学校の授業だけでは学べない。「海外留学」で身につく12のこと

「ただ教科書に書いてあることを暗記するよりも、肌身を持って経験するほうが心に残る」。とくにそんなことを感じるのが、海外留学ではないでしょうか。歴史の教科書やガイドブックだけでは絶対に学べない、想像を絶する経験になることは間違いありません。

Elite Daily」の男性ライターDan Scottiさんが教えてくれるのは、「海外留学が学校の授業よりもためになる12の理由」について。

01.
精神的に
タフになれる

歩き慣れない道をひたすら歩くこと、不慣れな言語で現地の人とやりとりをすること、クラブで何杯も飲んだあと、酔っ払いながら帰り道を探ること…。

知らない土地に出たら、最終的に頼りになるのは自分だけ。ひとりでなんとかしなきゃいけない状況に立ち向かうからこそ、精神的に一気に成長できるでしょう。

02.
自分の思い通りに
すぐ、冒険に出れる

留学中の過ごし方は、あなたが決めるもの。街を散策したいと思えば、それを止める人はいません。そしてそこで見た景色や聞いた音は、どんな教科書で学んだことよりも鮮明に心に残るはず。

03.
夢中になれるものが
見つかる

留学中、あなたはどんな週末を過ごすでしょう?気づいたら美術館ばかりに足を運んでいるのであれば、あなたの情熱は美術にあるのかもしれません。反対に、いつもショッピングをしているのであれば「モノ」にこだわりがあるのかもしれません。

時間は、貴重なものです。何よりも時間を割いている「何か」があるのなら、それがあなたの隠れたパッションなのかもしれません。

04.
自分と向き合って
謙虚になれる

留学先の現地の人とは顔立ちが違うため、ときどき変な目で見られることもあるでしょう。それは自分自身と向き合う機会にもなるし、「でも、そんなことばかり気にしていられない」と、吹っ切れられるようにもなるはず。

05.
素直に「親に会いたい」と
思える

さすがに国境を越えてしまうと「会いたいときにいつでも親に会える」という安心もないので、ちょっぴり寂しくなることもあるでしょう。

近くに両親がいるときは、平気で親の電話をスルーしていたとしても、国を離れてしまった途端「会いたい」と素直に思えるようになるものです。

06.
ひとりでやっていくのも
悪くない

親に手を引いてもらわないとどこにも行けなかった子が、ひとりで国境を渡って生活をしていることを思うと、自分でも「ずいぶん立派になったな」なんて思うかもしれません。

海外でひとりでやっていくことに対しては、もちろん不安もあるでしょう。でも実際にやってみると、案外ひとりも悪くないということに気づくものです。

07.
低コストの旅だって
十分楽しめる

「旅行」と聞くと、どこかゴージャスなイメージが思い浮かぶかもしれませんが、現実はなかなかそうもいかないもの。旅行は決して安くないし、できればコストも削減したいところです。

となると、航空券の選択肢はLCC、泊まり先はホステル。でも、それでいいんです。海外で色々な経験をしているあなたはきっと、寝るところがあるだけで十分、と思えるようになるはず。

08.
人間関係に
慎重になる

もちろん周りを信頼するのは、重要なこと。でも、最終的に自分を守れるのは、自分だけ。

留学経験があれば「何も考えず物事に飛び込んではいけない」という予防線を張る大切さを学ぶことができるでしょう。

09.
ボディランゲージも
慣れれば楽しい

母国から飛行機で飛ぶと高いけど、留学先からだったら安く行ける国がきっとあるはず。「せっかくだし」と、いつもより軽い気持ちで他国へ旅行することも十分ありえるでしょう。

となると、スペインに留学してスペイン語をそこそこ学んだとしても、プラハに行ったら、また言葉の壁にぶつかるということ。ボディランゲージを使ってでも「チャレンジするしかない!」という状況があるでしょう。でも、そんな体験もひとつの楽しみなんです。

10.
その国の文化を学ぶとき
恥をかくことも…

サッカーチームの名前なんてチンプンカンプン。サッカーはフットボールって呼ぶの?Netflixがない国がある!?なんて、最初は驚きを隠せないこともたくさんあるはず。

でも、それを知っていく過程がまたひとつのいい経験になるんです。

11.
ファッションセンスが
変わる

海外にいくと、母国とはまた違うファッションセンスに新鮮味を感じるはず。その国のファッションに影響を受けて、たちまちファッショニスタになってしまうかも?

スウェットでの外出には、しばしのさようならを。

12.
食にもそこまで
こだわらなくなる

他国の食べ物を見て「これはちょっと…」なんて断るのは、もったいない話。試したことのないものは、「この機会に!」という精神で挑みましょう。

たとえ口に合わなくても、きっと面白い経験のひとつとして心に留めておくことができるでしょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
「本気で英語を身につけよう」と、有給休暇をつかって海外へ語学留学をするビジネスパーソンが増えているそうです。でも、アメリカやイギリスといった英語ネイティブ...
留学と言ったら、もちろんまずは勉強が大事だけど、その国の文化やライフスタイルに溶け込んで、日本じゃできない経験もしてこそ、本当の留学と言えるんじゃないかと...
今、フィリピンへの英話留学が、にわかに注目を集めている。ここでは、実際に家族(!)で留学した安達さん一家を取材。その人気の秘密を探っていこう。■フィリピン...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
大学生はもちろん、社会人も有給休暇を取得して海外へ語学留学をする人が増えてきています。「でも英語ネイティブ圏は遠くて、そんなに時間が取れない…」という人に...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
デンマークには、大人が教養を学ぶ「フォルケホイスコーレ」という学校があります。と言っても試験はなく、17〜18歳以上なら誰でも学べて全寮制。期間は数ヶ月間...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
ジュエリーブランドHASUNA創業者の白木夏子さんと、ノマドワーカーの先駆けである安藤美冬さん。「旅をしながら仕事をしている」という共通点を持つ2人は、プ...
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
若いうちからお金を貯めるべき、という意見もあれば、若いうちは思い切りお金を使って人生を楽しむべき、という意見もある。最終的にどちらを選ぶかはあなた次第です...
就職や進学などで独り立ちする20代。その時に必要なライフスキルを紹介します。料理のレパートリーを一つでも持つ、お金の管理をちゃんとする、クレジットカードを...
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
「校則」って何だろう?何のためにあるのだろう?この疑問を解消するため、何度かにわけて違う角度から校則にアプローチしていく企画。第二弾は、海外の校則についてです。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
20代のうちにこれだけはやっておけ。それこそ耳にタコができるくらい、多くのアドバイスを聞いてきたことでしょう。さて、それが一度でも腑に落ちたことがありますか?
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...