜0:00(L.O 23:00)

Photo by JAPAN LOCAL
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
沖縄・那覇市にある「泡盛倉庫」は、その店名からも分かるように、泡盛を専門にしている会員制のBAR。なかなかお目にかかれないヴィンテージの古酒も含め、750...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
アメリカ国防総省からは約11億円の投資を受けているそうですよ。
沖縄・那覇市の平和通りにある民謡ライブの店「まさかやぁ〜」のマスター、ケン坊さん。本名は安里賢次。波乱万丈な人生経験から語られる説法と、家族で演奏されるラ...
沖縄県那覇市のパラソル通りにある、「みんなのほんだな」を知っていますか?本棚と聞いたら、自分のお気に入りを揃えていくイメージかもしれませんが、コレはひと味...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
実は那覇からも近い南城市。沖縄県の南東に位置していて、世界遺産の「斎場御嶽(せーふぁうたき)」や「久高島」など、琉球の起源となる神話や遺跡がたくさんある街...
BBQって、夏場に外でワイワイ肉や野菜を焼くことだと思ってませんか? 茨城県つくば市にある「BAR-KIN(バーキン)」の店長・河合さん曰く、あれはただの...
沖縄・南城市の小高い山の上にあるレストラン「BE NATURAL」。佐敷城跡近くにひっそりと佇んでいます。とはいえランチもディナーも、地元の人やウワサを聞...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...