やっぱり、アメリカの野外フェスってヤバい

野外フェスの原点といえば1969年に開催された「ウッドストック・フェスティバル」だろう。ニューヨーク州郊外で行われた大規模フェスは、約40万人もの観客を集めてアメリカの音楽史に残る伝説となった。カウンターカルチャーを象徴する歴史的なイベントとして現在でも語り継がれているほどだ。

今、アメリカ発の音楽フェスで日本で有名なのは、Burning man、ULTRA music festival、EDCあたり。だが、エンターテインメント大国アメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。

その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival」。まだ、日本での知名度はそれほど高いとはいえないかもしれないが、素晴らしい体験ができる野外フェスを紹介したい。

音楽×サーカス×プール
  テーマは「海のおとぎ話」

Fe9e49342e4c6d2419eade193c2c82b366a7821f

「Imagine Music Festival」は、2014年にスタートして以来、瞬く間に人気を集めアトランタ最大のイベントとなっている。

会場は、10万人を超える収容人数を誇る「ATLANTA MOTOR SPEEDWAY」だ。フェス全体のテーマは、海のおとぎ話。音楽はもちろんのこと、本格的なサーカスのパフォーマンスや巨大なスプラッシュプールも楽しむことができるのだ。人魚など海にちなんだキャラクターも登場するので異次元の世界観を味わってみよう。

1a37c0a87912778fb450a4e6e182ab65dfb5ce52

フェスを盛り上げるための
様々なワークショップ

E782744d2f93dbdbd6c8dddf0cb64fd94d75a968

フェス開催中、参加者の意識を変革するために、様々なワークショップがプログラミングされている。内容としてはヨガ、瞑想などのスピリチュアルなものが中心となっているようだ。中には、日本ではあまり馴染みのないものもあるので、この機会にアメリカ人に混じって挑戦してみるのもユニークな体験となるだろう。

合計60組以上の
ラインナップ

459c470b86eb7c5ccc14c5e69ca770713b12aeb7

肝心の音楽にも目を向けてみよう。広大な敷地には、4つのステージが設置される。趣向が凝らされたデコレーションは、一見の価値あり。

Big Gigantic、STS9をはじめとして3日間で合計60組以上ものアーティストたちが出演する予定が組まれている。充実したラインナップは、すべての音楽フリークを満足させてくれるに違いない。

さらに、炎や煙、色鮮やかなライト、花火を多用した舞台演出は、圧倒的なスケール感。人をエンターテインすることが得意なアメリカならではの大迫力、眺めているだけでも飽きない多種多様な観客たち、会場に漂うグルーヴ感。それらのすべてを野外フェスの本場でリアルに感じてほしい。

Ac0ed765b6136b29ced54e5abaca0af31634f74c186ac5663531508c44746eeb11a14a9fa7a514c68e92f2bf23ceafe1c9dc8f4d5455eef6b891b622

【概要】
「Imagine Music festival」
・開催時期:2017年9月22日(金)〜24日(日)
・開催場所:ATLANTA MOTOR SPEEDWAY
      (1500 Tara PL, Hampton, GA 30228)
・公式URL:http://www.imaginefestival.com/

Licensed material used with permission by Imagine Music Festival
海のおとぎ話をテーマにした、プール×サーカス×音楽フェス「Imagine Music Festival 2017」を体感できる12分〜Imagine Mu...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
「ルーフトップは、野外シネマの王様だ」コレ、ほとんどの日本人の頭の中には「?」が浮かびそうですが、アメリカ、イギリスの人にとっては当たり前の謳い文句なのか...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
夏はもうすぐそこまで来ているし、野外フェスのシーズンはもう始まっている。ライターのChris Riotta氏は「ELITE DAILY」で、音楽フェスが人...
海外で花火を見ながらカウントダウンをして新年を祝うのは、日本とは一味違った経験ができるはず。いつか見に行きたいという人も、一生見に行かないだろうという人も...
この「宙フェス」を簡単に説明すると、星空の楽しみ方を一堂に集めた野外イベントで、2014年から開催。アートやサイエンスはもちろん、宇宙にまつわる雑貨を揃え...
今年で2回目となる「EDC Japan」に先駆けて、去る2月24、25日に「EDC Mexico」が開催。従来のフェスとは異なる要素がふんだんに盛り込まれ...
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
7月4日アメリカの独立記念日にお祝いの意味を込めてたくさんの花火が空に打ち上がるけれど花火による事故が問題視されている米テキサス州フォートワースにある法律...
アメリカでは大麻の合法化が進んでいますが、実際に吸ってみるとどんな感覚になるのかを女性たちが教えてくれます。彼女たちが話すのはセックス、健康、仕事について。
バーニングマンといえば、砂漠のど真ん中に1週間だけ街が生まれる伝説の野外フェス。あるのは仮設トイレと食料の鮮度を保つための氷のみ。命の保証はなく、"No ...
来る8月17日からアメリカはオレゴン州にて「Oregon Eclipse 2017」が開催。これはオレゴンの大自然の中、音楽やアートに囲まれて1週間にわた...
マンハッタンにある高級住宅「Kips Bay Decorator Show House」では、毎年、いろんなアーティストが集まって、展示会を開催しています。
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
とても不思議で、とても自由なフェスだった。フェスなのに、中心がない。ステージもなければ、売店もない。木で組まれた大きな不死鳥がシンボルのように浜辺に立って...
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...