新旧ドイツが入り混じる「ベルリン観光の穴場」

ドイツでサッカー観戦といえば、FCバイエルン・ミュンヘンの「アリアンツ・アレーナ」とボルシア・ドルトムントの「ジグナル・イドゥナ・パルク」が人気を二分する存在。リーグ屈指の実力も兼ね揃える彼らのホームグラウンドは、どちらも75,000人以上を飲み込んでしまうサッカー専用のメガスタジアムです。

一方ここで取り上げるのは、特に強豪というわけでもなければ日本人選手が所属しているわけでもない中堅クラブのスタジアム。サッカー専用でもありません。

それでもあえて紹介したいのは、ここ一箇所で“新旧のドイツ”を体感できるというベルリン観光の穴場的存在だと思うから!

ベルリン・オリンピアシュタディオン
(ベルリン/ドイツ)

「ベルリン・オリンピアシュタディオン」は、この街を本拠地とするサッカークラブ、ヘルタ・ベルリンのホームスタジアム。その名の通り、1936年に開催されたベルリン五輪のメインスタジアムとして造られており、2本の塔と五輪マークがシンボルです。

まず圧倒されるのは、古代ローマ時代のコロッセオのようなどっしりとした貫禄ある外観。アドルフ・ヒトラーの命によって建てられただけあって、重厚な石造りが権威的な印象を与えます。もちろん、外壁だけでなくコンコースも石造り。

さて、話はここからです。このスタジアムの本当の魅力は中に入ると分かります。

© bogdanfer / Instagram

歴史を感じる外観とは対照的に、リング状のガラスの屋根が覆う内部はモダンな雰囲気。目の前に広がる鮮やかな緑の芝生と珍しいブルーの陸上トラックの組み合わせがなんとも気持ちイイんです。

じつはこのスタジアム、2006年のワールドカップドイツ大会を機に大きく変貌。外観はそのままに大規模リニューアルが実施され、屋根はその際に設置されました。あわせて、陸上トラックも赤からヘルタ・ベルリンのクラブカラーである青へ。

ぜひ注目してほしいのは、片方のゴール裏には屋根も壁もなく、そのまま外部へ開かれているところ!ここにはオリンピックで使われた聖火台とマラソンゲートがそのまま残されているんです。隙間からはベルタワーが見える設計に。そのため、通常はゴール真裏に陣取られるアウェイチームのサポーターエリアもややズレてしまうわけですが。

残すところは残す。変えるところは変える。新旧ドイツが入り混じるこの美しいスタジアムにおいては、サッカー専用じゃない点でさえ不問に!

© olympiastadionberlin / Instagram
© olympiastadionberlin / Instagram
Top image: © cate_89/Shutterstock.com
ここは行ってみたい!「欧州のサッカースタジアム」

関連する記事

ドイツで貧困問題が深刻化する中、ベルリンのあるクラブが、2019年1月と2月、週1でホームレスのためにスペースを開放します。彼らはここで暖をとり、睡眠をと...
ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
STELLA LYDAKIはベルリンで撮影した写真を公開しています。中には、かの有名なブランデンブルク門もアレクサンダー広場も、ベルリン大聖堂も出てきませ...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
1989年に崩壊したベルリンの壁。あれから30年……。記念としてその一部が、3月にオークション出品されることとなりました。
デモも本気なら、もちろんパーティーも本気。音楽の街であるベルリンのメーデーが地味なはずがない。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。