沖縄料理

沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
沖縄の郷土料理「イナムドゥチ」は、言うなれば具沢山の味噌汁のこと。お祝い行事やハレの日にふるまわれるお椀として、古くから島の人々に愛されてきた味です。この...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
青い空や海を抜きにしても、沖縄は魅力的な旅行先だ。 なんて読むのかがわからない漢字の田舎の風景は言わずもがな、市街地だって他県とはまったく違う雰囲気を感じ...
冷蔵庫を開けたとき、目ぼしい食材がニンジンしかなかった。それでもお腹を満たしたいし、おいしいモノを食べたい!そんなニーズを叶える「しかない料理研究家」の五...
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
「計画上手は旅上手」と言うけれど、こと沖縄については、多少ズボラでも自由人のほうが満喫できると思っています。なぜなら、沖縄があまりにも王道の旅行先だから。...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
「カチャーシー」。三線の音色に合わせて独特なスタイルで手をひねる、あの沖縄特有の踊りをそう呼びます。あなたも一度は目にしたことがあるかもしれません。ウチナ...
彼方の水平線で晴れわたった空と同化する「青」、眩しい太陽の光と水がおりなす「エメラルドグリーン」、見ているだけで心が穏やかになる「ターコイズブルー」。沖縄...
LCCやフライトの便数も多くなったことで、ぐっと身近になった沖縄旅行。都会の喧騒から離れられ、開放感のあるリゾートがあなたを待っています。ところで、旅程の...
「だからよ〜。」沖縄出身の人たちは「そうだよ。」という意味で使っているらしいけど、聞きなれない人には少し不思議に響いてきます。相手を思いやる。空気を読む。...
この土地ならではの太陽と海が写真の力を一層高めてくれるものだから、「人気スポットを巡ってはSNSに投稿」が沖縄の決まりごとになっている気がします。もちろん...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
国内で常夏気分を味わえる場所と言ったら沖縄。実際に足を運ぶなら、「景色も食べ物もすべて楽しみたいから最低でも数日は……」と思う人は多いはず。でも、金曜日の...
“日本まるごと家族で遊ぼう” をコンセプトに、日本全国でオリジナリティ溢れる家族旅行を提案してきた「ASOBO JAPAN」。11回目となる今回の行き先は...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった癒しの場所があります。沖縄県北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たど...
ここは、極東最大のアメリカ空軍基地・嘉手納飛行場を有する本島の中部エリア。大型施設が立ち並ぶ海岸線とは対照的に、58号線を挟んだ陸側は、緑が豊かな落ち着い...