ドイツで、学年も時間割もない学校が注目されている。

ベルリンにある「Evangelical School Berlin Centre(ESBC)」は、15歳までの間、学年や時間割りが存在しない学校です。

学びたい科目と、いつテストを受けるのか、を一部自分で決める仕組み。そのため、授業さえもありません。

教育方針は、
やる気を起こすこと!

ガーディアンには、校長のMargret Rasfeld氏のこんなコメントが。

「3~4歳の子どもたちを見てください。みんな自信に満ち溢れていて、学校が楽しみで仕方ありません。でも、ほとんどの学校が彼らのやる気を奪ってしまっています。若い人々の変化に対応する力をもっと育てて、楽しめるようになってもらわなければ」。

自由に学べるのは、数学、国語、英語、社会科に限定されているようですが、これに加えて、責任や挑戦といった科目が設けられています。

たとえば「挑戦」では、150ユーロが手渡されて自主的に社会科見学へ。その際、計画はすべて自分の手で行わなければなりませんが、カヤックをしに行ったり、農場で働いたりと自由。なかには本格的に英語を学ぶため、イギリスにトレッキングをしに行った例まで。

14歳の少年が、
企業と交渉!?

トレッキングに向かったのは、アントンくん14歳とその他数人のグループ。彼らの目的は、学校で習う英語よりもより深い学習を行うため、国外へと出ることにありました。その行動力には驚きます。

しかも、足りなかった資金を補うためにドイツ国鉄と交渉。社員200人の前でスピーチすることを条件に、無料の切符を手にしたというからあっぱれ。

自律を強化し、
協調よりも協力を促す。

学校のwebサイトにはこんな表記がありました。

・個人の能力に沿った学習をする。

・できることをする。

・誰かに教える。

・誰かに教わる。

こうして個人に合わせて学習を進め、サポートし合える環境を用意することで、自然にコミュニティ全体を強化できるとのこと。何を学ぶのかを自分で決められる点も含めて、その自由度が生徒たちに自信を持たせることに繋がっていると言われています。

ドイツだけじゃない。

この仕組は、サドベリースクールやデモクラティックスクールと呼ばれる学校にも通ずるもの。ボストンにある「サドベリー・バリー・スクール」では、生徒やスタッフが年齢などに関わらず同じ一票を有し、定例ミーティングで議論を重ねながらルールなどを構築していくそう。学習方針はもちろんのこと、施設の利用から、雇用、財政に至るまで、関係者なら誰でも自由に参加できる会議を介して決定が行われます。

そのため、物事の善悪が年齢や役職によって一方的に判断されることがなく、説得や交渉と言ったコミュニケーションが判断の中心に置かれているという意見もあり、一部では注目されているようです。

ドイツでは、ESBCと同じような制度を導入しようと40校が検討中とのこと。誰が、どんなスキルに特化するようになるのか予想がつきませんが、Margret Rasfeld校長からはこんなコメントが。

「労働市場で求められているスキルは変化しています。インターネットやスマホによって情報へのアクセスが容易になった今、最も重要なのは自分自身がやる気を起こすことです」。

他の記事を見る
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
「ベルリン・オリンピアシュタディオン」は、この街を本拠地とするサッカークラブ、ヘルタ・ベルリンのホームスタジアム。
ドイツから驚きのニュースが飛び込んできた。大学の授業料がすべて無料に!なんとも思い切った政策に思えるが、ドイツでは2000年代まで公立大学に限っていえば授...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
「The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できるそう。って、もう遅い...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
週に5回、同じ学年の子どもたちがクラスメイトと一緒に、国語や算数といった教科を学習するのが当たり前な日本の小・中学校。私も、かれこれウン十年前になりますが...
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
スニーカーを株のように取引できるウェブサイト「StockX」にも注目されるほどの存在で、欧米ではちょっとした有名人です。
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
アメリカの幼稚園や小学校には、「Donuts with Dad」という学校行事があります。平たく言えば、普段忙しく働くお父さんを対象にした授業参観。親子で...
ドイツで貧困問題が深刻化する中、ベルリンのあるクラブが、2019年1月と2月、週1でホームレスのためにスペースを開放します。彼らはここで暖をとり、睡眠をと...
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
一般人ではテントを設置できない場所で眠りにつけるという“特別な夜”を提供しているんです。