新旧ドイツが入り混じる「ベルリン観光の穴場」

ドイツでサッカー観戦といえば、FCバイエルン・ミュンヘンの「アリアンツ・アレーナ」とボルシア・ドルトムントの「ジグナル・イドゥナ・パルク」が人気を二分する存在。リーグ屈指の実力も兼ね揃える彼らのホームグラウンドは、どちらも75,000人以上を飲み込んでしまうサッカー専用のメガスタジアムです。

一方ここで取り上げるのは、特に強豪というわけでもなければ日本人選手が所属しているわけでもない中堅クラブのスタジアム。サッカー専用でもありません。

それでもあえて紹介したいのは、ここ一箇所で“新旧のドイツ”を体感できるというベルリン観光の穴場的存在だと思うから!

ベルリン・オリンピアシュタディオン
(ベルリン/ドイツ)

「ベルリン・オリンピアシュタディオン」は、この街を本拠地とするサッカークラブ、ヘルタ・ベルリンのホームスタジアム。その名の通り、1936年に開催されたベルリン五輪のメインスタジアムとして造られており、2本の塔と五輪マークがシンボルです。

まず圧倒されるのは、古代ローマ時代のコロッセオのようなどっしりとした貫禄ある外観。アドルフ・ヒトラーの命によって建てられただけあって、重厚な石造りが権威的な印象を与えます。もちろん、外壁だけでなくコンコースも石造り。

さて、話はここからです。このスタジアムの本当の魅力は中に入ると分かります。

FIFA intro. . . . . #berlin #berlincity #igberlin #olympiastadion #olympiastadionberlin #stadium #fifastadium

Bogdanさん(@bogdanfer)がシェアした投稿 -

© bogdanfer / Instagram

歴史を感じる外観とは対照的に、リング状のガラスの屋根が覆う内部はモダンな雰囲気。目の前に広がる鮮やかな緑の芝生と珍しいブルーの陸上トラックの組み合わせがなんとも気持ちイイんです。

じつはこのスタジアム、2006年のワールドカップドイツ大会を機に大きく変貌。外観はそのままに大規模リニューアルが実施され、屋根はその際に設置されました。あわせて、陸上トラックも赤からヘルタ・ベルリンのクラブカラーである青へ。

ぜひ注目してほしいのは、片方のゴール裏には屋根も壁もなく、そのまま外部へ開かれているところ!ここにはオリンピックで使われた聖火台とマラソンゲートがそのまま残されているんです。隙間からはベルタワーが見える設計に。そのため、通常はゴール真裏に陣取られるアウェイチームのサポーターエリアもややズレてしまうわけですが。

残すところは残す。変えるところは変える。新旧ドイツが入り混じるこの美しいスタジアムにおいては、サッカー専用じゃない点でさえ不問に!

© olympiastadionberlin / Instagram
© olympiastadionberlin / Instagram
Top image: © cate_89/Shutterstock.com

⚽️他も知りたい!⚽️
🔥世界の熱狂的スタジアム🔥

熱き欧州サッカーの世界へ
STELLA LYDAKIはベルリンで撮影した写真を公開しています。中には、かの有名なブランデンブルク門もアレクサンダー広場も、ベルリン大聖堂も出てきませ...
デモも本気なら、もちろんパーティーも本気。音楽の街であるベルリンのメーデーが地味なはずがない。
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
ホームページは存在しない、情報は不定期でポストされるFacebookページのみ、70年代の少しスモークがかった白いメルセデス・ベンツのバンは突如ベルリンの...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
就職活動の良し悪しについては、さまざまな意見がある。リクルートスーツしかり、情報解禁日に一斉に活動をスタートすることしかり、双方に便利な点も多いからこの形...
ドイツのティッセンクルップ社が開発したエレベーターは、ワイヤーの代わりに電磁石を利用し、上下だけでなく左右にも移動可能。ベルリンに建設される「イーストサイ...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
アーティストLigia Fascioniさんは、ベルリンの壁が虐殺や差別、暴力などのネガティブな感情を思い起こさせるため「大嫌いだ」と言い切ります。だけど...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
かつて元日本代表MF中村俊輔が所属し、クラブのレジェンドと呼ばれるにいたるまで数々のゴールを演出したホームスタジアム「セルティック・パーク」。
ベルリンにある「Evangelical School Berlin Centre(ESBC)」は、15歳までの間、学年や時間割りが存在しない学校です。学び...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
トロントの企業「AHLOT」は、マリファナをたくさん吸ってきた経験のある人を募集中です。
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
世界中に多くのファンを抱えるオリンピック・マルセイユのホームスタジアム「スタッド・ヴェロドローム」。
これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。何よ...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.45
コロコロ変わる4月の天気にやられてか、私は風邪をひいた。日本から最低限の薬は持ってきていたが、冬の乾燥で何度か風邪をひき、もうストックもない。そんなわけで...
ベルリンの市場をたずねると、必ずと言っていいほど店を構えているのが「カリーブルスト」のスタンドです。スタンドの前に立って声をかければ、店主から「皮なし?」...