【Burning Japan】世界最強のフェス「バーニングマン」の日本版。その現場とは?

とても不思議で、とても自由なフェスだった。

フェスなのに、中心がない。ステージもなければ、売店もない。木で組まれた大きな不死鳥がシンボルのように浜辺に立っているけれど、そこにみんなが集まっているわけでもない。

集まってきた600人の参加者は、テントを立て、タープを張り、散歩をしたり、昼寝をしたり。とはいえ、単なるキャンプ場でもない。気がつけば、隣のテントのだれかが自分のタープに来て、一緒にビールをあおっている。盛りあがって音楽をかけ、踊ってる人もいる。

th_BJ_re01

th_BJ_re02

th_BJ_03 th_BJ_04 th_BJ_05_1 th_BJ_05_2 th_BJ_05

夕暮れが近づいてきて、大きなウィングタープの下で火をおこした。羊肉を焼き、トマトスープを作っていたら、シャワーを浴びたという2人がタープにやってきた。「寒い!暖まらせて」。焚き火にあたってる二人に、スープと肉を提供する。しばらく話し込んでいたら、近くのテントのそばで5、6人ぐらいが集まって、わいわいと盛りあがっているのに気づく。「みんなであそこに合流しようよ」
気がつけば集まりは10人ぐらいに増えていて、知らない同士の自己紹介が始まった。着流しに日本刀を差したひとりが、「僕は居合抜きができる」とその場で披露してくれる。楽器を演奏しはじめる者もいる。

th_BJ_06 th_BJ_07 th_BJ_08

そして時間が過ぎ、あちこちでさまざまな集まりが生まれ、ふたたび離れて別の集まりにつながり、気がつけば海辺のこの気持ち良いキャンプ場は、人々が集まり散じる「うず」のようになっていった。

これが9月中旬に開かれたBurning Japanというフェスのひとこまだ。

あなたは「バーニングマン」というアメリカのフェスを知っているだろうか。
バーニングマンは、1990年からアメリカ・ネバダ州のブラックロック砂漠でおこなわれているフェスだ。フェスといっても、ステージも売店もなにもない。中心にはThe Manと呼ばれる人の形をした木の像があるだけで、最終日にこの像は盛大に燃やされる。あとは参加者たちが自分で考え、音楽を演奏したり、パフォーマンスしたり、レイブを主催したり、さまざまなワークショップを開いたりと、自分たちが主人公となって自主的に盛りあがることが求められている。

おカネのやりとりはいっさいしないというのが、バーニングマンのいちばん大きなルールだ。みんながモノやサービスや心を分け合い、助け合う。そういうバーニングマンは、いまや7万人が参加する巨大なイベントになっている。

Burning Japanは、このバーニングマンにインスパイアされて2012年から開かれている。今年で3回目だ。まだ本家とくらべれば人数はまったく少ないけれど、だんだんと「バーニングの文化を自分たちでつくろう」という気概が盛りあがりつつある。これから日本のバーニングは成長し、さらに盛り上がり、大きな文化を作っていくという予感に満ちあふれている。

th_BJ_09

この日本のバーニング文化をゼロからつくっていくのは主催者じゃない。これから参加する「みんな」なのだ。

th_BJ_10

All photo by TABI LABO

佐々木 俊尚

作家/ジャーナリスト TABI LABO共同編集長
本家アメリカのBurning Manが形成する新しい文化への興味から、Burning Japan初参戦!

他の記事を見る
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
ロシア人アーティストAlex Shtanukさんは、巨大な“銀の海”を出現させるためにIndiegogoでクラウドファンディング中です。
今年で2回目となる「EDC Japan」に先駆けて、去る2月24、25日に「EDC Mexico」が開催。従来のフェスとは異なる要素がふんだんに盛り込まれ...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
2月12日、フォードのヨーロッパ支社が自動運転技術を使って、寝返りが好きなだけ打てるベッドを開発しました。
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
来る8月17日からアメリカはオレゴン州にて「Oregon Eclipse 2017」が開催。これはオレゴンの大自然の中、音楽やアートに囲まれて1週間にわた...
真冬のモントリオールで、極寒の中開催される音楽フェス「igloofest」。今年は1月17日〜2月2日の間、毎週木・金・土の開催。
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
突然ですが、フィットネスジムって高くないですか? 日本の平均月収はたしか32.5万ぐらい。対して、ジムの月会費の相場は1万円以上。給料の3%以上となります...
子役から長年俳優として活躍してきた小橋賢児さん。現在、国内最大級のダンスミュージックフェス「ULTRA JAPAN」のクリエイティブ・ディレクターを務める...
ぶっちゃけ去年は大赤字!だけど、満足度の高さは伝説的。今年はどうなる!?
海のおとぎ話をテーマにした、プール×サーカス×音楽フェス「Imagine Music Festival 2017」を体感できる12分〜Imagine Mu...
夏はもうすぐそこまで来ているし、野外フェスのシーズンはもう始まっている。ライターのChris Riotta氏は「ELITE DAILY」で、音楽フェスが人...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
この「宙フェス」を簡単に説明すると、星空の楽しみ方を一堂に集めた野外イベントで、2014年から開催。アートやサイエンスはもちろん、宇宙にまつわる雑貨を揃え...
10月22日(日)から、東京・渋谷で実に1ヵ月にわたって「RED BULL MUSIC FESTIVAL 2017」が開催される。まだその全貌は明らかにさ...
今年、2度目となるMUTEK Japanは、会場を日本科学未来館へと移してパワーアップされる模様。今回、会場全体のサウンドプロデュースを手がける瀬戸勝之さ...
旅先の宿の選択肢として、今や欠かせない存在になったAirbnb。個人宅に泊まる体験も魅力ですが、すでにアメリカのミレニアル世代の間では、これのアウトドア版...
音楽フェスや各種企業プロジェクトなどに自身の作品提供を行っているDaniel Popperさん。スチールや木材、ロープ、トイレットペーパーの芯などを使って...
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...