今年のBurning Manに巨大な「銀の海」が出現するかも

8月26日から9月4日にかけて開催される「Burning Man」。電気も水道もない砂漠のど真ん中に多くの人が詰めかけて、Black Rock Cityを形成し、約1週間の共同生活をします。

この祭典の参加者にはNo Spectatorという共通認識があり、それぞれが表現者として何かをつくりだします。ロシア人アーティストAlex Shtanukさんも、その表現者の1人。

現在、彼は巨大な“銀の海”を出現させるためにIndiegogoでクラウドファンディング中。レスキューシートを100m四方までつなぎ合わせて、風が通った時に波を再現できる「The Blanket」を設置する目的です。

日差しを遮るものがない砂漠でこのインスタレーションの下に入れば、たくさんの人に日陰を提供できる、とAlexさんは言います。まさに「Burning Man」で大切にされているGive&Giveの精神ですね。

今のところ集まっている資金は目標額の10%以下。実現できるかどうかは分かりませんが、頑張って欲しい!

©Sasha Shtanuk
©Sasha Shtanuk
©Sasha Shtanuk
©Sasha Shtanuk
Top image: © Sasha Shtanuk
他の記事を見る
近年、“映え”目的のインスタグラマーやオールインクルーシブのパッケージツアーで参加する人が増えているそうです。
とても不思議で、とても自由なフェスだった。フェスなのに、中心がない。ステージもなければ、売店もない。木で組まれた大きな不死鳥がシンボルのように浜辺に立って...
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
ポルトガル・イダーニャノヴァで開催されている「Boom Festival」は、何にも縛られない独立性を確立した野外フェスです。だから、スポンサーに頼りません。
ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
真冬のモントリオールで、極寒の中開催される音楽フェス「igloofest」。今年は1月17日〜2月2日の間、毎週木・金・土の開催。
バーニングマンといえば、砂漠のど真ん中に1週間だけ街が生まれる伝説の野外フェス。あるのは仮設トイレと食料の鮮度を保つための氷のみ。命の保証はなく、"No ...
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...
この「宙フェス」を簡単に説明すると、星空の楽しみ方を一堂に集めた野外イベントで、2014年から開催。アートやサイエンスはもちろん、宇宙にまつわる雑貨を揃え...
今、アメリカで巨大な睾丸を模したボールを転がしアメリカを歩いて旅を続ける男性がいるようだ。海外メディアA+の記事「Man Raises Testicula...
今回取り上げるフェスが開催されるのは、「Montemor-o-Velho Castle」という城。ここはポルトガル政府が定める重要な遺産のひとつとして、1...
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
今年で2回目となる「EDC Japan」に先駆けて、去る2月24、25日に「EDC Mexico」が開催。従来のフェスとは異なる要素がふんだんに盛り込まれ...
地中に埋め込まれた巨大な宝石!?と言われても信じちゃいそうなほど輝きが眩しいのがこの「銀水洞」。場所は沖縄本島と奄美大島の間、沖永良部島(おきのえらぶじま...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
義理人情に厚い人っていますよね。できれば、あなたも、自分自身「義理人情に厚い人だな」と思われたい…と考えているのでは?義理人情に厚い人の特徴とは?どこをマ...
5月ももうすぐ終わり。はやくも夏めいてきてます。海行きてー! って思ってなくても、ためしに原宿に行ってみて。
①ある男性がクラブで踊る姿を掲示版で晒され、バカにされる②その投稿を見た女性が、何かしてあげたいとTwitterで男性を捜索!③Twitterユーザーがこ...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。