魚がおいしい! 沖縄・南城のディナースポット「BE NATURAL」

夜に行くと、本当に人けのないこの道で合ってるのか? と少し不安になる、小高い山の上にあるレストラン「BE NATURAL」。沖縄・南城市の佐敷城跡近くにひっそりと佇んでいます。

とはいえランチもディナーも、地元の人やウワサを聞きつけたお客さんで賑わっていて、地元の食材やオーガニックにこだわった丁寧な料理を楽しんでいるそうです。

沖縄で見つけた
隠れ家レストラン

5968907479285760
© 2018 TABI LABO

ゆっくりワインでも飲みながら食事したかったので、ディナータイムに伺いました。なんだか、知る人ぞ知る秘密基地を見つけたようなロケーションで、テンションが上がります。

料理は
「沖縄産」を大切に

5979350423830528
© 2018 TABI LABO

オーナーシェフ日向紀彦さんの「魚は知念漁港からの直送です」の言葉に惹かれ、お魚がメインのコースを選びました。

こちらは、最初から衝撃的だったアンティパスト「果物とゴルゴンゾーラのムース」。シェフはイタリアにも精通しているので、チーズのおいしさにも驚き。

5430931317850112
© 2018 TABI LABO

ワインは、希望やこの日のメニューに合わせて、お勧めを出してくれました。今日のお魚料理に合うものでお願いします!

5370862978990080
© 2018 TABI LABO

国産小麦の自家製パンもまた、おいしい。追加でエクストラバージンのオリーブオイルを2種類頼んだので、食べ比べも楽しめました。

シェフは本場イタリアでオリーブオイルソムリエの資格を取っていて、毎年トスカーナから直接仕入れているそうです。

4799838487052288
© 2018 TABI LABO

「自家製スモークベーコンのカルボナーラ仕立て」。すりたてのパダーノチーズが乗っていて、コクと風味がたまりません。

5999027715833856
© 2018 TABI LABO

きました、知念漁港直送の「鮮魚のソテー」。この日は南国らしいカラフルな見た目が特徴のヒブダイでした。初めて食べたけど、クセがなくておいしい! 添えてあるクレソンなども地元産。

仲買いの権利を持っているので、競り市から直接季節の鮮魚を仕入れてくるのだとか。市場に出回らないようなローカルな天然魚が味わえるのが嬉しい。

4802016404570112
© 2018 TABI LABO

デザートが2回出てきたときは、嬉しすぎて泣きそうになりました。

6013577823518720
© 2018 TABI LABO

驚きなのは、これらのコースにコーヒーまでついて、2300円(税抜)というリーズナブルさ。黒毛牛のお肉をつけたコースでも3200円(税抜)なので、その満足度たるや……。(※メニューは2〜3週間ごとに変更)

化学調味料は使わず、パンからジェラート、焙煎コーヒーまですべて自家製で作っているところに、店名「BE NATURAL」に込めている想いを感じさせてくれます。

6490997965979648
© 2018 TABI LABO

2017年4月に
移転オープンしたばかり

5471481546932224
© 2018 TABI LABO

2000年から17年間営業した旧店舗から、2017年4月に現在の店舗へ移転したそうです。

「前の店舗ではできなかったことを集約したい、という思いでテーブルや棚、植栽なども自分たちで手がけています。だから、準備期間も含めると3年以上かかりました(笑)。こだわりが強すぎたのかもしれませんね。まだまだこれからですが、1年後、2年後、さらには10年後に向けて少しずついい方向に変化していければと思います」

5934566262964224
© 2018 TABI LABO

南国沖縄産の果物を使った、BE NATURALオリジナルのコンフィチュール。添加物やタピオカ粉などは使わず、果物と砂糖のみ。「果物の味を引き立たせてあげたいので」と、オーナーシェフの日向さん。

その他にもオーガニック石けんやアンティーク陶器、手作り雑貨なども人気。カフェ利用も雑貨屋利用も楽しめますよ。

「BE NATURAL」

住所:沖縄県南城市佐敷138-1
TEL:098-947-6203
営業時間:11:30〜21:30(20:30 L.O.)
定休日:火、水(祝祭日は営業)
※研修のため、長期休業あり(ブログにて)
公式HP:http://benatural.sunnyday.jp/

Top photo: © TABI LABO
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
沖縄県 > 南城市沖縄の南城市にある、野草を知り尽くした会社「長生薬草(ちょうせいやくそう)」直営のビュッフェに行ってきました。沖縄の「野草」は、栄養素と...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
ロゴがデカデカとプリントされたショップTは、デイリーユースに少し抵抗があるアイテム。だけど、ぜんぜんイヤじゃない。
台湾の桃園国際空港でLCC利用者が使うのは第1ターミナル。乗り継ぎ利用だって格安。安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのが台湾を利用...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
琉球の女神アマミキヨが降り立ったと伝わる、沖縄県南城市の百名ビーチのほど近く。森の奥に少し入っていくと、隠れ家のような「カフェビーンズ」が見えてきます。敷...
実は那覇からも近い南城市。沖縄県の南東に位置していて、世界遺産の「斎場御嶽(せーふぁうたき)」や「久高島」など、琉球の起源となる神話や遺跡がたくさんある街...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった場所があります。北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たどり着いたのは...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのウェブサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
2017年の9月に北谷にオープンした「AIEN Coffee and Hostel」は、沖縄県初のカフェ&ホステルという形態。お店の名前は、フシギなめぐり...