沖縄・那覇で食べた「ゆうなんぎい」のラフテーは、郷土料理の本当の意味を教えてくれた

「本格的な郷土料理が食べたいなぁ」。

沖縄入りする前、ぼくはそんなことをぼんやり考えていました。それは、いま思うと恥ずかしいくらい言葉通りの“ぼんやり”で、そこに知識もなければ、特別な想いもなく…。

ゴーヤーチャンプル、ナーベーラー、ミミガー。なんとなく耳慣れない言葉がついている食事にさえありつければ、それが「=沖縄料理を食べたこと」になると思い込んでいたんです。

でもそれは大きな間違いだった、というお話です。

昔は
「こんな料理でお金とるの?」
って言われました

Cd09737e3c454f87613b42fc26f4c3c0060e973a

「沖縄の郷土料理と言っても、そもそもはそれぞれのお家の家庭料理ですからね。味付けも違えば、仕込みも違う。うちのラフテーなんて、自家製の味噌で味付けをしていますから、沖縄でも珍しいと思いますよ」

那覇市にある定食屋「ゆうなんぎい」のお母さん、辻野愛子さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味噌味は新鮮だったけど、これが最高にうまい。

3fd633e7721b4cf37aa8c962ae8a7aa356e9575a

国際通りから少し入ったところにある「ゆうなんぎい」は、地元客も観光客も溢れる人気店。トリップアドバイザーの影響もあって、今では外国人も多く、時間帯によっては行列を覚悟する必要あり。ただ、ここでスルーしてほしくないのは「地元客も多い」ということ。

もちろん立地の良さやお店の雰囲気、そして何より“おいしい”という理由もあるけれど、そこに郷土料理の本質があるように思うんです。

ずっと「そこ」にある
郷土料理のレシピ

C0b3eb18b1db83f7c03b2a28dfe5741344693985

メニューの裏にあるのは、創業当時の写真。1970年(昭和45年)、この時代の屋号は「YUNANGI」です。

「ラフテーもチャンプルーも泡盛も、当時は本当に家庭料理。だから地元の人から『え、こんな料理でお金とるの?』なんて言われたこともありました。それが今では沖縄料理としてたくさんの人が食べに来てくれたり、長寿料理として話題になったりしていて、少し不思議な感覚ですね。うちは創業からほとんど同じレシピだし、この40年くらいで周りの環境がどんどん変わっていったんですよね」

ゆうなんぎいA定食
2,900円

40dedbd82ce790a1602fcfddb6986d62b19991cb

辻野さんの話を聞きながら、改めてこう思いました。

「本格的な郷土料理が食べたい」

—— 今度は本気です。

 

「ゆうなんぎいA定食」は、

・ラフテー
・グルクン
・フーチャンプルー
・ミミガー
・ジーマーミ豆腐
・カラスドーフ
・クーブイリチ
・いなむるち
・ごはん
・お新香

のすべてがセットになった、ふたりで食べてちょうどいいくらいのボリューム定食。

Ac0d8a8743da01ab0c45ed45795d9d59f225ea8c

麩とコーンビーフの組み合わせが病みつきになる「フーチャンプルー」

250924a6ef724412d9f8ef032a1f43bb88579875

沖縄の県魚「グルクンの唐揚」。タカサゴとも言います。

9d5e5e50816d51bb14f2924d121277ea7ecc51e1

沖縄では、お祝いの席などで出てくる「いなむるち」

Dde2ab5086645b0a939b5218e29209823dd41e0d

昆布のミネラルたっぷりの「クーブイリチ」は、チャンプルーやラフテーと並んで沖縄三大料理とも言われる長寿食。

19131ca7ec9473b98c6a4ab33ca1e5b1b9255314

これぞ、沖縄のお父さんたちのお酒のつまみ。スクガラスという小魚の塩辛と、豆腐を組み合わせた「カラスドーフ」

446d48b42b640cccd34e8161a5bc2ea1cfdb2c10

思った以上にさっぱりしていておいしい、「ミミガー(豚の耳の酢の物)

85b4086c0c2720ce760f657f1e1d67ae60f5987b

これは定食セットには入ってないんですが、どうしても食べてみたくて追加注文した「ナーベーラみそ煮」。ナーベーラはヘチマのことです。ここでも活かされていた、自家製の味噌。

地元の人でも「それまでナーベーラは得意じゃなかったけど、ここのを食べて好きになった」っていう人がいるほど。

57fb4993f1402312e69ec97709c331bfadc7b34b

沖縄について何も知らずに食べるのは失礼だし、かと言って勝手に崇めるのも失礼。

「郷土料理」は昔からそこにあったものだし、そこにあるからこそ意味があるんだと思いました。

とてもおいしかったです。ごちそうさまでした。

「ゆうなんぎい」

住所:沖縄県那覇市久茂地3-3-3
TEL:098-867-3765
営業時間:
昼 12:00〜15:00
夜 17:30〜22:30

Photo by JAPAN LOCAL
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
沖縄県・那覇市の国際通りから少し入ったところ。県庁前駅の近くにある「焼肉バカ一代」。どんな気分のときに行くべきか? もちろん、バカになりたいときだと思うん...
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
沖縄・那覇市の平和通りにある民謡ライブの店「まさかやぁ〜」のマスター、ケン坊さん。本名は安里賢次。波乱万丈な人生経験から語られる説法と、家族で演奏されるラ...
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
沖縄・那覇市にある「泡盛倉庫」は、その店名からも分かるように、泡盛を専門にしている会員制のBAR。なかなかお目にかかれないヴィンテージの古酒も含め、750...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
沖縄・南城市の小高い山の上にあるレストラン「BE NATURAL」。佐敷城跡近くにひっそりと佇んでいます。とはいえランチもディナーも、地元の人やウワサを聞...
沖縄の郷土料理「イナムドゥチ」は、言うなれば具沢山の味噌汁のこと。お祝い行事やハレの日にふるまわれるお椀として、古くから島の人々に愛されてきた味です。この...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...