こういうお菓子の存在だけで「沖縄って旅行先としておもしろいよな〜」と思う。

青い空や海を抜きにしても、沖縄は魅力的な旅行先だ。
 
なんて読むのかがわからない漢字の田舎の風景は言わずもがな、市街地だって他県とはまったく違う雰囲気を感じる。それは気候のせいだけじゃない。那覇空港から市街地に向かう道すがらにも赤瓦の家をたくさん見かけるし、チェーン店までもがローカル。旅行者としてはそういうところにワクワクする。
 
だから、漠然と「リゾートを楽しもう!」というだけじゃあ、沖縄旅行はもったいない!
 
世界中で、沖縄でしか体験できないサムシングを付け加えたほうが、旅は断然楽しくなる。なにも大層なことじゃなくって、この店で沖縄そばを食べたいとか、インスタで見た美しい景観の橋を渡ってその先の島を楽しみたいとか、沖縄の伝統的な焼き物“やちむん”の器が欲しいとか…そんなサムシングのひとつとしてここで紹介したいのが「月桃餅」というお餅だ。
F95e3c8ddf007b67222eb1d10ed92ad63be9b260

写真がその月桃餅。沖縄ではお餅を意味する方言「ムーチー」の名で知られる。

(沖縄出身の人にとっては当たり前すぎる話だろうけれど…)その名の通り月桃の葉に包んで蒸したものとなる。黒糖や紅芋、うこんなどが練りこまれていて、それによって色みも違ってくる。

当地では伝統的なお菓子で、旧暦の12月8日に子どもや家族の健康を祈って祈願する、神仏へのお供え物だったとか。昔は家々で作って親戚に配っていたぐらい県民には身近な存在。今でも給食に出ることもあるらしい。

では、観光客がそれを食べようと思ったら、具体的にどこで買えるのか?

その答えは市場だ。地元の人が買い物するようなローカル市場の商店の軒先が、ムーチーの定位置となっている。

6182cb4d911c5ea54ba13580915f74c13596c5c22a2e169ffa8e20f970020afdce803aa2e7d7b299D1e906477b4ff921146d10821be828afbe682204

例えば、写真は那覇市の公設市場でのヒトコマ。お土産物屋もたくさんある国際通り近くにあり、観光で訪れる人も多いが、少し路地を入っていくと地元の人が利用するローカルな商店がある。

そして、ここでもいくつかのお店でムーチーは売られている。お値段はどこでも2~3個入りで200円とかそんな具合。ただし、お店によって包装の仕方もバラバラだし、味はもちろんのことかたちとかサイズも違ってくる。

それもそのはず、どのお店でもオバァ(沖縄の方言でおばあちゃん)の手作りなのだから。

6805c4de9d2b169a435cc8573c7969a3bda73759

比較的国際通りに近い場所にある『やまや』。家族で毎朝4時からムーチーを作っているそう。

0aa0ef4bff7e323bffc5ea0939f51619de404bf3

戦後から3代続く『大城もちや』。毎朝、月桃の葉を洗うのが大変なのだとか。

1c7d3f6bdf4c9f0f675d06c6f7dc081bcab2d212

いろんなお菓子が並ぶ『松原製菓店』。当然、ムーチーもラインナップされている。購入するのは、観光客ではなく、主に地元の人だ。

ムーチーは、現在でも大量生産するようなものじゃないみたい。毎朝オバァがお店で売る分を手作りして…っていうのが基本なのだ。

それぞれのお店の看板オバァにいろいろ聞いてみたところ、食べごろは「翌日ぐらいがちょうどいい」らしい。理由は「作りたては柔らかくて形がくずれやすい。かと言って、時間が経ちすぎると瑞々しさが損なわれるから」とのこと。

そう、ムーチーは生菓子だ。日持ちしないから、サータアンダギーやちんすこうのようにお土産にはならない。1個100円もしないお餅の、金額では決してはかれない価値がそこにある。沖縄まで行って食べるしかないのだ。

Aa6b57c3c74abd0914ec78f42af9c0a2ba5850fe

ムーチーの味?

オバァ曰く「月桃の香りが独特なので、地元の人でも大好きという人もいれば、苦手という人もいる」。

でも、美味しいとか美味しくないとか、そういうのは野暮じゃないか。沖縄にしかないお餅があって、今でもオバァが手作りで、市場で販売していて…全部ひっくるめて体験するのが、沖縄の楽しみ方のひとつだと思う。

89f4ff25f3ca9e42435ef4b467d9f67163a16a33
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という伝統的なスイーツです。絶妙な甘さと...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。今のうちにゴールデン...
那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味わうべ...
隠れ和菓子ファンのぼくにとって、2月になるとソワソワしてくるのは、桜餅の季節が始まるからです。今回は、日本人なら知っておくべき桜餅の歴史と、都内の桜餅の名...
ここは、極東最大のアメリカ空軍基地・嘉手納飛行場を有する本島の中部エリア。大型施設が立ち並ぶ海岸線とは対照的に、58号線を挟んだ陸側は、緑が豊かな落ち着い...
おもちにきなこと黒蜜をかけて食べる、山梨のお菓子「信玄餅」。その進化版とも言える「水信玄餅」は国内でも話題になりましたが、さらにこれにインスパイヤされた「...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの、実際は大繁盛店の...
日本列島が猛烈な寒波に見舞われた1月24日、寒さにめっぽう弱いはずの沖縄県民(の一部)は、なぜか喜び勇んで寒風吹きすさぶ浜に繰り出したそうです。彼らが目指...
やんばるのオアシスとも言われる、大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキングが、こ...
7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上...
「ゆうなんぎい」のお母さん、辻野愛子さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味噌味...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
白州町のミネラルウォーターを寒天で固めた水菓子が「水信玄餅」。製造元は、山梨県北杜市白州町に本店を構える金精軒。限界を遥かに超えた水分を含ませており、常温...
沖縄の郷土料理「イナムドゥチ」は、言うなれば具沢山の味噌汁のこと。お祝い行事やハレの日にふるまわれるお椀として、古くから島の人々に愛されてきた味です。この...
2017年9月にオープンした「AIEN Coffee and Hostel」は、沖縄初のカフェ&ホステルという形態です。お店の名前は、フシギなめぐり合わせ...
沖縄の人口の1割は、何が起きても救助されない沖縄の人口の約1割は、たとえ重体で命の危険に晒されていたとしても救助されない。医師がいないため、助けに行くこと...