巨大な温かいプレゼント、ベルリンに出現

凍えそうな冬に心を温めてくれるのは、やはり人の優しさかもしれません。

そう思わせてくれるキャンペーンが、ホームレス問題が依然として深刻なベルリンの街中で展開されました。

内容はラッピングされた巨大な箱が街中に出現するというもの。これ、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのプレゼントでした。彼らに少しでも温かさを届けようと、この冬の始めに登場。

側面に貼り付けられた小包の中には、防寒用のブランケットが包まれていました。全部で400枚ものブランケットが用意されたということです。「配給」とは違い、「プレゼント」のかたちで配布。受け取った側もいつもと違い温かい気持ちになれたのではないでしょうか。

仕掛けたのは、ドイツ赤十字社と地元ベルリンの広告代理店「glow」。数々のNGOの協力も得ての実現でした。

ベルリンでは他にも、ホームレスが暖をとれるようクラブがスペースを開放するなどの取り組みが行われています。地域のコミュニティが知恵を絞って問題に立ち向かおうとする様子は、社会問題を解決していくうえで他国にとっても好例となるでしょう。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ドイツで貧困問題が深刻化する中、ベルリンのあるクラブが、2019年1月と2月、週1でホームレスのためにスペースを開放します。彼らはここで暖をとり、睡眠をと...
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
1989年に崩壊したベルリンの壁。あれから30年……。記念としてその一部が、3月にオークション出品されることとなりました。
デモも本気なら、もちろんパーティーも本気。音楽の街であるベルリンのメーデーが地味なはずがない。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
面白いと話題になったベルリンのトイレ。多数のスクリーンが設置され、3D映像や音が流れたり。用を足しにきた人が落ち着ける空間を追求したとのこと。
「ベルリン・オリンピアシュタディオン」は、この街を本拠地とするサッカークラブ、ヘルタ・ベルリンのホームスタジアム。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
最高級羽毛「アイダーダウン」を生態模倣した人工羽毛「AirFlake」を中綿素材に使用。マミー型と封筒型の両方のメリットを活かした「ブーツ型」の寝袋「レリ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...