沖縄のストリートカルチャーが熱い「波の上フェスティバル」が今年も開催

11月23日(土)〜24日(日)の2日間、沖縄・那覇で「波の上フェスティバル2019」が開催される。

これは、沖縄のミュージック&ストリートシーンにフォーカスしたフェスで、通称「沖縄の祭典」。初開催となった昨年12月には、約6000人がその熱い音楽を目当てに参加。2回目の開催となる今回は、1万人の来場を見込んでいるという。

会場は、無料と有料のふたつのエリアに分かれ、無料エリアには5つのステージを設置。沖縄県内外から、ヒップホップ、レゲエ、ポップス、ロック、民謡など、勢いのあるアーティストが集結し、パフォーマンスを披露してくれる。

ステージのほかにも、「波メシグランプリ」と題した20店舗が軒を連ねる飲食店ブースや、沖縄のローカル人気店が並ぶ「Market Caravan」も同時に開催。

また、ダンスやラップを競い合うステージや、日本全国から集まったBMXライダーが技を披露する「チャンプルーゲーム」もおこなわれるなど盛りだくさんの内容。

観て、聴いて、踊って、食べて……まさに五感で楽しむことができるイベントというわけだ。

会場までは、那覇空港や国際通りから車で10分ほど。当日券は7000円となっている。

波の上フェスティバル 2019
【公式ホームページ】https://namifes.com/

Top image: © 波の上フェスティバル
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
沖縄県・那覇市の国際通りから少し入ったところ。県庁前駅の近くにある「焼肉バカ一代」。どんな気分のときに行くべきか? もちろん、バカになりたいときだと思うん...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...