この夏、イチオシの沖縄「ビーチフェス」

スペイン語に「La Movida」というフレーズがあります。直訳すれば(大騒ぎ)、転じて夜通し楽しむといった意味で使われるんですが、これがもっとも似合う場所がイビサ島。

世界トップクラスのクラブで夜な夜な開催されるビッグイベント、けれどこればがりがイビサの華ではありません。ノンストップの酔狂とはひと味ちがう、ビーチパーティーもこの島の楽しみのひとつ。

波音に混じって流れるスローテンポなサウンドで、自然と音楽が渾然一体となった心地よさ。あれはもう、経験したものにしか分からない。その極上のチルを日本で唯一体感できるフェスが、この夏も沖縄で開催されます! 

ビーチパーティーの決定版
「Corona SUNSETS FESTIVAL」

沖縄で3年目の夏を迎える「Corona SUNSETS FESTIVAL」が最初にスタート(2014年)したのも、やっぱりイビサ。そこからアカプルコ(メキシコ)、ドバイ、ケープタウン、シドニーなど、世界有数のビーチリゾートタウンへと広まっていったこのフェスならではの特徴が、「サンセットを眺めながらおいしいビールと音楽を楽しめる」こと。

波音と、サウンドと、
美ら海が魅せるサンセット

それもただの夕陽じゃありません、とびきりのサンセットがあってはじめて成立する音楽フェスなんですから。

ということで、2015年の初上陸以来、会場となっているのが沖縄の「美らSUNビーチ」です。県内屈指の夕陽が楽しめる“チルスポット”としても有名なこの場所は、那覇空港から車で15分ほどと立地も最高。

南の島の波音にとろけるようなサウンドと夕焼け空のグラデーション、そこにおいしいビールが加われば、あと他に人生で必要なものがあるでしょうか。

とにかくアガるだけアガる野外フェスもいいけれど、ココロを解き放ち、カラダのネジも2、3本ゆるめて自然と音楽の融合をとことん楽しむビーチパーティーの魅力にひとたびハマれば、この心地よさから抜け出せなくなること請け合いデス。

昨年の来場者数はおよそ8,000人と、数だけみれば小規模。けれど、フジロック、RSR、サマソニ、ロッキンなど、10万人規模の音楽フェスとはそもそも属性が別。この規模感だからこそのメリットもたっぷり。以下、駆け足ですが、先取り情報をドーゾ。

【注目その1】
ビーチでこその
フェスファッションが楽しい

ビーチだから水着!だけでは、せっかくのフェスなのに、個性も盛り上がりもイマイチ。ならばと、素肌を活かしたファッションを存分に楽しむためのアクティビティが用意されています。

たとえば、ボディペイントやタトゥーシール、さらにはオリジナルTシャツを自由にカスタマイズするワークショップ。これなら自分だけのフェスファッションをクリエイトできますよね。

【注目その2】
“生歌”が届きそうな距離だから
会場の一体感はピカイチ

オーディエンスとステージの距離が圧倒的に近い!これもCorona Sunset Festivalのウリ。会場に一体感が生まれるのも、こうした中規模フェスならでは。

【注目その3】
陽気な気候には、やっぱCorona
ローカルな“ノレる味”もGOOD!

ライムを挿した鉄板スタイルもいいけれど、ビーチにはCoronaをつかったオリジナルのビアカクテルがよく合います。ビールと相性◎のオリジナルフードや沖縄ならではのローカル食にもトライしてみましょう。フェスの醍醐味は“ノレる味”にもあります、よね?

【注目その4】
これぞビーチフェス♡
疲れたら、そのまま浜辺にゴロン

何といってもビーチフェスの醍醐味がこれ。疲れたらそのまま浜辺にゴロンと横になるもよし、もしくは「チルアウトエリア」でまったりもOK。さらに今年は美らSUNビーチでの遊泳も解禁というから、火照ったカラダのクールダウンにもバッチリ。

最高の夕陽と音楽で夏が開ける
南南西に進路を取れ!

サカナクション、クラムボン、HOLY GHOST!、CLASSIXXなど、今年も国内外で活躍する21組のアーティストが勢ぞろい(全出演アーティストはこちらからチェック)。

最高のアーティストたちが奏でるグルーヴィーなサウンドと波音のなか、真っ赤な夕陽が東シナ海の向こうに沈んでいく……。でも、ここで終わりじゃありません。La Movidaな宴は、むしろここから。

イビサに行かずとも、人生最高のバケーションは、間違いなくここにも。夏のはじまりはサンセットフェスから。この開放感は間違いなくハマりますよ。

チケット予約は公式サイトへGO!

【開催概要】
Corona SUNSETS FESTIVAL 2017
日程:7月8日(土)〜9日(日)
会場:沖縄県 美らSUNビーチ野外音楽特設ステージ
年齢制限:20歳未満入場禁止
チケット:4,000円(一日券)/ 6,000円(二日通し券)

Licensed material used with permission by Corona Sunset Festival
7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上...
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
夏はもうすぐそこまで来ているし、野外フェスのシーズンはもう始まっている。ライターのChris Riotta氏は「ELITE DAILY」で、音楽フェスが人...
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
海のおとぎ話をテーマにした、プール×サーカス×音楽フェス「Imagine Music Festival 2017」を体感できる12分〜Imagine Mu...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
琉球の女神アマミキヨが降り立ったと伝わる、沖縄県南城市の百名ビーチのほど近く。森の奥に少し入っていくと、隠れ家のような「カフェビーンズ」が見えてきます。敷...